「ほっ」と。キャンペーン

A Fortunate Life

Fortunate Life

A B Facey/Penguin Australia

undefined


バートの旅―オーストラリアの大地をゆく

アルバート フェイシー/清流出版

undefined


これもオーストラリア人の自伝です。

1894年生まれのフェイシー氏は、芸能人でもなければ
お金持ちのビジネスマンでもない人でした。

学校に通ったことがなく独学で読み書きを習った
彼のこの自伝は、1981年に出版されて
すぐにベストセラーとなったそうです。


父親は若くして死に、母親に見捨てられ
祖母に育てられた子供の頃は家が貧しくて
辺鄙な場所に住んでいたため学校に通えず
わずか8歳の時に家から離れたある農場に住み込みで
働き始めます。

そこで酷い虐待を受け、死にそうになりますが
逃げ出し命からがら祖母の元に帰ります。

それからいろんな農場で住み込みで
働くようになります。

世界第一大戦が始まると
志願してトルコのガリポリで戦い
兄弟二人が戦死、
彼は重症の負傷をして帰国となります。

戦地でオーストラリアの女性達が
ボランティアで手作りした贈り物が届き、
彼にはイブリン・ギブソンという人が作った
靴下が届いたことがあります。

これを受け取る人が幸運に恵まれ、
無事愛する人たちの元へ帰ることができますように。

こんな手紙が付いていました。

そして帰国し入院した彼がある日外出許可を得て
友人と道を歩いていると
部隊の番号が付いている制服を見た女性二人が
知り合いがいると話しかけてきました。

その話しかけてきた女性が偶然にも
靴下を送ってくれたイブリン・ギブソンだったのです。

二人はやがて結婚を約束しますが、
医者達に負傷が原因であと余命2年だと言われます。

イブリンはそれでも結婚しようと言ってくれ、
結婚、7人の子供に恵まれます。

とても幸せな結婚でしたが、
路面電車の運転手をしたり、
その後農業を不況のため失ったり
健康面の問題も生涯を通してあったので
仕事の面では波乱万丈が続きます。

そして長男を世界第二次大戦で失い、
ショックでイブリンは 部分的脳梗塞を患ってしまいます。

それでも彼等は約60年間添い続け、
イブリンは、彼のストーリーを書くように説得。

家族のためだけに書いた思い出が出版され
いずれはハイスクールで教えられるようにもなったのです。


一時は、あまりにも惨い体験のために
神などいないと断言したフェイシー氏のストーリーは
なぜこんなにも愛されるのでしょうか?

彼はどんな状況においても前向きで
働き者で、自分の人生が恵まれていたと語ったからでしょう。


許す、愛、健康、ついている、幸せ

[PR]
# by starofay | 2017-01-10 08:18 | 読書 | Comments(3)

Reckoning

Reckoning: A Memoir

Magda Szubanski/Text Publishing Company

undefined


マグダ ツバンスキーと言ってもオーストラリアの人以外で
知っている人はいないと思いますが、

ベイブという映画を覚えていませんか?

1995年の映画で子豚がシープドッグに憧れて
シープ豚になるお話です。

あの映画で、農婦役で出ていた女優・コメディアンです。


本好きの友達が、彼女の自伝がすばらしかったと教えてくれたので
早速図書館で借りてきました。


彼女のイメージは太っているお笑い芸人で、
数年前にゲイであるとカミングアウトしている他
何も知りませんでした。

正直言って彼女の出ているテレビ番組も
ほとんど観たことがなかったし、
好き嫌いと言う以前に興味もなかったのです。
 

ところが、この本、内容が濃くて深くてびっくりしてしまいました。


彼女の父親はポーランド人で、
戦争中のポーランドでレジスタンスのアサシン(暗殺者)として
ドイツ軍を援助したりチクったりする人たちを
何人も射殺したという経歴を持っていました。

