CHIRASHI

f0155522_7152698.jpg

私の得意料理は、どちらかというとヨーロッパ風煮込み料理です。子供の頃からずっと海外で暮らしているので、ご飯を炊いたり、お味噌汁をつくることはあっても、本格的な和食はあまりつくる習慣がないのです。それは日本のスーパーのように素材が和食用に処理されていないということも大きな理由です。 それでも人を食事に招く時は、和食を期待されることが多いのです。
先日娘と最近お友達になった母子をランチに招いた時は、ちらし寿司にしました。紅しょうがを切らしていて、ちょっと間のぬけた味になってしまいました。冷たいご飯を食べる習慣がなかった娘と同い年の女の子は、最初は食べてくれなかったのですが、レンジでちょっと暖めてあげると今度はおかわりをしてくれました。
[PR]
# by starofay | 2008-03-22 07:15 | ほぼVegetarian | Comments(0)

Ballet

f0155522_18454466.jpg


お友達に誘われて2歳児用のバレエクラスに行ってみました。

先生の指導は無視。

他の子供達はちゃんと先生の言うとおりにしているのに、
娘は自分勝手に走り回ったり飛び跳ねたり
私の所まで来ておんぶしたりとしたい放題でした。

全く何にも学んでないように見えましたが、
家に帰るなりつま先で立ちくるりと回って見せてくれました。

本格的にダンスを習わせたいというよりは、
家にいるよりはまだましという感覚です。

それでも2歳の女の子達が可愛い衣装をまとって
踊っているのを観るのはなんとも楽しいものです。
[PR]
# by starofay | 2008-03-16 18:55 | 子育て | Comments(0)

ブッシュウォーキング

f0155522_7183731.jpg
f0155522_7193277.jpg
f0155522_7202694.jpg
f0155522_7215262.jpg

久しぶりにブッシュウォーキングに行きました。最も娘が重くなり、Baby backpackで背負って長距離は歩けないようになったので、昇り降りの少ない簡単なコースでした。
小川沿いに歩き、小さな橋を幾つか渡って。これほど美しい場所が近くに沢山あるのですからありがたいことです。美しい自然の中に入ることは精神もからだも浄化されるようです。
[PR]
# by starofay | 2008-03-03 07:21 | ブルーマウンテンの景色 | Comments(0)

Beach Holiday

f0155522_6261688.jpg

シドニーから山に引越そうと決めた時に、海から遠くなるのがちょっと淋しく感じられたものです。そこで、毎年一回は海辺のホテルで週末を過ごそうということになりました。ところがこの夏、ずーっと雨ばかり。もう今週で夏も終わりなのですが、先週になってやっと週末の天気予報に晴れマークが金土日と並んだので、早速シドニーの北にあるビーチリゾートに予約を入れ行って来ました。
だいたい我が家から山の麓に降りるだけで、気温が5度くらい違います。それを北に(南半球ですので)ちょっと進めばさらに1度くらい上昇。おかげで夏らしい週末を過ごす事ができました。うちの2歳児も、プールや砂浜で思う存分遊びました。
それでも昨日の午後帰ってきた時は、ほっとしました。我々には山の空気の方が肌に合う感じです。
[PR]
# by starofay | 2008-02-25 06:46 | 旅行 | Comments(0)

Daycare

f0155522_717147.jpg

ニューサウスウェルズ州には、
ファミリーデイケアというシステムがあります。

普通の家庭でよその子を
預かってお金をもらう制度です。

きちんと子供に安全な家と、
外から誰も侵入できないし、
子供も勝手に外に出れないような庭があり、
もちろんその家の家族全員が
身の上を調べられて保証されて
やっとできるようになるものです。

一度に預かれる子供の数は5人。

小さい子供がいる女性が、
どうせ家にいて子供の世話をするなら
他の子も預かってビジネスにしてしまおうと
始めるものです。

自分の子供の世話だけでも大変なのに、
他人の子供達を朝から晩まで預かるのは
本当に体力的にも精神的にも大変だと思います。

それが苦にならない性格ならば、
子供のいる女性とし限られた職業の中では
収入はまあまあだと思います。

だから自分の子供が大きくなっても
続ける女性はけっこういるようです。

我が家の2歳児も昨日から週に2回
このファミリーデイケアに通うようになりました。

慣れるまでは毎回泣かれるのではないかと
心配してましたが、初日から全然平気で
6時間楽しく遊んでいたようです。

迎えに行った時の彼女のなんとも言えない
充実した顔の輝きが印象的でした。

服や家具が汚れるのが嫌で、
うちではさせてない絵の具を使った
お絵かきをとても楽しんだそうです。

娘の父方はドイツ系なので、
デイケアのアンドレアがドイツ人なのも丁度良い感じです。

面接で初めて彼女に会った時、
子供達とクッキーを作っていた彼女が
粉だらけの手で出迎えてくれました。

もうその瞬間に彼女だったら娘を預けても大丈夫だと思いました。

こうして外に出て色々と学び、成長していくものなのですね。
[PR]
# by starofay | 2008-02-21 07:52 | 子育て | Comments(0)