カテゴリ:ブルーマウンテンの景色( 92 )

ブルーマウンテンの景色:Perry's Lookdown

今日の景色は、昨日の続きでブラックヒースの町から車で10分ほどの所にある。


f0155522_1834624.jpg



これらのLookouts・展望ポイントは、大抵ブッシュウォーキングトラックで結ばれている。
多くの人がブッシュウォーキングに来て自然を満喫している世界遺産に指定された森林だが、
毎年数人の遭難者・死者を出している。

本当に震えるほど美しい自然は、厳しいものだと思う。
海にしろ、山にしろなめてかかったら痛い目に合う。


f0155522_18124962.jpg



ブルーマウンテンは大きい。
ただの森林ではない。山、谷と崖がどこまでも続いている。
一度道を間違えると方向が分からなくなり、夜になると気温がガクッと下がる。
蛇もいれば、毒蜘蛛や噛まれると死ぬほど痛いアリもいる。


f0155522_18153258.jpg



イギリス人がオーストラリアを植民地として開拓し始めた頃、
ブルーマウンテンは、あまりにも険しくて長年手に負えなかったらしい。
アボリジ二のガイドを雇って、ようやく横断することができるようになった。





お天気がくずれると途端に雲の中となる山。
シドニーではまだ穏やかな天候が続いている季節でも別世界のように寒い山。
都会とは確実に空気の質もぺースも違う所。



ここに住めて、幸せだなあ。



f0155522_18222480.jpg

[PR]
by starofay | 2009-04-13 18:37 | ブルーマウンテンの景色 | Comments(7)

ブルーマウンテンの景色:Anvil Rock

f0155522_1344592.jpg


ブルーマウンテンは、シドニーから近い観光地だから週末はハイウェイが結構混む。
この週末はイースターで4日連休だし、ちょうどスクールホリデーの始まりと重なったので
いつもより人が多いらしい。

昨日スーパーへ一人で行ってきたハズバンドの理氏が、すごい人ごみだったと
驚いて帰ってきた。

混んでいるのには、多分もう一つの理由がある。
今までは飛行機でクイーンズランドやフィージーに飛び
ホリデーを過ごしてきた人たちが、今年は不景気になったため
車でブルーマウンテンに来ているのだ。
地元のビジネスにとっては幸いなことである。

ブルーマウンテンはかなり広いから、私達が行ったことのない場所はいくらでもある。
今朝は、Anvil Rockという見晴らしの良い所へ行ってきた。



f0155522_138391.jpg




なかなか絵になる岩でしょう。



f0155522_13105094.jpg




典型的なブルーマウンテンの景色。



f0155522_13125359.jpg




これはWindblown cave。直訳すると風に削られた岩穴。



f0155522_13145924.jpg




これも芸術品でしょう。
[PR]
by starofay | 2009-04-12 13:32 | ブルーマウンテンの景色 | Comments(10)

小さな秋みーつけた

f0155522_1212353.jpg


週末に行ったBlackheathの町で、すてきな公園を見つけた。

そこでは小さな秋が始まっていた。

f0155522_1217821.jpg


ブラックヒースは、私達がブルーマウンテンで一番好きな町。
私達が住む町からさらに山を登っていったところにある。
シドニーへの通勤が不可能な距離じゃなければブラックヒースに住みたいくらい。

f0155522_12234261.jpg


ここより標高が高いから冬は寒さがさらに厳しい。
でもその厳しさがあるせいか、凛とした美しさがある。

f0155522_12251912.jpg


学者、絵描き、陶芸家、彫刻家、音楽家や役者が好んで住む町。

f0155522_12442230.jpg


近くに住めて嬉しいなと思っていたのに、そんなに頻繁には行ってない。

f0155522_1248588.jpg


日曜の午前10時半。こんなに沢山遊び場がある大きな公園にいたのは私達だけだった。

f0155522_1252750.jpg


これからは、もっともっと通おう。

気軽にコメントを残していって下さいね。
はじめての方でも大歓迎です。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

お返事

ほ助ちゃん、
私もありとあらゆるパテが好き。
オリーブのも大好き。

パニポポちゃん、
そういえばフランス人の女性がタルト、ケーキとマカロンを売っていた。
ちゃんとしたマカロンをオーストラリアで見たのは初めてかもしれない。
ピエも立っていて大きくて$3だった。
まあ手頃な値段かな。でも今ひとつ洗礼されてなくて買わなかったよ。

