人気ブログランキング |

イチゴの季節に生まれた子

イチゴの季節に生まれた子_f0155522_17154688.jpg
せーちゃんが15歳になりました!

季節が逆なオーストラリアでは、今がイチゴの季節です。

そしてイチゴの季節に生まれたせーちゃんの
バースデーケーキは、イチゴが主役。

イチゴが一番美味しい食べ方は、
シンプルなスポンジと生クリームの
日本の伝統的なショートケーキだと思うのですが、
一人娘のバースデーには、ちょっと特別なケーキを作りたくなるのです。
イチゴの季節に生まれた子_f0155522_17155199.jpg
今年のケーキは、3段のバターケーキ、
レモンカード(レモンバター)、
イチゴソース、
ミルククラム(ミルクパウダー配合の小さなビスケットに白チョコを絡めたもの)、
スイスメレンゲ・バタークリーム

これでも砂糖は控えめにしたのですが、
それでもあまーいです。
そしてこのケーキ全体に使ったバターの量は、800グラムくらい149.png149.png149.png

恐ろしいですねー。

ちなみに去年のイチゴケーキは、こちらです。
イチゴの季節に生まれた子_f0155522_17244418.jpg



さて、来年のイチゴケーキはどんなのにしましょう。

# by starofay | 2020-09-13 17:26 | お菓子 | Comments(4)

Rodham

Rodham: A Novel (English Edition)

Sittenfeld, Curtis/Random House

undefined

最近読んだ本の中で、特に面白いと思った本です。

主人公はヒラリー・ローダム(ヒラリー・クリントンの結婚前の名前)ですが、
実は伝記ではなくて、途中からフィクションとして書かれています。

ヒラリーがビルと結婚しなかったらという
仮説の上に書かれた物語です。

大学でビルと出会い、恋人同士となり、
ビルとアーカンソー州に移り住むヒラリー。

作者のカーティス・シッテンフェルドという女性(カーティスは普通男性の名前)は、
恋人時代のヒラリーとビルの親密な様子を実に長く詳しく書いているので、
私をはじめ、多くの読者は実在するヒラリーに申し訳ない気持ちになると思われます。

二人のケミストリーが最初から非常に強いものであったこと、
ビルのカリスマ性も、大学時代から著しいものであったことがわかります。
でもビルと結婚することは、負債を負うことでもあったのです。

ヒラリーがビルと結婚しなかったら、
彼女はどこで、どのようなキャリアを積み、
政治に関わることになったのでしょうか。

そんな作者の妄想物語、面白かったです。



# by starofay | 2020-09-10 10:05 | 読書 | Comments(0)

Opera 2020

Opera 2020_f0155522_09050325.jpg
今年もめでたくオペラケーキを作って食べることができました。

いつもは、出来合いのコーヒーシロップを使うのですが、
使い切れないので、インスタントコーヒーを買ってきて
シロップを作りました。

飲むものにはこだわりがあるので、114.png
インスタントコーヒーを飲むくらいなら
お湯を飲むほうがマシだと思うタチです。

でもお菓子のレシピでインスタントコーヒーが
必要になることって結構ありますよね。

今回学んだのは、レシピの4倍分のケーキを作るなら、
シロップも4倍作るべきだったということ。129.png

考えてみれば当たり前でしたね。

暦上では、明日で冬が終わります。
でも庭では春の花が咲き始めていますよ。

Opera 2020_f0155522_09174632.jpg

# by starofay | 2020-08-30 09:17 | お菓子 | Comments(6)

お嬢のカップケーキ

お嬢のカップケーキ_f0155522_07542041.jpg
お嬢が、お友達のバースデーのお祝いにカップケーキを作りました。


昨日学校からの帰り道にオレオを買って、
帰ってきてすぐにケーキを焼き、
夕食の後にアイシングをかけていました。

今までも何回かケーキを焼いたことはあったのですが、
最近のお嬢は、お菓子作りにはまっています。

おかげでバターと卵と、
お菓子用のチョコレートの消費がハンパないです。106.png



調子に乗って食べ過ぎないようにしなければ、、、、。



# by starofay | 2020-08-14 08:06 | 子育て | Comments(2)

英訳された日本の本を読んでみた

Before the Coffee Gets Cold

Kawaguchi, Toshikazu/Blackstone Pub

undefined


川口俊和さんのコーヒーが冷めないうちにという本、
読書好きなオーストラリア人の間で人気があるようです。

日本の本は、いつもなら実家から送ってもらうか、
帰国した時に沢山買うのですが、
コロナのせいで、現在日本からオーストラリアへ小包は送れないし、
次回いつ帰国できるかもわかりません。

というわけで、英訳されたものを図書館から借りました。
ブルーマウンテンの図書館でもこの本は大人気で、
半年ほど前に予約を入れた時は、23番目くらいでした。

待ちに待って、やっと私の番が回ってきたのです。


中二の時にオーストラリアへ来たため、
幸い英語と日本語の本は、難なく両方読むことができます。

英語で書かれたものは、英語で、
日本語で書かれたものは、日本語で読むのが当たり前。

実は日本語で書かれた小説を英語で読むのは初めてでした。



そして、すぐに深ーく後悔。



昔翻訳の仕事をしていたこともあるし、
日本の小説だとわかっているし、
日本の名前も出てくるので、
私の頭は自動的に全ての英語に翻訳された文章を
いちいち、

日本語ではどう書かれていたのだろう?

と考えながら読んでしまうのです。


そして、もし漢字で見れば納得するであろう名前も
なんてへんてこりんな名前なんだろうと違和感を感じたり、

日本語から英語へ訳されたものを
また日本語に訳してみると、
本当に原作ではこう書かれていたのか?と疑問に思ったり。



読みながら非常に疲れます。153.png




多分ね、原作は私好みの素敵な本なのだと思います。
そして、最初はヒットした舞台劇だったらしいですね。

それを知った時は、色々と納得できました。


今回の結論

多分問題があるのは、この翻訳ではなくて、
原作語が読める場合は、
原作を読まないと頭が翻訳モードに入って、
普通の読書の2倍以上疲れるということが判明 103.png


今までは、英訳された日本の小説なんて本当に少なかったのですが、
私が聞いたこともない小説がオーストラリアで大人気になっていることは
本当に嬉しかったです。





# by starofay | 2020-08-07 14:40 | 読書 | Comments(5)