<   2008年 12月 ( 24 )   > この月の画像一覧

大晦日

f0155522_18294590.jpg


My Kitchen

大晦日です。あと数時間で今年も終わり。
今年も色々とありましたが、無事終わることができそうです。

私は大変恵まれた人間です。
ブルーマウンテンの自然の美しさ、この家と庭、家族、ライフスタイル。
その全てに感謝しています。

そして私のブログを訪問してコメントを残してくれた皆さんありがとうございました。
[PR]
by starofay | 2008-12-31 18:41 | その他 | Comments(8)

1キロのスモークサーモンの使い方

f0155522_15195696.jpg


クリスマス前に行ったお店で、スモークサーモンの1キロパックが安売りになっていたから買って来ましたとも。

f0155522_15211399.jpg


最初の晩は、とりあえずオリーブオイルとケイパーズをあえたパスタにたっぷりとのせて大人4人で35%程度食べた。ロボ君でグリルしたナスとピーマンも添えてね。

f0155522_15281691.jpg


昨日パニポポちゃんがアップしたGateau Sale au Saumonは、予告編で見た瞬間に作ると決めたもの。今日のお昼に焼いたよ。でもこれはスモークサーモン50gしか使わないからあまり減らなかった。

f0155522_15295868.jpg


ほうれん草がなかったから畑からズキーニをもぎ取ってきて卸して代用。
ランチに美味しくいただきました。パニポポちゃんご馳走様。

明日はもう大晦日。なのに、私ときたらお正月用の食べ物の用意を全くしていないことに昨日気がついてしまった。
おもちや日本酒やささやかなおせちを用意するには、もう遅い。007.gif
だって日系スーパーは遠すぎる。

今日スーパーでもち米を売っていたらよっぽど自分で搗いてやろうかと思ったけどなかった。
あーあ。
海外生活30年、お雑煮のないお正月は今回がはじめて。
仕方が無いのでスモークサーモンのちらし寿司でも作ろうか。

昨日の朝義父母は10日間滞在を終え南オーストラリアへ向けて車で帰途に。
先ほど無事自宅へ着いたとの連絡がありました。

だいたいいつも一緒にいるのに慣れた頃に別れの時間がやってくる。

義父はやさしくて穏やかで、誰とでもうまくやっていける人。
義母は情熱的で、感情の起伏が激しく、大変濃い性格の持ち主。
海外生活が長いため、古い日本がそのまま缶詰状態になっている私にとって義父は一緒に居やすく、義母は大変神経をすり減らされる存在。

私達が結婚すると報告した時、私のマザーインロウ(姑)じゃなくてベストフレンドになりたいと言ってくれた。気持ちは大変ありがたい。でもベストフレンドにはなりたいからなれるものではない。価値観があまりにも違うから、縁がなければ選んで一緒に時間を過ごす人ではないにしろ、縁あって嫁と姑。彼女の情愛の深さは良くわかるからできればグッドフレンズでありたいと思っている。

私はキッチン以外の場所で彼女が手を出すのは全然かまわない。
私が物干しにかけた洗濯物を、彼女が彼女流にいじってかけなおしても平気。
いつの間にか彼女が物干しから取り込んだ私の下着を含む洗濯物全てにアイロンがかかっていても平気。(彼女はアイロンがけをこよなく愛する)
でも、食べ物に関することではよく衝突した。
衝突と言っても、こーしなさい、あーしなさいと言われて私が絶句することが多かったのだけど。
帰る前の晩、「私は貴方に、私の母が自分によくして腹を立てていたことを何回もしちゃったわね。ごめんなさいね。」とあやまってくれた。
私がもっとできた人間だったら何を言われても笑って上手にかわせたのにね。

うちのダンナも母親は苦手だから10日間食事時以外は目立たぬよう、隠れるように過ごしていた。幸いにもせーちゃんはじーちゃんばーちゃんになついて親愛こもった態度で接していてくれて良かった。

f0155522_16165254.jpg


料理
にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]
by starofay | 2008-12-30 16:27 | Sea food | Comments(8)

