Dusk at the lake

f0155522_2010436.jpg

週末に友達の家族が遊びに来ました。
Wentworth Fallsの湖畔にある公園で子供達を遊ばせた後、
向こう岸まで散歩に行った時に撮った写真です。
夕暮れ時の湖は切ないほど美しく、
いつもこの景色を見つめていれば
きっと何か凄い芸術品が心の底から浮かんでくるような、
そんな所でした。

暗くなってきたので引き返して、
家に帰り暖炉で火を熾し、
赤ワインを飲んで上等のステーキを焼いていただき、
デザートは熱々のタルトタタンにバニラアイスクリーム。

まあ、こうして書いてみるとこの上ないような土曜日でしたね。

f0155522_20212456.jpg

f0155522_20222410.jpg
f0155522_2024263.jpg

[PR]
# by starofay | 2008-05-12 20:33 | ブルーマウンテンの景色 | Comments(4)

Taronga Zoo and Autumn in the Blue Mountains

f0155522_8301778.jpg

金曜に娘を車に乗せてシドニーの動物園に連れて行きました。

シドニーの気温は山より5度は確実に暖かい上に
とてもとても良いお天気だったので、
朝に自宅で着た黒いウールのタートルネックセーターが
暑すぎてかなり閉口。

新しくできたアザラシやペンギンの大規模な水槽がお奨め。

水上からも、水槽の下の方からも泳いでいるのが見えてとてもきれいでした。

翌日は日本食の買出しと家族全員のヘアカットを
済ませて山へ帰ってくるなり、あー寒いじゃないですか山は。

f0155522_822323.jpg

昨日も秋日和。Mt Tomah Botanical Gardensへドライブ。

真夏の暑い時より、秋や冬の研ぎすまれた空気の中で
浴びる太陽の日差しが強く感じられます。
お昼を食べて庭園を少し歩いて、
帰りは近くの果樹園で旬のりんごや胡桃などを購入。

収穫の秋です。
f0155522_854948.jpg

[PR]
# by starofay | 2008-05-05 08:58 | ブルーマウンテンの景色 | Comments(1)

More autumn colours

f0155522_20541510.jpg


めずらしくお客様の多い一週間でした。

ずーっと雨が降ってましたが、今日のランチに友達の家族が着く前にやっと止みました。


やれやれ。

今日はANZAC Day、オーストラリアの戦争記念日で3連休の初日で、
おまけにブルーマウンテンは、
紅葉がきれいな今が一番観光客で賑わうシーズンかもしれません。

シドニーから車で来た友達は、渋滞でかなり遅れてしまったようです。

ANZAC Dayは、もともとは第一世界大戦の時に
オーストラリアからイギリスの応援に
トルコでの戦に送られた兵隊達のためのものでした。

第一世界大戦の兵隊が(多分)絶命した今では、
第二戦争からベトナム戦争やイラク戦争におよぶ軍人全てのものとなりました。

早朝日の出とともに行われるメモリアルサービス、
街の真ん中を勲章をつけた元軍人たちが行進する行事やら、
夜のディナーなど朝から晩まで戦争で戦った人々を讃える日です。

テレビでも戦争映画やドキュメンタリーが多く、
とにかく皆で戦争のことを考えてくださいというわけです。

29年前、私達が最初にオーストラリアへ来た頃は、
日本人が胸を張って外を歩けない日でもありました。

パプアニューギニアあたりで日本軍の捕虜になっていた人々が
まだ現役で働いている頃でしたから。

今では何も知らない若いワーキングホリデーの日本人達が
ただの休日として大っぴらに遊ぶ日になりました。

たしかまだ10年位前までは、政治家などがテレビで
日本を許しても良いけれど、
戦争の苦しみを忘れてはならないと
ANZAC Dayあたりによく言っていたものです。

私などは自分勝手に忘れたって良いじゃないかと思っていたものです。


f0155522_21245435.jpg

f0155522_21255565.jpg

[PR]
# by starofay | 2008-04-25 21:26 | ブルーマウンテンの景色 | Comments(1)

Garden in autumn

f0155522_8271612.jpg


我が家の庭でも秋の色が始まりました。
これこそブルーマウンテンに住みたかった理由のひとつ。

シドニーでは見られない景色です。

外は紅葉、家の中では暖炉の火の前で暖まるというのが理想だったわけです。

ブルーマウンテンで使われる薪はIronbarkというユーカリの一種で、
この間1トンばかり配達してもらったのですが、
そのまま使える大きさではないのが大方。
でも家にある小さな斧では刃が立たないほど硬くて重い木材です。

夕方になると、これを地面に置いて斧で
角の部分を目指し長細い破片を渾身の力で砕いていきます。

ガスのセントラルヒーティングがあるので本当は必要ないのですが、
好きなのです、暖炉の火が。
隣の家に50年以上住んでいるおばあさんは、
何十年も前に暖炉なんて面倒くさいものは使うのを止めて
ガスのヒーターを使っているのよと言い、
なぜ私が好んで暖炉に火をいれるのか理解できないようです。

でも私は薪を割っていると、
文字通り地に足の着いた暮らしをしていると自己満足にひたれるのです。

f0155522_8401353.jpg
咲き始めた椿の花。

このほんのりとピンクの縁取りがある白くて可憐な椿が一番好きです。
[PR]
# by starofay | 2008-04-17 09:25 | ガーデン | Comments(2)

Autumn

f0155522_902066.jpg

f0155522_904688.jpg昨日はBlackheathへ行きました。Food and Wine Fairがあるというので行ったのですが、それはあまり大したものではありませんでした。でもBlackheathはブルーマウンテンの中で最も美しい町で、標高が高いだけあって紅葉が一番進んでいました。あと2週間もすれば並木道が燃えるように赤く染まっているでしょう。私の夫は、実はBlackheathに住みたかったのですが、いくらなんでもシドニーから遠すぎて通勤が無理になるのであきらめました。Blackheathはまた哲学者の町とも知られているところで、多くの定年退職した大学の先生が住み、画廊、アンティーク店、古本屋などがそろっています。
[PR]
# by starofay | 2008-04-13 09:01 | ブルーマウンテンの景色 | Comments(1)