<   2009年 06月 ( 20 )   > この月の画像一覧

バルサミコ・オニオン・パン

f0155522_19521666.jpg


これは、ランチにも、夕食前のワインのつまみにも、
夕飯のスープの共にもなる美味しいパン。
焼きたても美味しいし、翌日に冷たくなったものを食べても美味しいよ。


大きな玉ねぎを一個スライスして(私はいつも縦にスライスしてる)、
オリーブオイルでしんなりするまで炒める。

そこへバルサミコを50ml程度入れて、キャラメリゼするまで炒めて
火から下ろし冷ましておく。

バターロールの生地(200g程度の小麦粉分)を伸ばして
オニオンを広げる。
おろしたチーズを上に散らして巻き上げる。

ホースシューの形に折り曲げてベーキングペーパーの上に置く。
キッチンはさみでちょきちょきちょきと切れ目を入れる。

180度のオーブンで20分程度、こんがりするまで焼く。


f0155522_2003842.jpg


これは、パニポポ師匠のラズベリーメレンゲ
ポポちゃんのみたいにきれいで可愛くないのはよーくわかってる。
でも甘酸っぱくて美味しい~。


今日は、せーちゃんを音楽教室に連れて行ってきた。
15週間のコースで、結構高いのでちょっと体験させてもらってから
入るかどうか決めようと行ってみた。

前から知っていたけど、せーちゃんは落ち着きがなくてかなり活発なお嬢。
他の子がおとなしく座って先生の話を聞いているのに、
せーちゃん一人で走り回ったり、床の上でごろごろ転がって行ったり。汗

最初は先生の話を聞いていた子供達も、せーちゃんを見て
あっちの方が面白そうだと皆せーちゃんの真似を始める。
たかが45分のクラスなのに、何回も何回も。
でも、ママ達が「駄目ですよ、先生の言うことを聞きなさい。」と
注意すると、皆元に戻って行く、せーちゃんの他は。

せーちゃんが私の言うことを聞いたのは、
”OK, I'll have to take you home now."
わかった。じゃあもう家に帰りましょう。
と、言った時だけ。

他の子供達が先生のお手本通りに動いていても、
せーちゃんは一人で床に寝転がったりしてた。

音楽教室、せーちゃんの集中力が倍以上になるまでは無理みたい。


気軽にコメントを残していって下さいね。
はじめての方でも大歓迎です。
応援ポチ↓、よろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村
[PR]
by starofay | 2009-06-29 20:10 | パン | Comments(13)

マロンケーキ

f0155522_18323279.jpg


ブログを始めてから、色んな人達と知り合うことができたけど、
日本の皆がオフ会を楽しんでいる記事を私は遠い南半球から
指をくわえて眺めているだけだった。

今日までは。

私のブログを読んでコメントをくれるようになったシドニー郊外にお住まいの
Fさんの家族が今日遊びに来てくれた。

f0155522_18364462.jpg


Fさん達もブルーマウンテンに住むことを考えていて、
今日も家を数軒見るために山を訪れて、帰りに寄ってくれたのだ。

そこで、今まで挑戦したことのないケーキを作ってみた。

先月作った栗の渋皮煮を使ったマロンのケーキ。

f0155522_18403851.jpg


有名パティシエと作る美味しいケーキの本を参考にして
ダコワスを一枚焼いて、三つに切って重ねた。
クリームは、栗の渋皮煮をフードプロセサーで攪拌してから
柔らかくしたバターとラム酒を少しを入れたもの。

栗が嫌いだと言う理氏も美味しいと食べたからまずまず合格かな。

f0155522_18453252.jpg


Fさん夫妻には、せーちゃんと同い年の男の子がいる。

近所に越してきてくれたら、せーちゃんに日本語を教えてくれるのではないかと
期待している。

良い家が見つかると良いね。


前回の記事のお返事する時間もないほど忙しい週末でした。
お許しくださいね。



気軽にコメントを残していって下さいね。
はじめての方でも大歓迎です。
応援ポチ↓、よろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村
[PR]
by starofay | 2009-06-28 18:47 | お菓子 | Comments(16)