あゆみちゃん、
内臓系はレバーパテも駄目なんだ。
私はレバーだけなら大丈夫なのよ。

明日香ちゃん、
ありがとう!いろいろ読んじゃったよ。
うちのダンナにももっとご飯を食べさせなきゃ。

しょこらちゃん、
私も外国のスーパーやマーケットが大好き。
やっぱりフランスの大型スーパーや市場が一番好きだな。

江戸の俊さん、
そうですね。こういう市場は確かにお祭りみたいな雰囲気がありますよ。
[PR]
by starofay | 2009-03-10 12:14 | ブルーマウンテンの景色 | Comments(11)

Evans Lookout

大雨と冬に逆戻りしたような気温が3日間続いてましたが、今朝になるとすっかり変わって晴天のお天気。そこで、ここよりも山をさらに登った所にあるブラックヒースという町へ行って来ました。
ブルーマウンテンで一番良い本屋をのぞき、大きな骨董屋をひやかし、児童公園でお嬢を遊ばせてから帰りにEvans Lookoutという見晴らしの良い所に寄ってみるとこの絶景が広がっていました。

f0155522_1330164.jpg


f0155522_13305253.jpg


f0155522_13314458.jpg


f0155522_13323112.jpg



f0155522_1333957.jpg


皆さん、良い週末を。

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
[PR]
by starofay | 2008-12-13 13:36 | ブルーマウンテンの景色 | Comments(23)

Charles Darwin Walk

f0155522_1224045.jpg

今朝はWentworth FallsのCharles Darwin Walkを歩いてきました。6ヶ月前に一度行って半分しか歩かなかったのですが、今回はウェントワース滝まで歩きました。なにしろせーちゃんが一緒だとペースがものすごく遅くなるので普通の大人が歩けばどの位かかるコースなのかわかりませんが、帰り道はせーちゃんがダディに肩車してもらいかなり速く歩いて往復2時間。

穏やかな小川沿いにずーっと歩いていくと、途中で小さな滝が沢山あります。
f0155522_12242826.jpg


そして小川ここに終わり大きな滝に消える瞬間。
f0155522_1219273.jpg


そしてこれがその向こうにある滝。
f0155522_122607.jpg


滝の先にある景色。
f0155522_1229331.jpg


おやつくれー、だっこしてーと始終うるさかったせーちゃんがいなかったらさぞリラックスできるブッシュウォーキングだったと思うよ。

f0155522_12355391.jpg


昨日何のおやつを作ろうかなと考えている時に冷蔵庫の中でマスカポーネ発見。ティラミスを作りました。ちょっとスポンジフィンガービスケット一箱に250gと3つの卵はちょっと足りなかったかもしれないですが、濃い目のコーヒーに漬けたビスケットがしっとりしているので充分美味しかったです。
[PR]
by starofay | 2008-10-26 12:50 | ブルーマウンテンの景色 | Comments(11)

Leura Cascade

f0155522_14513897.jpg


日本から母と妹が来ているので、昨日はLeura Cascadeを見にちょっとブッシュウォーキングしました。これが私の愛するブルーマウンテンの景色です。

父の転勤に付いてオーストラリアに来たのはかれこれ30年前の事です。来て直ぐに観光で訪れたブルーマウンテンに娘が何時か住むことになるとは父も母も考えてなかったでしょう。

この神聖なる森林の中に毎日入っているわけではありませんが、ドライブしながら見え隠れする山の景色を毎日のように見ていると魂が喜んでいるような気になります。

f0155522_1525784.jpg


都会から離れた生活は、不便なことももちろんあります。それでもここでの暮らしには充分な魅力があるのです。

色鮮やかな野鳥が庭に集まったり、暖炉で薪を燃やしたり、ネオンで霞んでいない夜空の星を眺めたり。

f0155522_1575053.jpg


山の生活堪能してます。
[PR]
by starofay | 2008-09-17 15:22 | ブルーマウンテンの景色 | Comments(8)

Dusk at the lake

f0155522_2010436.jpg

週末に友達の家族が遊びに来ました。
Wentworth Fallsの湖畔にある公園で子供達を遊ばせた後、
向こう岸まで散歩に行った時に撮った写真です。
夕暮れ時の湖は切ないほど美しく、
いつもこの景色を見つめていれば
きっと何か凄い芸術品が心の底から浮かんでくるような、
そんな所でした。