戦後スコットランドに渡り、
ポーランドに帰れないとわかると
現地で出会ったマグダの母と結婚しました。

マグダが生まれてから数年後
一家は、父親が働いていた会社から
転勤という形でオーストラリアのメルボルンへ移住します。


彼女は子供の頃から自分に流れるポーランド人の血と
父親の過去に大変な興味を持っていました。

そして初めての海外旅行でポーランドを訪れたり、
独学でポーランド語を習ったり、
父親に何時間も正式にインタビューをして録画を残したり
していました。


ポーランドを出てから一度も親に会うことができなかった父親。

何人もの人を暗殺したという記憶。

戦争中の酷い経験。

そのようなもの全てを心の片隅に追いやって
鍵をかけて考えないよう、感じないように
生きてきた。

父親が忘れたかった過去を
どうしても知りたかった娘。

彼や他のポーランドの親戚の経験を
知る前からその場面を悪夢という形で見てきたマグダ。


その他に彼女がゲイであると自覚し始めた子供時代、
女優・コメディアンとしての仕事、
母親のこと、兄と姉のこと、
母親のアイルランドのルーツ、
ゲイとカミングアウトすることへの恐怖などと
いろいろと興味深いことが満載でした。


読書の醍醐味は、自分の知らない土地や
時代の人たちの営みや息づかいを
垣間見ることができることだと思うのです。

また少しだけ前より世界が広くなったような気がします。




面白い、感謝、許す、愛、ついている





[PR]
# by starofay | 2017-01-06 10:41 | 読書 | Comments(3)

手打ちバックウィートヌードル

さあ、これはなんでしょう?
f0155522_15581360.jpg

バックウィートヌードルをパスタマシンで伸ばしたものです。



バックウィートとは、そば粉のこと。


数年前におそばを初めて打ってみた時の
あのボソボソの食感がショックで、
ずーっとそば打ちはあきらめていました。

でも
f0155522_18113173.jpg
これをゲットしたので、
また挑戦してみる気になりました。

今回は、そば粉8割、小麦粉2割。
水と卵を混ぜて捏ねました。

あとは、パスタマシンで
スムーズな手触りになるまで
伸ばしては折り返してまた伸ばすを
何回も繰り返しました。

f0155522_15582569.jpg
これはパスタマシンの伸ばす方の目盛り1を
カットして、茹でたものです。

太すぎで、わりと簡単にちぎれてしまい
食感も良くなかったです。

二回目は、パスタマシンの目盛り2まで伸ばして
カット。

目盛り1より食感が良かったけれどまだ若干太すぎ。

三回目にパスタマシン4まで伸ばしてカット。

これが一番食感も麺の太さも良いと思いました。

せーちゃんとランチに月見かけそばにして頂きました。

次回はそば粉9割にしてみようと思います。


幸せ、ついている、ありがとう、楽しい、許す、



[PR]
# by starofay | 2017-01-04 18:21 | 手打ち麺/パスタ | Comments(5)

2017年お正月

f0155522_16495195.jpg
皆様、新年あけましておめでとうございます。

私たちは、大晦日の花火を観に
友達家族とシドニーに行って参りました。

これは、9時の花火です。
前日から花火を観る場所を確保している人、
早朝から待っている人がいるのに
9時の花火は8分間だけ。

本番の12時の花火は、12分間で
より華やかなのですが、
蒼い山で住み始めてから早寝早起きニンゲンになってしまい、
だいたい朝5時半には起床するので、
12時まで起きているのは非常に辛いのです。

結局夕べも11時頃にemoticon-0113-sleepy.gif
12時の花火の音に跳ね起きて
テレビで花火を観たという、、、、

皆さんは、夕べはおそばを食べて紅白を観て
今朝はおせち料理にお雑煮にお屠蘇でしたか?


私たちは、ようやく夕飯にお雑煮と日本酒をいただきました。


やっぱり、大晦日とお正月は日本が一番です。



幸せ、元気、ついている、感謝

[PR]
# by starofay | 2017-01-01 17:00 | その他 | Comments(7)

2016のまとめ

f0155522_05583229.jpg
今年もまあ、いろいろとありましたが、
残すこと二日となりました。

4月に帰国、7月にメルボルン、9月にインフルエンザ、回復して京マム/カイ君来豪emoticon-0157-sun.gif

せーちゃんも今年は背が大分伸びました。
来年は私に追いつきそうな、いや、追い越される勢いです。

一人でバスに乗って登校、
自分の簡単なおやつは料理できるようにもなりました。

蒼い山一家は、おかげさまで今年も無事過ごすことができました。
f0155522_05580159.jpg
皆さん、良い年をお迎えくださいね。

幸せ、元気、愛、ついている、ありがとう、感謝、楽しい、許す

Wishing you much happiness and sending you love xxx




[PR]
# by starofay | 2016-12-30 06:19 | その他 | Comments(5)