料理人は充電中

f0155522_1117482.jpg


せーちゃんが生まれる前と比べると私の今の食生活は、
なんと大きく変わったのだろう。

働いている頃のランチは、
シドニーではどこにでもあるタイとか
マレーシアのカレーとかラクサを毎日食べていたし、
夜も週に最低2度は外食をしていた。

ところがもう4年近く昼も夜も自宅で食べるようになった。

山のスーパーでのお買い物には
インスピレーションを湧かせるにも限りがあるし、
外で食べてないから新しい味覚のデータが直に入ってこない。
せーちゃんはポテト、ソースのついてないパスタ、ご飯、果物、
それからミルクで生きているようなものだし、
理氏は、肉とポテト以外のものを出すとあまり食べない。




料理に飽き飽きしてもしょうがないか。019.gif

つまり、料理力のバッテリーが弱っていて充電を必要としている状態。

私がここまでブログ中毒になったのも、
家にいながら自分の知らない料理の情報が
入ってくるからかもしれない。

せーちゃんも最近大分落ち着いてきて、
夜に気取らないレストランなら
食べに行くのが不可能ではなくなってきた。



だから先週は家族で近所のビストロデビュー。
やった!070.gif

山のパブの中にあるレストランとしては案外美味しかった。

それに妻が料理したくない病にかかっているため、先週の週末は
理氏が土曜の晩にビーフシチューを、
日曜の晩には残りものにパイをかぶせて
ミートパイを焼いてくれた。

f0155522_10575827.jpg


ありがとうよ、理氏。
[PR]
by starofay | 2009-06-27 11:10 | その他 | Comments(11)

カスタードロール

f0155522_12515177.jpg


せーちゃんが好きなので、よくバターロールを焼くようになった。
500gの小麦粉で生地を作って、3分の1はバターロール、
次の3分の1はチーズとか玉ねぎのキャラメリゼを巻いて夕飯のスープのお供に、
最後の3分の1は、シュークリームを作った残り物のカスタードを
使い切るために伸ばして、カスタードを載せて、
ドライフルーツを一握りぱらぱらとカスタードの上に散らして、
巻いて、切って、一つずつ焼いてみた。
このテクニックは、パニポポ師匠から教わったもの。

Yummy・おいしー♪

f0155522_12555183.jpg


こういう使いまわしが成功すると、とても得をした気分になれる。

気軽にコメントを残していって下さいね。
はじめての方でも大歓迎です。
応援ポチ↓、よろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村
[PR]
by starofay | 2009-06-26 13:12 | パン | Comments(10)

進歩した手打ちラーメン

f0155522_1618254.jpg


これは自分で打った3回目のラーメン。
出来るだけ少ない水で打つのがコツだとわかってきた。

例えば、水を入れてから私の手でまとめられるようなら
入れすぎ。

ぼそぼそで粉っぽい生地をちょっと寝かして
厚地のビニール袋に入れて足で踏んで
ようやくまとまるくらいが丁度良い。

そうすると、パスタマシンでカットした後に
麺がくっつかない。

f0155522_16162855.jpg


薄く伸ばしすぎないようにして、北海道風の太麺にすることも学んだの。

何でも結局自分であれこれ失敗を重ねなければ上達しないものだね。

今回は、打ちたてを半分茹でて一度食べて、
残りは4日熟成させた。

f0155522_16215894.jpg


熟成させた方が美味しいらしいのだけど、
ラーメン打ち新米の私にはまだその違いがよくわからない。

熟成ラーメンは、ベトナム風にチキンストックにナンプラーを入れて、
カフィアライムの葉とコリアンダーの葉で香りをつけた。

f0155522_16241928.jpg


こういうあっさりラーメンも美味しいけど、
やっぱり道産子としてはこってりした味噌ラーメンも恋しい。

次回の課題は、スープにこだわることかな。



気軽にコメントを残していって下さいね。
はじめての方でも大歓迎です。
応援ポチ↓、よろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村
[PR]
by starofay | 2009-06-24 16:25 | 手打ち麺/パスタ | Comments(23)