暗くなってきたので引き返して、
家に帰り暖炉で火を熾し、
赤ワインを飲んで上等のステーキを焼いていただき、
デザートは熱々のタルトタタンにバニラアイスクリーム。

まあ、こうして書いてみるとこの上ないような土曜日でしたね。

f0155522_20212456.jpg

f0155522_20222410.jpg
f0155522_2024263.jpg

[PR]
by starofay | 2008-05-12 20:33 | ブルーマウンテンの景色 | Comments(4)

Taronga Zoo and Autumn in the Blue Mountains

f0155522_8301778.jpg

金曜に娘を車に乗せてシドニーの動物園に連れて行きました。

シドニーの気温は山より5度は確実に暖かい上に
とてもとても良いお天気だったので、
朝に自宅で着た黒いウールのタートルネックセーターが
暑すぎてかなり閉口。

新しくできたアザラシやペンギンの大規模な水槽がお奨め。

水上からも、水槽の下の方からも泳いでいるのが見えてとてもきれいでした。

翌日は日本食の買出しと家族全員のヘアカットを
済ませて山へ帰ってくるなり、あー寒いじゃないですか山は。

f0155522_822323.jpg

昨日も秋日和。Mt Tomah Botanical Gardensへドライブ。

真夏の暑い時より、秋や冬の研ぎすまれた空気の中で
浴びる太陽の日差しが強く感じられます。
お昼を食べて庭園を少し歩いて、
帰りは近くの果樹園で旬のりんごや胡桃などを購入。

収穫の秋です。
f0155522_854948.jpg

[PR]
by starofay | 2008-05-05 08:58 | ブルーマウンテンの景色 | Comments(1)

More autumn colours

f0155522_20541510.jpg


めずらしくお客様の多い一週間でした。

ずーっと雨が降ってましたが、今日のランチに友達の家族が着く前にやっと止みました。


やれやれ。

今日はANZAC Day、オーストラリアの戦争記念日で3連休の初日で、
おまけにブルーマウンテンは、
紅葉がきれいな今が一番観光客で賑わうシーズンかもしれません。

シドニーから車で来た友達は、渋滞でかなり遅れてしまったようです。

ANZAC Dayは、もともとは第一世界大戦の時に
オーストラリアからイギリスの応援に
トルコでの戦に送られた兵隊達のためのものでした。

第一世界大戦の兵隊が(多分)絶命した今では、
第二戦争からベトナム戦争やイラク戦争におよぶ軍人全てのものとなりました。

早朝日の出とともに行われるメモリアルサービス、
街の真ん中を勲章をつけた元軍人たちが行進する行事やら、
夜のディナーなど朝から晩まで戦争で戦った人々を讃える日です。

テレビでも戦争映画やドキュメンタリーが多く、
とにかく皆で戦争のことを考えてくださいというわけです。

29年前、私達が最初にオーストラリアへ来た頃は、
日本人が胸を張って外を歩けない日でもありました。

パプアニューギニアあたりで日本軍の捕虜になっていた人々が
まだ現役で働いている頃でしたから。

今では何も知らない若いワーキングホリデーの日本人達が
ただの休日として大っぴらに遊ぶ日になりました。

たしかまだ10年位前までは、政治家などがテレビで
日本を許しても良いけれど、
戦争の苦しみを忘れてはならないと
ANZAC Dayあたりによく言っていたものです。

私などは自分勝手に忘れたって良いじゃないかと思っていたものです。


f0155522_21245435.jpg

f0155522_21255565.jpg

[PR]
by starofay | 2008-04-25 21:26 | ブルーマウンテンの景色 | Comments(1)

Autumn

f0155522_902066.jpg

f0155522_904688.jpg昨日はBlackheathへ行きました。Food and Wine Fairがあるというので行ったのですが、それはあまり大したものではありませんでした。でもBlackheathはブルーマウンテンの中で最も美しい町で、標高が高いだけあって紅葉が一番進んでいました。あと2週間もすれば並木道が燃えるように赤く染まっているでしょう。私の夫は、実はBlackheathに住みたかったのですが、いくらなんでもシドニーから遠すぎて通勤が無理になるのであきらめました。Blackheathはまた哲学者の町とも知られているところで、多くの定年退職した大学の先生が住み、画廊、アンティーク店、古本屋などがそろっています。
[PR]
by starofay | 2008-04-13 09:01 | ブルーマウンテンの景色 | Comments(1)