Salt, Fat, Acid, Heat

Salt, Fat, Acid, Heat: Mastering the Elements of Good Cooking

Samin Nosrat/Simon & Schuster

undefined



レシピ本はお好きですか?

私は大好きですが、読むというよりは
ページをパラパラとめくるんです。

食べ物の組み合わせや
盛り付けのインスピレーションをもらうために
色んな料理やお菓子の写真を見ます。

それに、一冊の本から実際に作ってみる料理やお菓子は、
多くて二つか三つ。

ほとんどの本は、見るだけで終わります。

だからお料理の本は、図書館で借りるか、
友達の家でめくって見るだけで、
滅多に買うことはなくなりました。


私がよく聴くティム・フェリスのポッドキャストで
この本を書いたシェフのインタビューが最近アップされました。

二人の会話がとても面白かったので
早速図書館から本を借りて来ました。

この本、スゴイです。

今まで手にした百冊以上の料理の本の中で
一番インパクトがありました。

そしてこの本、写真がないのです。

あるのは、食べ物のケミストリーを説明するイラストとか、
塩の結晶とか野菜のイラストだけ。

いくつかあるレシピにも出来上がりの写真が付いていません。

なのに普段は、ビジュアルを通してやる気になるこの私が
あれもこれもと作りたくなるのです!



サミーン・ノスラットさんは、イランから小さい頃に
家族とアメリカへ移住していて、
アメリカで育ってはいるけれど
家ではずっとペルシャ料理を食べて大きくなりました。

サミーンがバークリーの大学生だった時に既にグルメだった彼女は、
当時のボーイフレンドと1年間貯金をして
バークリーで一番の高級フレンチレストランChez Panisseに行き、
お料理だけではなくサービスを含めた体験に感動して、
お客として行った翌週にはアルバイトとして
レストランで働くようになりました。

それからの彼女はシェフへの道まっしぐら。

イタリアへも数年間修行をしに行きました。

最近では、ニューヨークタイムズ紙にレシピを貢献しているサミーンが
初めて書いた本のテーマが「塩、油脂、酸味、加熱」です。

この4つのエレメントを理解できれば
レシピなどなくても美味しい料理ができるというわけです。

本当に目からウロコなノウハウが書かれていて、
私の料理の仕方にちょっとした革命が起きました。笑

丁度私が彼女を発見した翌週には、
Netflixで彼女の番組(4回シリーズ)も始まり、
既に全部観ました。

(日本のネットフリックスでもやっているかどうかはわかりません。)

番組での彼女の魅力は、彼女のエネルギッシュで楽しそうなプレゼンテーションと、
全く飾らない(おしゃれもしないしお化粧も多分していない全くの素顔)性格でしょう。

塩の編では、日本を旅行しながら日本の色んな塩味を紹介していますよ。

この本、日本ではまだ出版されていないようですが、
英語圏では大変話題になっているので、
和訳されるのではないかと思います。





[PR]
# by starofay | 2018-10-17 10:04 | 読書 | Comments(0)

ファッジブラウニーとピーナッツバターのマーブル

f0155522_14094289.jpg
うちの理氏とセーちゃん、トーストにピーナッツバターをつけて食べるのが好きなのです。

数ヶ月前に、いつものピーナッツバターではなくて
添加物なしで、砂糖も塩も入ってない
ちょっと高めのピーナッツバターを買ってみたら、
最初の味見以降、誰も食べてくれません。

仕方がないのでブラウニーに入れ、マーブルにしてみました。

これは、なかなか美味しいです。

あとの残りは、どうやって処分しましょうか。


f0155522_14123561.jpg
我が家の庭は、現在花盛りなり。

f0155522_14111837.jpg

[PR]
# by starofay | 2018-10-06 14:28 | チョコレート味 | Comments(4)

ヒル・オブ・グレース 1998

f0155522_17495814.jpg
14年前の結婚のお祝いにこの高価なワインを貰いました。

ワインの美味しいオーストラリアのトップ3には入ると思われる
非常に高いものです。

当時でもかなりのお値段だったと思われますが、
現在のお値段は、大変なお金持ちが特別なお祝いに開けるかもしれないという範囲です。

普段私たちが飲んでいるワインの数十倍はします。

というわけで、もったいなくて今まで飲めないでいました。

f0155522_17495491.jpg
でも、ヴィンテージから20年も経ったことだし、
今回は日本の父母と妹、
それからシドニーの妹も揃ったので、
彼等の蒼い山滞在最後の晩餐に
とうとう飲むことにしました。

せっかくなので、牛肉のフィレを二本焼きました。
f0155522_17494525.jpg
f0155522_17495019.jpg
もちろんディキャンターに入れましたよ。

お味は、確かに美味しい。

でも、根が庶民なため、
お値段相応なお味がしたのかどうかは、
定かではありません。

14年前にこのワインを下さった方、
ありがとうございました。

2018年家族集合の良い記念となりました。

おまけの画像は、パブロバ。

f0155522_17493853.jpg

[PR]
# by starofay | 2018-09-28 18:07 | ワイン | Comments(3)

Fish & Chips at the Lake

f0155522_07121231.jpg
もう2週間前のことになりますが、せーちゃんのお誕生日のランチに
フィッシュ&チップスをウェントワース・フォールズのレイクでいただきました。

お天気が良くて、景色も良くて気持ち良い〜。
f0155522_07123473.jpg

[PR]
# by starofay | 2018-09-27 07:20 | ブルーマウンテンの景色 | Comments(4)

ハイドロマジェスティックでハイティー

f0155522_11392121.jpg

日本とシドニーの家族が集まっている間に、
ハイドロマジェスティック(ブルー・マウンテンにある老舗のホテル)に
ハイティーに行って来ました。

二段目と三段目
f0155522_11440276.jpg
絶景を見下ろせる席でのハイティーは、
お一人様55ドルなり。

f0155522_11435630.jpg
安くはないですが、景色と雰囲気を楽しむためのお遊びですね。

帰りにブラックヒースのガヴァッツリープを観ました。

f0155522_11452614.jpg

[PR]
# by starofay | 2018-09-25 11:48 | ブルーマウンテンの景色 | Comments(2)