「ほっ」と。キャンペーン

<   2016年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧

理氏のカツ丼

f0155522_18312159.jpg


理氏が自分でレシピを検索して
作ってくれた夕べのディナーです。

思ったより簡単にできたらしく、

「これからカツ丼が僕の十八番だ!」 


だそうです。


三つ葉の代わりにバルコニーの鉢植えから摘んできた
長ネギが一本、ちらりと見えますね。

あれとタマネギが夕べのお野菜でした。





愛してます
ついている
うれしい
楽しい
感謝します
しあわせ
ありがとう
ゆるします

ごめんなさい
許して下さい

美味しい〜(by JJ)


Be safe and have a good day!
[PR]
by starofay | 2016-07-31 18:33 | Red meat | Comments(4)

チョコレートパウンド

f0155522_7241278.jpg


先日美味しそうなチョコレートパウンドのレシピを
ネットで見つけたので早速焼いてみました。

焼き上がったケーキにガナッシュをかける前に
なぜか誰かが数センチ切り取ってしまったようです。

チョコレート味が濃くて美味しかったです。

でも寒くてバターもチョコレート成分も固まってしまうせいか、
柔らかくはありませんでした。


ちょっとレシピをいじって柔らかめに焼くのに成功したら
レシピをご披露しますね。


今週は、せーちゃんがずっと風邪でお休みです。
理氏もうつされたみたいだし、
私も昨日から喉があやしくて、寒気が、、、、

いつものようにグリーンティー錠剤を呑んで
日本で仕入れてきた葛根湯を飲んだせいか、
今朝は今のところ大丈夫みたい。


ああ、春が待ち遠しい〜。


愛してます
ついている
うれしい
楽しい
感謝します
しあわせ
ありがとう
ゆるします

ごめんなさい
許して下さい

美味しい〜(by JJ)


Be safe and have a good day!
[PR]
by starofay | 2016-07-29 07:33 | チョコレート味 | Comments(7)

レバニーズブレッドでケサディーヤ

f0155522_9464021.jpg


オーストラリアではどこでもレバニーズブレッドが買えます。

レバニーズ(レバノンの)ブレッドとは、
ピッタブレッドの薄くて大いバージョン。

トルティーヤの代わりにレバニーズブレッドを使った
ケサディーヤが最近の我が家のブームなのです。



大きなフライパンに油なしでまず一枚のせて
チーズ(おろしたものでもスライスでも)まんべんなくひろげて
もう一枚上にのせて火にかけます。

写真のは、ベーコンやベビースピナッチもはさんでありますね。 

火加減は弱火と中火の間くらい。

下のブレッドがこんがりとしてチーズが溶け始めたら
ひっくり返し、下になったブレッドもクリスピーになるまで
焼きます。

包丁より、ピッツァ専用のカッターの方が
綺麗に切れました。

スープのお供にも良いですよ。


愛してます
ついている
うれしい
楽しい
感謝します
しあわせ
ありがとう
ゆるします

ごめんなさい
許して下さい

美味しい〜(by JJ)


Be safe and have a good day!
[PR]
by starofay | 2016-07-27 09:58 | ほぼVegetarian | Comments(6)

Katherine Carlyle

Katherine Carlyle

Rupert Thomson / Corsair



図書館の新書のセクションで
適当に選んできた本ですが、
これは結構面白かったです。

まだ子供の頃に母親を亡くしたキットは、
ローマで父親と二人暮らしの19歳。

でも父親は、レポーターで
いつも海外の戦地を飛び回っている。

大変な美人で、多くの男性から思いを寄せられていても
頭が良くて、オックスフォードに進学が決まっていても、
彼女は、満たされていない。


体外受精で生まれた自分。

8年間も胚として冷凍庫で保存されていたらしい命。


父親から本当は愛されていない。
きっと母親の病死も自分の責任だと思われている。



彼女は行方不明になることにする。


映画館で前の席に座っているカップルが
彼等のベルリンの知り合いの男性の恋人が
あの素敵なアパートメントから出て行ってしまったらしいと
うわさ話をしているのを聞き、
彼の名前と住んでいる街路の名前を頭に刻み、
ベルリン行きの飛行機に乗る。

ベルリンでは、その街路に並ぶアパートメントの
ブザーの横にある名前をチェックし、
恋人に去られた男性を見つけ、
尾行し、声をかけ、友達になり、
アパートメントに泊めてもらうことに成功する。

そんなふうにして彼女は全くの偶然だけをたよりに
人から人へ、
国から国へと
優秀なレポーターである父親にも見つからないような
辺鄙で、北極熊が辺りを徘徊する
寒い離島にたどり着く。

