トマホークス

f0155522_10174298.jpg
週末にシドニーの妹と甥っ子が、トマホークスを背負って遊びに来ました。

上の写真だけだと、どの位の大きさに見えるでしょうか?


このプラター、実は53センチの物です。


妹達は、前から食べてみたかったけれど、
自宅のオーブンには入りそうもないので、
蒼い山に来るまでずっと我慢していたそうです。

我が家のバーベキューでもギリギリのサイズですよ。
f0155522_10265809.jpg
まず全体に焼き目を入れてから、火力を落として蓋をして20分位焼いて、
温度計を差し込んで、60℃になるまで待って、
バーベキューから出して15分ほど寝かせます。
f0155522_10283794.jpg
f0155522_10350245.jpg
付け合わせのカリフラワーとタヒニソース。
f0155522_10381247.jpg


ごちそうさまでした。

[PR]
by starofay | 2018-07-25 10:39 | Red meat | Comments(6)
Commented by franandtuto at 2018-07-25 12:43
53㌢のリブアイって・・・・
想像もつかない!!

やっぱり温度計を刺して確認するのですね~( •̀ㅁ•́;)
つい先日1ポンドのステーキ肉を二枚買ってきて
TUTOと息子に焼いたのですが室温に戻して
ゆっくり焼いても心配でした(笑)

因みにTUTOは食べ切れませんでした^^
息子は完食!
でも、もうこんなに大きいのはいいよって!

さすがかおりちゃん!
最高の焼き具合ですね! 美味しそう~
焦げ目がなんともこちらまで香ばしい香りが漂っていますよ^^
Commented by starofay at 2018-07-25 16:53
フランさん、
お皿が53センチなので、リブアイは、47センチ位かな?
骨つきのお肉は、骨のあたりまでしっかり焼くのに時間がかかり、生々しい骨はイヤなので焼き方をネットで調べてから焼きました。お肉の真ん中あたりに温度計を刺したのですが、ちょっと焼きすぎ?2分くらい早めに取り出せば良かったと後悔しました。笑
Commented by kumafamilie at 2018-07-25 23:30
すごーい!!!(@_@)
1つ目の写真はちょっと大きめのラムチョップかな、くらいに思っていたら53㎝とは!!
いつか機会があれば焼いてみたいですが焦げ過ぎず中まで火を通すのが難しそうですね。

↓素敵なホリデーを過ごされたのですね。
山も良いけど海も良いですよね~!
Commented by sakanatowani at 2018-07-26 08:33 x
うわ〜、迫力の大きさ‼︎
そちらでもやはりそれは”大きい”お肉なのね。
日本では、精肉店ならいざ知らず、ふつうは目にすることもない大きさだよね〜。
こ〜んなに大きいと、「肉、食べました〜!」って実感して、さらに美味しく食べられそうだね。
Commented by Emmentalcheese at 2018-07-27 04:07 x
これは、ど迫力!! 我が家の肉星人たちがウハウハ言いながら・・・かぶりつきそうだよ=。

やっぱり温度計、大きなお肉を美味しく食べるには必需品だね=。
Commented by starofay at 2018-08-08 10:35
クマファミリーさん、
火加減は、最初に表面に焼き色をつけてから
オーブン(或いは蓋つきバーベキュー)で中までじっくりと焼くといいですよ。

さかなさん、
確かに食べ応えはあったけど、しばらく牛肉は見たくもなかった。笑

エメンタールチーズさん、
温度計は、やっと最近になって真面目に使うようになった。
わたしも学習したのねー。笑
<< ターメリック・ラテ Nelson Bay 2018 >>