Boxing Dayその2

f0155522_656867.jpg


最近、朝日と共にこの子達に起こされる。


寝室のすぐそばに餌箱があるものだから、

空になってるぞー、
はやく朝ごはんちょうだい!とウルサイ。

ボクシングデイの朝もそうやってはじまった。


ブッシュウォーキングの後、大人達はまったりとくつろいで午後を過ごし、
子供達にはジンジャーブレッドハウス崩壊の仕事が与えられた。

f0155522_714443.jpg


さあ、どこからとっかかってやろうか?
与えられた仕事に真剣な態度で向かう子達。

f0155522_7114935.jpg


とりあえず、ジェリービーンズから。

破壊はあっと言う間のことだった。


夕食は、なーちゃんこと研究員さん命名うちのロボ君BBQでソーセージとお野菜を焼いた。

f0155522_719057.jpg


何でこのマッシュドポテトは緑色なのか?

f0155522_7193368.jpg


ブロッコリーを一緒に茹でてブレンダーでポテトと攪拌したのよ。

うちのダンナとお嬢に緑色のものを食べさせる唯一の手段なのである。
[PR]
by starofay | 2008-12-29 07:34 | 野鳥 | Comments(15)

Boxing Dayその1

クリスマスの翌日はボクシングデイ。
なぜBoxing Dayって呼ばれるかって?

知らない。

とにかくボクシングデイは暑くなると決まっている。
昨日も暑かったけど、前日の食べすぎの罪ほろぼしのために客人達を連れてブッシュウォーキングへ。

f0155522_15272958.jpg


場所は、前にも行ったWentworth FallsのCharles Darwin Walk。
ここなら子供でも歩けるし、コースの途中まで車で行けるから年配の方でも大丈夫かと思いきや。

駄目。私はこの坂道を後で登る勇気がない。
 
               と、言ったのは年配の方ではなく私の友人。

結局二人は車に引き返して別行動になった。

残る大人三人と子供二人で小川沿いに歩いて滝へ。

f0155522_15293437.jpg


途中でこういうミニ滝が沢山ある。
昨日は若い観光客が大勢来ていて、暑いものだから靴をぬいで滝の中に入ってシャワー浴びている人が数人いた。

f0155522_15345267.jpg


前にもアップしたけど、小川が大きな滝として消える瞬間。

この絶壁から下を見下ろすと、お尻のあたりがむずむずするほど底ははるかかなた下のほうに見える。

f0155522_15394557.jpg



f0155522_15424352.jpg

崖の上のお嬢

この後、上流の方の穏やかな川でしばし遊ぶ子供達。
f0155522_154718100.jpg


最初のうちはちょっと離れて水を観察。

f0155522_15501868.jpg

すぐにこういうことに。

そして、

f0155522_15512224.jpg


おい!温泉じゃないんだよ。
[PR]
by starofay | 2008-12-27 15:53 | 子育て | Comments(12)

台所戦場

f0155522_14402532.jpg


この4キロの七面鳥の足元にあるジャガイモのローストを見て!
反対側にもあるけど、手前の方だって沢山ありますよね。
このポテト、うちのお嬢が90%食べた。

f0155522_1442177.jpg


ご覧の通り、七面鳥がカーブされる前に大方なくなっています。
そこへまたお嬢の手が伸びている。

よっぽどお腹が空いていて、よっぽど美味しかったのだろう。
当たり前だけど、他のものは一切食べなかった。

七面鳥はオーブンで2時間半かけて焼く予定だった。
でも、例の新しいおもちゃを買ってしまったのでそちらで焼いてみることに。

1時間経過あたりでもうかなり良い匂いが。
1時間半経過でもうすっかり火が通っていた!

胸肉の上に焦げないようにアルミ箔をかぶせてあったからそこだけ白かった。
仕方がないのでオーブンのグリルでちょっと色を着けてからテーブルへ。

ブラインに漬けておいたからジューシーで良い風味。

予想はしていたけど、このクリスマスランチが出来上がるまでに台所はちょっとした戦場だった。相方がプロだったのはわかるけど、こっちだってこだわりがあるから譲れない線がある。
絶対口出してはいけないと誰かにきつく言われていたらしく、「お手伝いするだけだから、貴方の好きなようにしてね。」と何回も言っていた。

にもかかわらず

やっぱりリーダーシップをとりたがる性格なのよね。

まあ、とにかく七面鳥の詰め物とインゲンとにんじんとグレイヴィは彼女に任せて他は全部やらせていただきました。

とりあえず一件落着。

f0155522_14564870.jpg

ハム

f0155522_1503293.jpg

ランチの後プレゼントにもらったシャボン玉セットで遊ぶ子供達。

にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]
by starofay | 2008-12-26 15:04 | Poultry | Comments(9)

