カウラへ

f0155522_19105471.jpg

バロッサから早朝に出発。
朝日が昇ってくるのを見ながら東へ。

気球が見えますか?
f0155522_19111302.jpg
f0155522_19111871.jpg
木綿畑

f0155522_19115407.jpg
一日中車で移動して、暗くなってから
ようやくカウラの町へ着きました。

カウラは、美しい丘が連なる農村地帯ですが、
実は日本人にとって思い深い歴史がある町です。

f0155522_19194271.jpg
そのカウラに着いたのは、オーストラリアの戦争記念日の前夜でした。
f0155522_19193935.jpg
以前、日本人捕虜の墓地にお参りしたことはありましたが、
戦争記念日にカウラの町で目覚めたことに
偶然ではあるにしろ、何かご縁を感じました。

f0155522_19193016.jpg

そんな悲しい歴史があるカウラには、
現在、美しい日本庭園があります。

そのジャパニーズガーデンを見ることが
今回カウラに一泊する目的でした。


f0155522_19193654.jpg
朝から今にも降り出しそうな曇り空でした。

f0155522_19194534.jpg
実際、ガーデンを見終わって中の博物館に入ったとたんに
大雨ザーザー。

降り出す前に見れてラッキーでした☆

それからわずら3時間ほどの道のりを
ドライブして帰途へ。

f0155522_19225239.jpg
f0155522_19225492.jpg
あと一時間くらいでお家に帰れます。



長い旅の記録に付き合ってくれてありがとうございました。


感謝

[PR]
by starofay | 2017-05-17 19:24 | 旅行 | Comments(2)
Commented by John.John at 2017-05-18 02:35 x
そんな悲しい事件があった街なのね
その街に、どんな経緯でこんなに美しいきちんとした庭が出来たのでしょ
枯山水の模様を描いてるのは日本人なのかな?
Commented by starofay at 2017-05-20 07:35
JJ兄、
博物館の中には、沢山の日本の美術品や色んなものが揃っていた(鮭をくわえた熊の木彫りも、笑)。
日本とカウラの人々の心が歩み寄ったと感じる素敵なガーデンだったよ。
<< 紅葉の当たり年 究極のバーベキュー >>