The big Rhododendron

f0155522_19273162.jpg
庭で一番背の高いRhododendronの花が満開です。

隣のおばあちゃんがうるさく親切にもっと短くしておかないと
壁に傷がつくよと何回も教えてくれる木です。
隣の家に住んで50年以上経つ彼女の庭は年季が入っていますが、
毎年彼女が上の方を激しくカットしているので、
ちょっと大きめな盆栽のような木々で一杯です。
それに比べて我家の木々は林のよう。







f0155522_19343225.jpg

これは週末に焼いたフルーツロールパン。
私の手作りのパンは、焼いてから10時間内に食べなければ硬くなってしまいます。例えばBakers Delight(オーストラリア唯一(?)のパン屋のチェーン)で買う菓子パンは何日経っても柔らかいですよね。やわらかく保つために色々な薬を使っていると聞いたことがありますが、手作りでももっとやわらかい菓子パンの研究を続けていきたいと思います。
[PR]
# by starofay | 2008-09-08 19:40 | ガーデン | Comments(10)

Aria : Restaurant Review

金曜の晩は久しぶりに山を降り、オペラハウスのコンサートを聴きに行きました。

コンサートの前にAriaレストランでDinner。
シェフは新聞や料理雑誌だけではなく
最近はテレビでも顔をよく見るようになったMatt Moran。

彼がAriaの前に持っていたPotts Pointにあるレストランには
2回ほど行ったことがありますが、Ariaに行くのは今回が初めて。

私たちのテーブルは、オペラハウスが一番良く見える窓際でした。
ですから景色は文句なく素晴らしい。

ただあまりにも良く見えすぎるということもあるのですよ。

左側のハーバーブリッジ、サーキュラキーに行きかうフェリー、
写真を撮る観光客、コンサートやオペラを観にオペラハウスに向かう大勢の人々、
正面にオペラハウス、そしてテーブルのすぐ右下側に
Macquarie Streetがオペラハウスの門で終わるRound About。

とめどなくぐるぐると車、バス、自転車などが回って行きました。

視界の全域に渡って繰り広がれる船、人、車、その他の絶え間ない動き。

とても落ち着いて食べ物とワインに集中できる雰囲気じゃなかったです。

最初に出てきたのは小さくサイコロに切られたマスと
きゅうりの上にビートルートのピュレ。
見た目は色鮮やかで面白いかもしれないけど、
マスとビートルートの味はあまりしっくりと合わない感じ。

私の前菜の北京ダックのコンソメは、
なんとなくそばのつゆでも飲んでるようなお味で損した気分。

夫のポークベリーは文句なく美味しかった。
メインのJew Fishと夫のCoq au vinもまあまあのお味。


デザートは食べたかったけど、
どうも私たち3コースディナーがもう食べれないお腹になってしまったよう。

最後にマルコポーロ茶をいただいて終わりにしました(これが一番美味しかったかもしれない)。

私達はもうあれほど高い所に行っても
さほど楽しめないようになったのだなあ、
だから今度は安くて美味しい所に行こうよという結論にたどり着きました。

でもまあ、シドニーで最高の景色を楽しみながら
高級感覚のDinnerを食べたいという日本からのお客さんが来たら薦めても良いかも。

ちなみにコンサートの第九は最高でした。
[PR]
# by starofay | 2008-09-01 13:33 | 外食 | Comments(3)

A Year in Blue Mountains

f0155522_8404120.jpg


ブルーマウンテンに引越してきて一年が経ちました。これで庭の様子を四季を通して観察したことになります。最初に越してきた時になんて美しいと思ったMagnoliaが咲いています。この木の可愛らしさ、可憐さは、写真ではなかなか表れてくれません。玄関の右側にあるこの木、訪れる人たち皆があっと息をのんでああ美しいとコメントしてくれます。

f0155522_852897.jpg


一年前までバルコニーの鉢植えの手入れしかしたことのない私が、手のひらが硬直して開かなくなるほど頑張って庭仕事してきました。いろいろ失敗もありましたが、それも勉強のひとつ。最近になってようやく庭師に2回来てもらって私一人では手に負えない大きなレモンの木と池の手入れを手伝ってもらいました。これでまた一年一人でなんとかお世話できそうです。

