カテゴリ:旅行( 88 )

オールドバーで二度目のサンライズ

f0155522_06301190.jpg
オールドバーの友達の家から
ビーチまで歩いて5分ほどの所にあります。

前回泊めてもらった時に観たサンライズが素晴らしかったので、
今回も観に行きました。

f0155522_06410704.jpg
 ビーチでは既にサーファーが一人海に入っていました。

真冬の海に日が昇る前にサーフィンを始めるなんて、
本当に海に取り憑かれているんですね。

f0155522_06440551.jpg
f0155522_06450500.jpg
f0155522_06471776.jpg
f0155522_06475570.jpg
f0155522_06485870.jpg
ここで毎朝サンライズを見続けたい。

カメラも持たず、砂浜に座ってじっと眺めてていたい。


美、愛、ついている、感謝








[PR]
by starofay | 2017-07-17 06:55 | 旅行 | Comments(7)

Coopernook

f0155522_06482864.jpg
ゴールドコーストからの帰り道に途中で
友達家族の家に遊びに行きました。

f0155522_06493395.jpg
2年前に泊まりに行ったことのある友達で、
今も同じ家に住んでいるのですが、
車で20分ほどの所に土地を買ったとのことで
見に連れて行ってくれました。

f0155522_06581452.jpg
海が近いので、淡水と海水が混ざっている川だそうです。

f0155522_06592663.jpg
家は大分古くて、時間をかけてリフォームするようですが、
旦那様は、大工さんなのできっと素敵な家になるでしょう。 

玄関を出てすぐにこの景色があるのですから
素晴らしいですね。

魚釣りはもちろんのこと、カニも獲れるのですって!
f0155522_06490700.jpg
馬も二頭買ったので、
毎日面倒を見に通って、
たまには乗馬もするようです。

楽しそうなライフスタイルだと思いませんか?


楽しい、ついている、愛、感謝


[PR]
by starofay | 2017-07-15 07:06 | 旅行 | Comments(3)

ゴールドコースト

f0155522_10203832.jpg
正直に言いますと、今までゴールドコーストには興味もなかったし、
行きたいと思ったこともありませんでした。

f0155522_10204272.jpg
数年ごとに日本とオーストラリアを行ったり来たりしていた
長年の友人のNさんが、またこちらへ戻っていらっしゃったので、
ブルーマウンテンの寒い冬休み中に
暖かいゴールドコーストまでNさんに会いに行くのが
今回の旅行の第一の目的でした。

f0155522_10211060.jpg
ゴールドコーストは、観光の街で
大きなテーマパークがいくつかありますが、
そういうのが苦手なもので一切行かず、、、、
f0155522_10310166.jpg
そのかわりにNさんのおすすめで水路というか川というか湾?を
普通に道路を走るバスがそのまま船になって浮かぶ
観光バス/ボートに乗って見学しました。

f0155522_10204618.jpg
中央の家は、かのジャッキー・チェンが一目惚れして
欲しくなってしまったという家です。

その時の持ち主に出した第一のオファーも第二のオファーも断れたのですが、
とうとう第三のオファーが受け入れられて
晴れてこの家を購入となったそうです。

買ってから何晩くらい泊まられたのでしょうね?

二日目は、近くのタンボリーン山までちょっとドライブ。

ランチを食べたカフェで、
クッカバラがいました。
f0155522_10483443.jpg
一斉に人が笑うように鳴くので有名な鳥です。

普段は虫とか、ヘビとかを食べる鳥ですが、
ここでは人の残したチップスを食べてました。

f0155522_10485562.jpg
タンボリーン山からの景色
f0155522_10481345.jpg
わかりずらいかもしれませんが、
ここ、野原が急な下りになっていて
ハンググライディングの出発点として
ポピュラーみたいです。
f0155522_10482369.jpg
実際にハンググライダーらしき物を車から出している男性達がいました。

飛ぶところを見たかったー。


ゴールドコーストでは、Nさんに三晩も家族で泊めてもらいました。
毎晩赤ワインで乾杯。
たくさんおしゃべりができて楽しかったです。

ありがとうございました101.png


ところでNさんは、現在独身で、
ゴールドコーストにお住まいか、
ゴールドコーストへ移住しても良いという
素敵な女性を募集中ですよ。114.png



[PR]
by starofay | 2017-07-13 11:01 | 旅行 | Comments(0)

クリスタル城

f0155522_05515894.jpg
バイロンベイから車で30分程の所に
Crystal Castleなるものがあるから
絶対に行かなきゃダメと友達に言われたので
行ってきました。
f0155522_05514940.jpg
非常に残念なことに、デジイチを車の中に置いてきたので
スマホでの写真かありません。
f0155522_05521488.jpg
広い敷地に巨大クリスタルがゴロゴロと設置されています。
f0155522_05520583.jpg
仏陀やらガネーシャやらもあちらこちらに。