ウィンターマジック・冬至の祭り


f0155522_9484456.jpg


今日は、南半球では一年で日が一番短い冬至の日だ。

毎年ブルーマウンテンのカトゥンバという町で、冬至に一番近い土曜日に
Winter Magicというお祭りが開かれる。

カトゥンバのメインストリートが歩行者天国になり、
両側に出店がびっしりと並び、
真ん中にパレードの行進がある。

去年初めて行って、思っていたより規模がかなり大きなお祭りだったので
びっくりした。

今年はあいにく、曇り時々雨のお天気だったし、
去年ものすごく寒い思いをしたので、せーちゃんには
何枚も重ね着をさせて出かけた。

f0155522_9585310.jpg


思い思いの仮装をしたグループのパレード。

f0155522_9595089.jpg


おっとっと。

f0155522_10354734.jpg


私の右前にいたおばあさんは、最初からノリノリで、
パレードの皆にガンバレー、いいぞいいぞと言いながら拍手喝さい。
とても上品な顔をした80年代と思われるおばあさんで、
理氏の肩に乗っていたせーちゃんを、自分の前に立たせてくれた。
こうやって回りを幸せな気分にしてくれるおばあちゃんに
いつか私もなりたいものだ。

f0155522_10525429.jpg


f0155522_10363079.jpg


f0155522_10442212.jpg


f0155522_10465218.jpg


指定席からの眺めはさぞ良かっただろうな。

f0155522_10502594.jpg


私は人の肩越しに背伸びをして写真を撮ってたの。

f0155522_1056370.jpg


f0155522_10562141.jpg


山の生活に慣れる前から人ごみが苦手な私にとって、
ちょっとした地獄でもあった。笑

f0155522_10481131.jpg

[PR]
by starofay | 2009-06-21 10:56 | その他 | Comments(19)

初めてのサワードウ

自然酵母を起こしてSourdough bread/サワードウパンを焼きたいと
長いこと思っていた。


ブログ界でパンを焼く方々が皆、難しいと言うし、
一度干しぶどうでやってみたら、かびてしまったのであきらめていた。
先週何故か急にやってみようじゃないか!とネット検索して見つけた方法で始めることに。

色んなもので酵母を起こすことができるようだけど、
今回はとりあえず一番無難そうな小麦粉と水の方法で。

清潔なガラスのビンの中で小麦粉と水を混ぜて、
フタを軽くかぶせて暗い所に入れておく。
毎日かき混ぜて3日経つと、ぶくぶくと発酵してくる。
そこへさらに小麦粉、砂糖、水を入れて冷蔵庫へ。
翌日小麦粉と水を入れて捏ねる。

ここで私はHBに捏ねてもらったのが間違い。
確かにべとべとに見えたので小麦粉を大量に足したけど、
第一発酵が終わった生地はかなりゆるかった。

とにかく焼くことにして型に入れて一晩ゆっくりと第二発酵。

クーペを入れようにも、生地がゆるすぎてナイフについてしまうから
そのまま焼くことにした。

オーブンに入れる前にはごく普通の平らな生地。

熱いオーブンに入れて5分経過した頃からツノが生えてきた。


これはいったい何?


f0155522_15123921.jpg



なにしろ得体の知れない酵母が入っている生地だから
じっくりと焼かなければ危ないかもしれないと思い
長めに焼いた。




多分世界で最も醜いパンをこの世に生み出してしまった。

f0155522_15145891.jpg



でも、中はもちもちでどっしりとしていて美味しかったのよ。


f0155522_15405099.jpg



本当に。



気軽にコメントを残していって下さいね。
はじめての方でも大歓迎です。
応援ポチ↓、よろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村
[PR]
by starofay | 2009-06-19 15:41 | パン | Comments(23)