f0155522_919532.jpg


数ヶ月前にNavel Orangeでマーマレードを作りましたが、今回は旬のSeville Orangeで作りました。Sevilleは酸味が強く、皮に苦味があるのでマーマレード作りにしかあまり使われないオレンジです。いつか市場で手作りのジャムやマーマレードを売っているおばさんに、5種類位あるマーマレードのうち、どれが一番好きかと聞くと絶対にSevilleが美味しいと言ってました。確かに彼女のSeville Marmaladeはとても美味しかったので、それからずーっとSevilleオレンジが売りに出るのを待ってました。そして先週ようやく見つけたので勇んで8個買ってきました。普通ジャムを作る時、沢山ベリーなどを買ったつもりでも出来上がりは大した量にならないものですが、オレンジはたっぷりの水で煮るのでものすごい量のマーマレードが出来上がってしまいました。家にある大中小の空き瓶をかき集めて15個ほどになりました。
自家用に5個ほど残して、後は全部近所、友達、親戚などに分ける予定です。

そろそろ安いイチゴが出回ると思うので、誰か空き瓶寄付してくれないかなあ。
[PR]
# by starofay | 2008-08-28 09:43 | ガーデン | Comments(7)

Townsville

f0155522_9565753.jpgf0155522_9571371.jpg


Townsvilleで泊まったServiced Apartmentからの景色です。

今回初めて行ったTownsvilleは予想をはるかに超えて美しい所でした。海岸沿いの長くて美しいThe Strand通りには素晴らしい児童公園や水遊び場などが設けられており、両端にプールがあり、ファミリーホリデーに最適。ケアンズのようにいかにもツーリストの街じゃないのも私には魅力のひとつでした。

f0155522_10392976.jpg


日曜の市場で売られている野菜や果物を見てもトロピカルな所で育ったのだなあと思われる物が多かったです。しかし、なぜか近場で育てているはずのバナナの値段はブルーマウンテンの方が安かった。実に不思議。

f0155522_10414937.jpg


車で行った大きなショッピングセンターは新しくてきれいで、シドニーのものと全然変わりなかったのですが、街の真ん中にあるメインストリートは閉鎖された店が立ち並び、少々貧相な感じ。スーパーで売られている野菜もあまり新鮮には見えませんでした。

大抵の人々はとてもフレンドリーでしたが、この街の全てがうまくいっているわけではないのだなと思わせるような人達も数パーセントいました。

近くの金鉱ももうすぐ閉鎖されるらしいし、メルボルンあたりから移住してくる定年退職者のお金や、ツーリズムでしか経済が成り立たない状況にあるようです。

それでもやっぱり良い所だったよ、Townsville。

f0155522_10442299.jpg

[PR]
# by starofay | 2008-08-22 10:44 | 旅行 | Comments(5)

Mission Beach

北クイーンズランド旅行から帰ってきました。
楽しかった!
暖かかった!
そしてブルーマウンテンは寒い!

f0155522_16435426.jpg


最初に行ったのはMission Beach。 タウンズビルから車で北に向けて3時間弱でしょうか。前に一度新婚旅行でも行きましたが、今回は私の愛する友Yの家に泊めてもらいました。

初日に撮ったこの写真、いかにも寒いところから来たばかりの観光客のような格好をしている私。
8月はまだ冬なのに、日中はTシャツ一枚、夕方に上にカーディガンを羽織ると丁度良い気温。海水はぬるーいという感じ。

f0155522_16485074.jpg

見て下さい、これYの家の裏庭です。
なんてトロピカル。
8歳のSちゃんに5日間遊んでもらってご機嫌なせーちゃんでした。

Mission Beachは、楽園のような場所だけではなく、半端じゃないスピリチュアルな人達の人口密度も高い所のよう。

Yは、至る所でありとあらゆるヒーリングや魂の事を学んできた同士。
今はMission Beachで一番忙しいマッサージ士をしている彼女の前のお仕事はスカイダイビングのインストラクター。
一度だけ一緒に飛びましたよ私も。

素晴らしかった。

やって良かった。

でも、

もう二度とやらなくてすみそうで良かった。

と、いうのが正直な感想です。

誕生日のプレゼントとしてマッサージ・ヒーリングしてもらった私は、自分の顔がリラックスしているのが鏡を見てわかります。



f0155522_1773244.jpg

[PR]
# by starofay | 2008-08-19 17:15 | 旅行 | Comments(2)