正二十面体のバースデーケーキ

f0155522_07232490.jpg
Pのパートナーから、彼女のバースデーの贈り物に
正二十面体の瞑想用の小屋を作ると聞いて、
バースデーケーキも正二十面体がいいねと言うと、

じゃあ、作って!

105.png

引き受けてしまいました。
f0155522_07240176.jpg


まずは、正二十面体をよく理解するために
図を描いてみたり、
紙を切って糊でくっつけてみたり、
爪楊枝と蜜蝋でつなげてみようとしたり(失敗)
折り紙で作ってみたり、

とにかく正二十面体をいろんな方法で体験してみました。

それから出来合いのスポンジケーキを4つ買ってきて
クリームでくっつけてからナイフで彫刻。
(買ったのは、バニラスポンジとチョコレートスポンジなのでこういう配色となりました)

f0155522_07263526.jpg

正二十面体ケーキ作成練習。
f0155522_07264063.jpg

きれいにカットするためには、固めのケーキが良いだろうと
パーティー前日の朝に3Dケーキのレシピを検索して
チョコレートケーキを4つ焼いたのですが、
全然膨らみが足りず、149.png

さらに3つ焼きました。


コーヒーシロップで味付けをしたバタークリームで重ね、冷凍庫へ。


それからフリーハンドでカットを始め、
絶望的な気持ちに何度か陥り、148.png
いびつながらもとにかく二十面体の形にして冷凍庫へ。

翌朝、またあっちカット、こっちカットと彫刻を続けて

f0155522_07251075.jpg
ガナッシュを全体に塗り、また冷凍庫へ。

f0155522_07232982.jpg
表面がスムーズじゃないのが非常に残念。

この角度から見ると正二十面体を横に伸ばしたようになってしまったのがバレます。

f0155522_07241240.jpg
f0155522_07235500.jpg
でもPがものすごーく喜んでくれたので、良かったー。

f0155522_07235139.jpg
こちらは、Pのパートナーが作成中の正二十面体の瞑想小屋の
真ん中の部分。

出来上がりが楽しみ。


とても大変だったけど、すごく楽しいプロジェクトでした。

おかげで少し賢くなったような気がします。106.png


嬉しい、楽しい、愛、感謝、喜び、ついている

[PR]
# by starofay | 2017-05-28 08:07 | チョコレート味 | Comments(2)

樵(キコリ)となった一日

f0155522_20025723.jpg
ブルーマウンテンでは、
暖炉で薪を燃やして暖をとる住宅が多いので、
森林に囲まれて住んでいても
人が運べるような場所で落ちている
乾燥した薪はすぐになくなってしまいます。


そして、買うと結構高いのですよ。
f0155522_20031167.jpg
月曜から金曜までシティーに通勤している理氏は
週末になると、薪を拾いに行くのが趣味。
f0155522_20031472.jpg
そんな彼の習性を知っている近所のお友達が
彼等の持つ(ここより)田舎の土地に
薪を取りにおいでと誘ってくれました。

なんて親切な!

せーちゃんが、彼等の孫とこの乗り物で
グルグル回っている間に
チェンソーで沢山倒れている木を切って
トレイラーに入れてと
大人は黙々と働きました。


f0155522_20024982.jpg

おかげで、しばらく薪の心配はしなくてすみそうです。

f0155522_20072666.jpg
感謝、嬉しい、楽しい、ありがとう、ついている、愛、許す

[PR]
# by starofay | 2017-05-24 20:14 | その他 | Comments(3)

ケーク・タタン

f0155522_08151583.jpg
タルトタタンならぬ、
アップサイドダウン・アップルケーキを焼きました。

リンゴをケーキ型の底につめて、
その上にケーキの生地を流して焼いたものです。


こちらは、ケーキの生地を流し込んでから
スライスしたリンゴを差し込んだもの。
f0155522_07073294.jpg
どちらも美味しいです。

前回は、紅葉をご披露しましたが、
今年の秋は椿も特別にきれいに咲いています。

f0155522_08275525.jpg
f0155522_08281240.jpg

f0155522_08280660.jpg

出会う紅葉や椿に You are so beautifulと
話しかけながら庭を歩いています。

幸せ、感謝、ついている



[PR]
# by starofay | 2017-05-22 08:31 | お菓子 | Comments(5)

紅葉の当たり年

f0155522_07070722.jpg
蒼い山に越してきて10年になります。
f0155522_07071482.jpg
そして学んだのは、紅葉はその年の気候によって
異なるということです。
f0155522_07072563.jpg
4月の中旬から夜は寒く、日中はお天気な状態が
しばらく続くととてもきれいな紅葉になり、
暖かい秋で、曇り/雨が多いと冴えない紅葉となるようです。
f0155522_07071802.jpg
で、今年は当たり年!
f0155522_07072265.jpg
先週末あたりがピークで、
この週末は雨で、地面が落ち葉ですごいことになっています。

f0155522_07071196.jpg
Thank you beautiful. Love

[PR]
# by starofay | 2017-05-20 07:30 | ガーデン | Comments(3)

カウラへ

f0155522_19105471.jpg

バロッサから早朝に出発。
朝日が昇ってくるのを見ながら東へ。

気球が見えますか?
f0155522_19111302.jpg
f0155522_19111871.jpg
木綿畑

f0155522_19115407.jpg
一日中車で移動して、暗くなってから
ようやくカウラの町へ着きました。

カウラは、美しい丘が連なる農村地帯ですが、
実は日本人にとって思い深い歴史がある町です。

f0155522_19194271.jpg
そのカウラに着いたのは、オーストラリアの戦争記念日の前夜でした。
f0155522_19193935.jpg
以前、日本人捕虜の墓地にお参りしたことはありましたが、
戦争記念日にカウラの町で目覚めたことに
偶然ではあるにしろ、何かご縁を感じました。

f0155522_19193016.jpg

そんな悲しい歴史があるカウラには、
現在、美しい日本庭園があります。

そのジャパニーズガーデンを見ることが
今回カウラに一泊する目的でした。


f0155522_19193654.jpg
朝から今にも降り出しそうな曇り空でした。

f0155522_19194534.jpg
実際、ガーデンを見終わって中の博物館に入ったとたんに
大雨ザーザー。

降り出す前に見れてラッキーでした☆

それからわずら3時間ほどの道のりを
ドライブして帰途へ。

f0155522_19225239.jpg
f0155522_19225492.jpg
あと一時間くらいでお家に帰れます。



長い旅の記録に付き合ってくれてありがとうございました。


感謝

[PR]
# by starofay | 2017-05-17 19:24 | 旅行 | Comments(2)