列車の商店街

f0155522_9374050.jpg


これは、ヒュオンヴァリーからホバートへ帰る道脇にあった商店街の写真。

ふふっ、間違いではないですよ。

古い機関列車の車両がお店になっていたの。

f0155522_9473472.jpg


飴屋さん、古本屋さんとか。

先頭のエンジンには子供達が入れるようになっていた。

f0155522_9502885.jpg



この間、子育てがどんなに大変でもたまにご褒美の瞬間がある話をしたよね。
前回は虹の話で、今日は第二話。

せーちゃんは、生まれてから何回も飛行機に乗ったことがあるけど
自分が飛行機に乗って飛ぶということを
認識できるようになったのは今回が初めてだった。

タスマニアへ発つ前日に、スーツケースのパッキングをしながら
明日は飛行機に乗るんだよと説明すると、飛び上がって喜んでいた。
翌日の午後遅くのフライトだったので、
せーちゃんは待ち遠しくて、はやく飛行機に乗ろうと
一日中うるさかった。 
Please mummy, let's go fly in an aeroplane right now, pleeeease!


飛行機の中に座ってずーっと待って、
ようやく滑走路を走り出して、そして離陸。

その瞬間のせーちゃんの顔は、

「これ以上面白くて可笑しいことは考えられない」

そんな表情だった。

お天気が良くなく、あまりスムーズなTake offじゃなかったから
私はちっとも楽しくなかったけど、
せーちゃんの喜びようを見ているうちに私もリラックスしてきた。

こうやってせーちゃんの近くにいて、初めて色んなことを経験する喜びや驚きを
見ることができるのがマミィのご褒美。

f0155522_10505747.jpg


もっとも、このご褒美の瞬間の2時間半は大変だった。
飛行機の中で楽しめるように、新しい塗り絵の本と色鉛筆を
用意してあったのだけどすぐに飽きて、座席から出ようとするし、
テーブルを下ろしたり上げたり、席に立って後ろの人と
Peek a boo(英語版いないいないばあ)を始めたり、
I want to get out. 出たい。
I want to go home. お家に帰りたい。
などと連呼するようになって、理氏も私もへとへとに疲れた。

f0155522_1111939.jpg


この日のご褒美は、前払いだったみたいね。笑


たった4日の旅行の記録を延々と続けてきたけれど、
とうとう今日でタスマニアの写真は終わりでーす。
最後のエピソード。

私達の帰りのフライトは遅く、シドニーエアポートに着いたのが8時半頃。
エアポートの長期駐車場までバスに乗っていったのだけど、
外はもちろん暗いし、雨もざーざー降っていた。057.gif
10分くらいして気がついたらバスは既に巨大な長期駐車場の中。

あまり夜出入りする人がいないらしく、外灯はところどころにあるバスシェルターにあるだけ。

さて、この駐車場まで車を運転して行ったのは私。
そしてその時はまだ明るかった。
駐車場の入り口からまっすぐ行って、左に折れてすぐの所に駐車したのは覚えていた。
急いでいたから最寄のバスシェルターのアルファベットはチェックしてなかった。

だけど、入り口はどこ?

バスは今駐車場のどこを走っているの?

とりあえず降りなきゃ。057.gif

理氏とせーちゃんは降りたバスシェルターで待ってもらって、
私は土砂降りの中、果てしなく広がる暗い駐車場の中をさまよい始めた。057.gif

眼鏡は雨で濡れてよく見えない。057.gif

見渡して遠くに見える道路の位置から入り口がどこにあるのかをようやく把握して、057.gif
入り口の方へ歩いて、そこからまっすぐ行って、左に折れて、057.gif