It's Christmas

クリスマスの朝です。

いろいろとすることがあるような気がして
朝5時半に起きてしまったけれど、
七面鳥はブライン(ハーブやスパイスを効かせた塩水)に
昨日から浸かっているし、
お菓子類も何か作ろうと思っていたけど、
義母が沢山沢山沢山持ってきてくれたので
どうせ食べきれないだろうと断念。


結局それほどすることはないようなので、とりあえず更新。

f0155522_6175914.jpg


見て!新しいBBQ。
自分達へのクリスマスプレゼントのようなもの。001.gif

早速クリスマス・イブのご馳走にOcean Trout(オーシャントラウト・海で捕れるマスで鮭と同じサイズ)の半身をスモークしてしてみた。

f0155522_6224495.jpg

ずーっと前から自分で作ってみたかったの。

買ってきたのは2.5キロのオーシャントラウト。
これを二枚におろした。

骨付きの方は切り身にして冷凍庫へ。

フィレットの方は塩と砂糖を両面にふって冷蔵庫で数時間なじませた。

BBQにスモークチップと紅茶と砂糖を入れた
スモークボックスを入れて煙が出てくるまで待機。

冷蔵庫から出したフィレットはにじみ出てきた汁をふき取って
ベーキングペーパーをかぶせたフォイルの上に。

それを煙もくもくのBBQへ入れて火力を最低に落として蓋をした。

本当は火を消してレアに仕上げたかったけれど、
義父母が食べれないだろうと思ったなんて思いやりのある嫁。032.gif


15分後に取り出した。


f0155522_639514.jpg



初めてのわりには絶品だったわ。

やっぱり天才ね。037.gif

f0155522_6401796.jpg


デザートはパブロバ。

せーちゃんが全部イチゴを食べてしまわなければ載っているはずだったの。

f0155522_6423541.jpg


メインコースの後はドイツ風にイブの晩にプレゼントを開けた。

f0155522_6461830.jpg


せーちゃんはプレゼントがいっぱいもらえて、
生まれてから一番幸せな夜だったと思うな。


Merry Christmas everybody.
[PR]
by starofay | 2008-12-25 06:58 | Sea food | Comments(9)

チョークとチーズ

f0155522_1850755.jpg


私はわりと無口で言うことがなければ口を開かないタイプ。
一日に最低30分は一人でいれる時間がなければストレスが溜まる。
勉強しなければいけないことは覚えられないけど、人に聞いたエピソードであれば細々なディテールの記憶力が良すぎるので同じ話を聞くのは2回しか我慢できない。3回目には頭をそこら辺の壁にぶつけ始めて、4回目になると自爆する危険がある。

義母はもの凄いお喋りな上に沈黙が耐えられない人。
彼女が体験した全てを誰かに何回も詳しく説明してやっとその体験が自分のものになるらしい。
そして嫁に既に同じ話を何回もしているのを忘れるのか、それとも面白い話だからもう一度聞きたいだろうと思うのか、とにかく繰り返し繰り返しとめどなく話は続く。

こういうのを英語ではチョークとチーズと言う。
全く性格が異なる二人のことを指す。

男の人は、自分の母親と同じような女性と結婚するとよく言われる。
母親が苦手なうちのダンナの場合は、母親とこれ以上違う性格は考えられないという対照的な私と結婚したわけ。

しかし、

しかしだ、

彼の母親はドイツから子供の時にオーストラリアへ移住している。
(スイスとウィーンで料理の勉強と修業をしたのは成人してから)
私もオーストラリアへ来たのは彼女と同じ年齢だった。
来た頃は全く英語が話せなかったところも同じ。

そして二人とも平均的女性の100倍オーブンでものを焼いたり料理するのが好き。

似てないようで、似ている。ちょっと不思議な姑と嫁。

f0155522_18444134.jpg



あゆみちゃんが美味しそうなパンを焼いていたので、成型をちょいと真似して朝食のパンを焼いてみた。
巻いたのはドライフルーツ、シナモン、ピーチジャム、それからアーモンドプラリネ。
いつものことだけど、形はあゆみちゃんのほどうまく行くわけがない。
でも大変美味しゅうございました。

f0155522_18471379.jpg


にほんブログ村 スイーツブログ 手作りおやつへ
[PR]
by starofay | 2008-12-22 18:56 | その他 | Comments(7)

マザー・イン・ロウのクリスマス焼き菓子

前にも書いたけど、うちの義母さん前はシェフだった。特にお菓子作りが好きで、定年退職してからも頼まれればウィーンで習ったヨーロッパ風ケーキを焼いてお小遣い稼ぎをしている。
そんな彼女は、ここ青山にクリスマスに来ると決まってから毎日のようにクリスマス用焼き菓子を焼いていてたらしい。