そこで彼女は冬を越すことにしたのだ。


8年間冷凍庫で保存された命の始まりを
やり直すように。


愛してます
ついている
うれしい
楽しい
感謝します
しあわせ
ありがとう
ゆるします

ごめんなさい
許して下さい

美味しい〜(by JJ)


Be safe and have a good day!
[PR]
by starofay | 2016-07-25 19:41 | 読書 | Comments(3)

冬の楽しみ

f0155522_632203.jpg


皆さんご存知のように、南半球のオーストラリア
日本と季節が真逆。

ただ今真冬です。

今朝の気温は0℃くらい。

そんな季節になぜ咲くのかマグノリア。

f0155522_6321722.jpg


冬の殺風景な蒼い山の我が家のガーデンで
季節限定の楽しみです。

f0155522_6322473.jpg



それから冬の楽しみと言えば、暖炉。

夕べは我が家でブッククラブが開かれたのですが、
暖炉に一番近い所に座っていたEが、
次々と暖炉に薪をくべながら
楽しい〜♪

そうなんです。

いかに効率よく燃やし続けるように
薪をくべるって、ちょっとしたパズル感覚だし、
火を見つめるのも楽し、
暖をとるのも嬉し。

f0155522_6322732.jpg


ワインを飲みながら、
暖炉の前で本を読む。

もっと楽しいのは、友達とワインを飲みながら
暖炉の前でおしゃべり。

Winter life in the Mountains is actually pretty good.



愛してます
ついている
うれしい
楽しい
感謝します
しあわせ
ありがとう
ゆるします

ごめんなさい
許して下さい

美味しい〜(by JJ)


Be safe and have a good day!
[PR]
by starofay | 2016-07-24 07:00 | ガーデン | Comments(4)

メルボルンでオーガニックジャパニーズ

f0155522_7201191.jpg


これ、和食に見えますか?


メルボルンのアボッツフォード修道院跡敷地内を
歩いていると、カフェがありまして、
メニューはローマ字だけれど、

なに、これ日本語?

あら、日本のビール瓶?

f0155522_7201531.jpg


ジャパニーズカフェを見つけました。

そして、そこはオーガニック/健康食のお店のようです。

ちょうどランチタイムだったので
そこで食べる事にしました。

紙の器もなかなかオシャレで、
お食事も美味しかったです。


そこから駐車場へ歩いて行くと
とても良さそうなベーカリーが!

昔の修道院で使っていた釜でパンを焼いているらしいです。

f0155522_7201848.jpg


おやつにこんなお菓子を買ってみました。

美味しいんだけど、激甘。
チョコレート、チョコビスケットとマシュマロを
コンデンスミルクで固めたような、、、、、

3人で分けるとちょうど良いサイズでした。

旅の結論:メルボルンって結構食べ物が充実している。

愛してます
ついている
うれしい
楽しい
感謝します
しあわせ
ありがとう
ゆるします

ごめんなさい
許して下さい

美味しい〜(by JJ)


Be safe and have a good day!
[PR]
by starofay | 2016-07-22 07:31 | 外食 | Comments(4)

メルボルン 食1

f0155522_10404016.jpg



滅多に外食をしない蒼い山のファミリーは、
メルボルンで朝昼晩とあちこちで食べてきました。

が、

写真を撮ったのは、最後の夜のベトナム料理と
翌日のランチだけです。


さて、一番上の写真、何でしょう?


ベトナム料理のクリスピーパンケーキです。
理氏の大好物で、ベトナム料理に行くと
必ず彼が頼むものです。


まさか、こんなに大きなのが出てくるとは知らず、、、、

f0155522_10403024.jpg


しかも上下と二枚あります。

この日のランチにフォーを食べてしまったので
私も頼んでしまったのですよ。

そう、この丸いのが二皿。

全部で4枚のクリスピーパンケーキです。


ちょっと後悔。

でも旅行中は野菜不足になりがちなところに

f0155522_10393456.jpg


これがテーブルの上に置かれた時は、
お野菜の輝かしい美しい緑に感激♪

せーちゃんのチキンライスはこちら
f0155522_10395899.jpg



最初の予定では二泊だけのはずだったのに
理氏の用事が長引いて、もう一泊することになり、
ホテルを移動しました。

そのホテルから歩いて行けるベトナムタウンみたいな所がありまして、
一本の道に似たようなベトナム料理のお店が数十軒
ずーっと並んでいた中、適当に選んで入った店です。