あった!057.gif

で、理氏とせーちゃんがいるバスシェルターはどこだっけ?008.gif

そして私が車に入って理氏とせーちゃんの所へ戻った頃には
あの大雨がうそのように止んでいた。072.gif

青い山までの道のり、私だけずぶ濡れでございました。


f0155522_11361413.jpg


f0155522_11375486.jpg


f0155522_11413075.jpg



気軽にコメントを残していって下さいね。
はじめての方でも大歓迎です。
応援ポチ↓、よろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村
[PR]
by starofay | 2009-06-18 11:26 | 旅行 | Comments(14)

チキンとブルーチーズソース

f0155522_1041429.jpg


最近すっかり料理の女神に見放されているの。
いつものスーパーに行って、
いつもの食材を買って、
いつもの肉とイモの煮込み料理。

自分のレパートリーに飽き飽き。
やる気も起こらず。はあ~。

誰か、美味しいもの作って食べさせて!

そんな私が先日ほ助ちゃんのブログで見たチキンとブルーチーズソース。


f0155522_10522775.jpg


久しぶりにちょっとわくわくしながら作った。

チキンをソテーしてあらかじめ火が通ったら、
牛乳、又はクリームをチキンの周りにかけて、ブルーチーズを適量入れて溶かす。

まあ、ほ助ちゃんの作り方はもっと手が込んでいるのだけど、
私はかなり手を抜いて作った。

理氏がお皿のソースを一滴も残さずにパンでぬぐって食べていた。

ほ助ちゃんご馳走様。


さっき久しぶりに田口ランディのブログを開いてみたら、
とても良い記事があったので「勉強ができるようになる方法」に
興味のある人は読んでみて。
やっぱりすごい人だ。
[PR]
by starofay | 2009-06-17 11:24 | Poultry | Comments(18)

特別レシピのジェノワーズとヒュオンヴァリー

f0155522_11151631.jpg


このジェノワーズのレシピを教えてくれたのは、皆さんお馴染みの
beautiful young scientist/美しき若い科学者

私はもう何年も同じレシピでシンプルなスポンジを焼いてきたのだけど、
これは、卵黄が多く、ミルクとバターも多めに入っていて
スポンジの味がしっかりと主張しているの。
生地に入れる砂糖が少ない分、デコする前にスポンジに
シロップを塗り、しっとりとさせている。


f0155522_11182166.jpg



私って本当にケーキのデコが下手。涙
パニポポ師匠、今度特訓をお願いします。040.gif


f0155522_11222893.jpg


なーちゃん、一日目に半分以上食べちゃったよ。
そして翌日もジェノワーズがしっとりとして美味しかった。

秘蔵のレシピをありがとう。

それからなーちゃんは、チョコレートハニーケーキを作ってくれました。
とてもしっとりと美味しそうに焼けていて、
ダンナ様が思わず「マカロンより美味しい」と褒めてくれたそうです。爆
「マカロンより」がちょっと余計でしたねえ。037.gif


な研究員ことなーちゃんのアラサー!料理研究@家は、
料理を科学的に分析してわかりやすく説明してくれるとても貴重なブログです。
実際に会う人皆が口をそろえて美しいお嬢さんだと言うなーちゃんは、
いかにも科学者らしく、物事を客観的に観察して判断できる
頭の構造がちょっぴり良い意味で男性的でカッコいい人なの。
是非行ってみてね。


f0155522_1213971.jpg


さて、ようやく残り少なくなってきたタスマニアの写真。
今日はHuon Valleyの景色を、。
理氏がビュンビュン飛ばす車から撮ったの。
奥の丘の方にフォーカスされているので、
手前にあるものがピンボケになってる~。

f0155522_1233322.jpg


f0155522_1243748.jpg


そして、これが今回のタスマニア旅行でカメラに写った唯一の私の写真。

f0155522_1255559.jpg


結婚式にだってせっかくおめかしして行ったのに、
誰も(理氏が)写真撮ってくれなかったのよ。ブツブツ015.gif


気軽にコメントを残していって下さいね。
はじめての方でも大歓迎です。
応援ポチ↓、よろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村
[PR]
by starofay | 2009-06-16 12:07 | お菓子 | Comments(19)