じゃーん

f0155522_1436519.jpg


シュトーレン 6本(3種類くらいあるらしい)
f0155522_15123478.jpg


バニラ キップフェル 大きなビスケット缶(中国語が書いてあるやつ)に一杯
f0155522_1513761.jpg


ヌス ストゥルーデル・Nuss Strudel 4本
f0155522_15134910.jpg


リンツァートーテ・Linzertorte 大きいの1つ
f0155522_15142356.jpg


ミンスタート 大きな器2つ
f0155522_151561.jpg


ミニクリスマスプディング 6こ
008.gif
f0155522_15153591.jpg


なにしろ車で2日がかりで来るから、日持ちするものばかり。

あ、ありがたく思ってます。

しかし、

多すぎやしないか?
[PR]
by starofay | 2008-12-21 15:25 | その他 | Comments(12)

Gingerbread House

f0155522_152634.jpg


せーちゃんが大きくなるにつれ、クリスマスの準備もだんだんと楽しくなってきている。十数年ぶりにクリスマスツリーを飾ったり、ジンジャーブレッドハウスも作ろうと大分前から考えていた。

ブログ界のスーパースターパティシエのpanipopoさんがあの素晴らしいハウスをアップする前からね。

ジンジャーブレッドハウスを作るのは初めて。型紙も自分で作ったり、工作をしているよに面白かった。

f0155522_15113534.jpg


まずは焼いたものを、アイシングをセメントにして組み立ててみた。

スノーマンはマジパンで作り、グラスチェリーの帽子をかぶせた。

f0155522_15133560.jpg


屋根の上にはさらにアイシングを塗って、パニポポさんのアイディアをお借りしてジェリービーンズをデコレーションに使用。

アイシングがついてみっともない箇所を隠すために粉砂糖を上からかけて雪が降ったように見せようとしたけど、かけないほうが良かったかもしれない。屋根の上の雪の光沢が見えなくなっちゃった。

f0155522_1517428.jpg


せーちゃんは喜んでくれたよ。
[PR]
by starofay | 2008-12-19 15:21 | お菓子

Hot Christmas

クリスマスが近づくと、スーパーの駐車場も混んでくる。

シドニーの大きなショッピングセンターの駐車場は、
12月中旬ともなると戦場と化す。

夏だから暑いことも多いし、道路や駐車場は混み、
スーパーのレジの行列も長く、みんなイライラしている。

Katoombaは、ブルーマウンテン中腹から上服にかけて
一番大きな町で、大きなスーパーもある。

ここの駐車場はいつも簡単に駐車できるんだけど、
今朝はさすがに混んでいた。

それでも山の上だけあってシドニーと比べると
皆穏やかでフレンドリー。

これが山に住んで良かったと思うことの一つ。

スーパーでは、いよいよ七面鳥が並んでいた。
賞味期限を見ると12月31日だったから
今日買っても良かったのだけど、
大きいから冷蔵庫に入らないなあと思い帰宅。

家に帰ってからシドニーから持ってきた
古い冷蔵庫をスイッチオンした。

ここのキッチンには既に大きな冷蔵庫があったから
ロンドリーに入れて使ってなかったけど、
クリスマスは人が来るからドリンクスや
大きな七面鳥をこちらに入れておこう。

今朝は夕べのうち仕込んでおいたバターロールを朝食に焼いた。
f0155522_15505487.jpg


これも母が昔焼いていたレシピ。どうも今ひとつ覚えている母のバターロールとは違う。でもまあまあ美味しい。

母は自分では料理は好きじゃないと言うけれど、他にパンを焼くお母さんはまわりにいなかったと思う。結構頑張っていたんだなあと思う今日この頃。

いよいよ明日です、義理の父母が来るのは。滞在は、1週間程度の予定。
南オーストラリアのバロッサから車で2日かけて孫の顔を見に来る熱心なオーパとオミ(ドイツ語で爺と婆-婆は普通はオーマだけどこの家族はオミと言う)。

明日の午後着く前に集中掃除。

私が得意とする家事は料理だけ。

どうせ着いた翌日から家や庭の掃除を始めるのは分かっている。


前回来た時も彼らが帰るまでに家中ぴっかぴかになっていた。

だから掃除婦が来る前に掃除するような感じ。


あまりにもみっともないところは見せられないからね。笑
[PR]
by starofay | 2008-12-18 16:11 | パン | Comments(16)