縦1.5メートル、横3メートルくらいの
アメシストの祠もありました。

f0155522_05583861.jpg
他にも沢山色んなクリスタルがありました。
できれば空いている日にデジイチを持って
半日くらいゆっくりと過ごしたい場所でした。


美しい、感謝、

[PR]
by starofay | 2017-07-12 06:02 | 旅行 | Comments(3)

冬のビーチホリデー、コフスハーバー

f0155522_16540804.jpg
冬のビーチホリデーから無事帰ってまいりました。
f0155522_16542327.jpg
出発の朝の芝生には、霜が降りてました。
車全体が薄い氷に覆われていて、
本当に車で移動できる範囲に暖かい場所があるとは信じ難い感じ。

f0155522_16571221.jpg
まずは、車で7時間くらい北上してコフスハーバーへ。
ここら辺は、もうバナナが育つほど暖かいリゾート地です。

ちょっとビーチで遊んで、
f0155522_17000226.jpg
f0155522_16584211.jpg
s
桟橋を散歩
f0155522_16583602.jpg
翌日は、ゴールドコーストまで行くのですが、
途中でバイロンベイへ寄り道。

f0155522_17021102.jpg
バイロンベイへは、せーちゃんがまだ私のお腹の中にいた頃に
理氏とホリデーで来たことがあります。

もう12年前!

昔は、ヒッピーやらインド帰りのスピリチュアルな人々が集まる場所として
有名な町でした。

今では、すっかり高級リゾート地。

道路も駐車場も混雑していて
新しいきれいなお店がずらりと並んでいました。

なんだか淋しい〜。


続く


[PR]
by starofay | 2017-07-09 17:07 | 旅行 | Comments(4)

カウラへ

f0155522_19105471.jpg

バロッサから早朝に出発。
朝日が昇ってくるのを見ながら東へ。

気球が見えますか?
f0155522_19111302.jpg
f0155522_19111871.jpg
木綿畑

f0155522_19115407.jpg
一日中車で移動して、暗くなってから
ようやくカウラの町へ着きました。

カウラは、美しい丘が連なる農村地帯ですが、
実は日本人にとって思い深い歴史がある町です。

f0155522_19194271.jpg
そのカウラに着いたのは、オーストラリアの戦争記念日の前夜でした。
f0155522_19193935.jpg
以前、日本人捕虜の墓地にお参りしたことはありましたが、
戦争記念日にカウラの町で目覚めたことに
偶然ではあるにしろ、何かご縁を感じました。

f0155522_19193016.jpg

そんな悲しい歴史があるカウラには、
現在、美しい日本庭園があります。

そのジャパニーズガーデンを見ることが
今回カウラに一泊する目的でした。


f0155522_19193654.jpg
朝から今にも降り出しそうな曇り空でした。

f0155522_19194534.jpg
実際、ガーデンを見終わって中の博物館に入ったとたんに
大雨ザーザー。

降り出す前に見れてラッキーでした☆

それからわずら3時間ほどの道のりを
ドライブして帰途へ。

f0155522_19225239.jpg
f0155522_19225492.jpg
あと一時間くらいでお家に帰れます。



長い旅の記録に付き合ってくれてありがとうございました。


感謝

[PR]
by starofay | 2017-05-17 19:24 | 旅行 | Comments(2)

究極のバーベキュー

まず最初にベジタリアンの方に謝っておきます。







では、肉食の皆さん、

心の準備はできましたか?




バロッサのヴィンテージフェスティバル最後の日の
アルゼンチン風バーベキューです。



会場に着いて、度肝を抜かれました。




f0155522_08452184.jpg
よく見えない?

では、もっとアップでどうぞ。


豚さんのはりつけ
f0155522_08525551.jpg
チキンも、
f0155522_08452779.jpg

頭が付いてないのは羊です。
f0155522_08451270.jpg

これは、ちょうどランチタイムの12時頃の画像で、
前の晩の夜中の2時頃から焼き始めたそうです。

これは大変、と着いてからすぐに並び始めました。
その間、義母はパンをゲット。
f0155522_08454186.jpg
1時間くらい待ってやっと豚のショルダーをゲットしました。

f0155522_08453183.jpg
とってもジューシーで美味しいお肉でした。

でも、こんなものを売ってると知っていれば
お皿に、ナイフにフォークに、
、アップルソースやらサラダなど持って行ったのに!

f0155522_08453735.jpg
今度またこのアルゼンチンバーベキューに遭遇することがあれば
ちゃんと色々用意して行きます。

楽しくて面白くて美味しい貴重な体験でした。

感謝、ついている、愛、許す

[PR]
by starofay | 2017-05-14 09:02 | 旅行 | Comments(6)