まあ、普通に美味しかったと
食べ終わってからの帰り道にすごく混んでいる店を発見。


あのお店、きっと美味しいに違いない。

なんかちょっと悔しい気分。笑







愛してます
ついている
うれしい
楽しい
感謝します
しあわせ
ありがとう
ゆるします

ごめんなさい
許して下さい

美味しい〜(by JJ)


Be safe and have a good day!
[PR]
by starofay | 2016-07-20 11:05 | 外食 | Comments(4)

メルボルン アート

f0155522_7121471.jpg


メルボルンは、シドニーと比べて
内向的で芸術的というイメージがあります。

f0155522_7122298.jpg


そんなメルボルンですから、まずは美術館へ。

f0155522_712350.jpg


この入り口に面するガラスには、
薄い水の膜が流れています。
f0155522_7131153.jpg


この美術館で、一番素敵だったのは、
大きなギャラリーの天井一杯に広がる
ステンドグラス。

f0155522_7121737.jpg


下にいる人のサイズで、どのくらい広いスペースかわかるでしょう?

丸いクッションのような椅子の上に寝そべって
じーっと天井を見上げてリラックス。

実は、二日続けて通ったので、
曇りの写真とお天気の写真が混ざってます。

f0155522_7122542.jpg


さて、またヤーラ河を渡ってフェデレーションスクエアへ戻りましょう。

f0155522_713527.jpg


f0155522_7133673.jpg


f0155522_7141455.jpg

こちらには、美術館の別館があります。
モダンアートのコレクションは、こちら。

f0155522_7122868.jpg


いい加減せーちゃんが飽きてきたので、
急ぎ足で通り過ぎました。

f0155522_7123145.jpg



愛してます
ついている
うれしい
楽しい
感謝します
しあわせ
ありがとう
ゆるします

ごめんなさい
許して下さい

美味しい〜(by JJ)


Be safe and have a good day!
[PR]
by starofay | 2016-07-18 07:53 | 旅行 | Comments(7)

一刀斎夢録

合本 一刀斎夢録【文春e-Books】

浅田次郎 / 文藝春秋



大分前に父が送ってくれた本を
やっと先週手に取って読み始め、
メルボルンで読み終わりました。

新撰組幹部であった斉藤一の話です。



本当に二日前に読み終えたばかりなので
頭の中では、斉藤一という人物の印象が
まだ強く新鮮に残っているところに、


今朝ハフィントンポストを読んでいると、


出ました!

⬆️ クリックするとハフィントンポストの記事と写真が開きます



本当にもうびっくり!



私って読書に関する偶然が結構あるのですが、
これもちょっと鳥肌ものでした。


小説ですから、本物の斉藤一氏とは全く違う
想像の人物でしかないのでしょう。

それでもある程度は実際に起こった出来事に基づいているはず。

今度はまた別な人が書いた幕末の小説を通して
斉藤一を始め、他の新撰組の組員達を見てみたいと思いました。



愛してます
ついている
うれしい
楽しい
感謝します
しあわせ
ありがとう
ゆるします

ごめんなさい
許して下さい

美味しい〜(by JJ)


Be safe and have a good day!
[PR]
by starofay | 2016-07-16 15:37 | 読書 | Comments(5)

メルボルン 街並

f0155522_8345755.jpg


先ほど書いたブログの記事が消えてしまいました。

立ち直るまで写真だけ載せておきます。
emoticon-0106-crying.gif

メルボルンまで車で休憩なしだと9時間ちょっと。

朝4時半に出発して、
朝食とランチにちょっと休憩して
街中のホテルには、2時半に着きました。

f0155522_8344739.jpg


ブルーマウンテンの我が家からシドニーのエアポートまで
電車を乗り継いで行くと3時間近くかかるので、
メルボルンのホテルに着くまで結局6時間かかると考えれば
車の方がなんとなく楽なのです。


f0155522_8344434.jpg


さて、メルボルン。
やっぱりシドニーとは雰囲気が違います。

f0155522_834414.jpg


一日の間に四季が味わえると言われるメルボルン、
寒くて雨が降って、曇りで風が強いと思っていたら
急に晴れたりして、本当でした。

f0155522_8334440.jpg


街には黄色いタクシーに、路面電車が走っています。
なんかカッコいい〜。

f0155522_8333360.jpg


世界で一番住みやすいシティーなんですってよ。


愛してます
ついている
うれしい
楽しい
感謝します
しあわせ
ありがとう
ゆるします

ごめんなさい
許して下さい

美味しい〜(by JJ)


Be safe and have a good day!
[PR]
by starofay | 2016-07-15 08:39 | 旅行 | Comments(2)