シュタインガーテン2017

f0155522_06144978.jpg

義父母を訪ねてバロッサに行く度に楽しみにしているのが、
シュタインガーテンのすぐ隣に住んでいるアイさんとご主人に会いに行くことです。

f0155522_06245132.jpg
                    シュタインガーテンの丘へ続く道
f0155522_06143210.jpg

景色がとても美しいシュタインガーテンは、
アイさんに会う前からバロッサに行く度に
理氏が連れて行ってくれた場所なのですが、
地元でも知らない人が結構多い
知る人ぞ知る秘密のスポットなのですって。


理氏は、子供の頃にこの丘で狐狩りをしたそうですよ。
f0155522_06142433.jpg

そのバロッサでも大好きなシュタインガーテンを
毎日のように散歩しているアイさんとは、
ブログを通して知り合いました。
f0155522_06140187.jpg
                     せーちゃんとアイさん

アイさんは、焼いたお菓子やクラッカーをマーケットで売ったり、
ケータリングやワイン関係のお仕事をしているので、
私にとって興味あることばかり。
いつもインスピレーションをもらっています。

ところでこの写真、羊が見えますか?
f0155522_06141409.jpg
                  シープドッグじゃなくて、オートバイで羊を移動するお隣さん
f0155522_06145475.jpg
                    

f0155522_06135350.jpg

アイさんのお宅でご主人と一緒にワインで乾杯。
今回もとても楽しい時間をありがとう162.png


f0155522_06144458.jpg

美しい、愛、楽しい感謝、ついている

[PR]
by starofay | 2017-05-06 06:33 | 旅行 | Comments(7)

Vintage Festival Parade

f0155522_19105244.jpg
今回のバロッサへの旅は、
二年に一度のヴィンテージ・フェスティバルの時期を狙って行きました。

f0155522_19111307.jpg
南オーストラリア州の都市アデレードから
車で一時間ほど北上した所にあるバロッサは、
主に5つの村/町を連ねる赤ワインで有名な地域です。

f0155522_19105673.jpg
ドイツからの移民が多いため
ドイツの文化が色濃く残っていて
葡萄園に囲まれた土地で夫の理氏は、
ワインメーカーや葡萄園のオーナーの子供達と
一緒に学校に通い育ったのです。


f0155522_19110070.jpg
前回ヴィンテージ・フェスティバルに行ったのは、
まだせーちゃんが小さかった頃で、多分10年前になります。

f0155522_19103922.jpg
私たちがもしシドニーに住んでいて
義父母がアデレードに住んでいたのなら
飛行機で行くのが普通ですが、
ブルーマウンテンからシドニーの空港に着くまで電車を乗り継いで3時間、
空港のチェックインから、2時間のフライト、荷物受け取り、
アデレード空港からバロッサまでの道のりを考えると、
車で行こうか? となるわけです。

f0155522_19104950.jpg
でも実際非常に長いドライブとなるため、
やっと10年後に行けることになりました。

f0155522_19104458.jpg
その昔、バロッサのヴィンテージ・フェスティバルは、
ワインメーカーや葡萄を育て、収穫する人々が
葡萄の収穫が終わり、ワインの発酵が終わったことを祝う祭りで、
主にドイツ系の地元の人々によって地元の人々のために企画されたものでした。

f0155522_19103690.jpg
それが最近は、南オーストラリア州の
大事な観光イベントと注目されるようになり、
イベント企画やマーケティングのプロが都市からやってきて
地元の人達には手が出ないほど高額なディナーや
コンサート等のイベントが大方になってしまったそうです。

だからこそ、このパレードの日は、
地元の人々がはりきって椅子やピクニック持参でやってきて
朝から道ばたに場所を確保していました。

楽しい、ついている、感謝



[PR]
by starofay | 2017-05-02 19:39 | 旅行 | Comments(3)

ビーチからハーンドーフへ

f0155522_16114088.jpg
その日の朝は、曇りで雨が降り出しそうな気配の中
アデレードへドライブ。
f0155522_16214572.jpg
セントラルマーケットをゆっくり歩いて
パンやらおやつを購入。
f0155522_16211572.jpg
それからアデレードから南に一時間ほどドライブしてビーチへ。

ビーチに着いたとたんにお天気が急変して晴天となりました。

f0155522_16114588.jpg
気持ちいいー。

この砂浜の砂は細かくて、地面が結構固いので
車が砂浜に駐車してあったり、走ってたりしました。

ビーチでおやつを食べてからアデレードヒルズの
ドイツ村、ハーンドーフへ。
f0155522_16225396.jpg
ここでは遅いランチをいただきました。
f0155522_16224981.jpg
f0155522_16224505.jpg
いつ行っても観光客で賑わっています。
f0155522_16223973.jpg
近くの街で用事をすませてから
夕暮れの中バロッサへとアデレードヒルズを通って帰りました。

f0155522_16233916.jpg
楽しい、愛、感謝、ついている

[PR]
by starofay | 2017-05-01 16:25 | 旅行 | Comments(2)