クインスペースト

f0155522_06390117.jpg
先月行った果樹園で、クインス・花梨を買ってきたので
クインスペーストに挑戦してみました。

残念ながら、調理する前の花梨の写真がないのですが、
黄色いフルーツで、リンゴの二倍の大きさで
かなり固く、生では食べられません。

切った花梨を少量の水で蒸し煮にして、
ピュレにして、砂糖を加えた状態がこちら。
f0155522_06391460.jpg
これを煮詰めていくと色が濃くなってきます。

f0155522_06391150.jpg
パットに流し込み、冷やすと固まります。

f0155522_06390844.jpg
食感と甘さは、羊羹みたいな感じで、
酸味があります。

これをチーズと食べると美味しいのですよ。


おまけの画像
f0155522_06461785.jpg
裏庭の生デコレーション

f0155522_06455802.jpg
嬉しい、楽しい、ついている、許す、幸せ、

[PR]
by starofay | 2017-04-16 06:48 | 保存食・発酵 | Comments(10)
Commented by sakanatowani at 2017-04-16 08:49 x
花梨を煮詰めて固めてチーズと食べるんだ。おいしそう。
日本だと花梨って喉に良いお酒や飴にする”薬になる実”って感じだけど、海外のお菓子レシピを見ていると、けっこう花梨を使ってるものが多くてびっくりします。花梨って”果物”なんだな〜って。
甘酸っぱいんだ。興味ある〜。
緑の中に赤と青の鳥。本当にきれいだね。
Commented by chocolata* at 2017-04-17 03:50 x
おひさしぶりです!

クインス・ペースト、すご〜くおいしそうな出来上がりですね!こうやって、かおりちゃんは、素材からチャチャチャと手作りしちゃうから、やっぱり、えらい!

たまたま、スペインに来ているので、メンブリージョはすぐ手に入るけど、ホームメイドのメンブリージョはやっぱり、一味ちがうんだろうな・・。

そういえば、旅行帰りにマンチェゴ・チーズと&メンブリージョを買うのを忘れるとこでした。思い出させてくれて、ありがとう!!
Commented by starofay at 2017-04-17 06:16
さかなさん、
花梨の花ってなかなか可愛いのよ。
食べれる物を無駄にしなかった昔の人達がいろんな食べ方を見つけてきたんだと思う。

チョコラータさん、
おひさしぶりー!!!
そういえばはじめてチョコラータさんとブログ上でお会いした時は、スペインに住んでましたよね。
クインスペースト、もしかしたらスペインの食べ物なのかしら?
Commented by Mumちゃん at 2017-04-17 12:12 x
花梨ってさ、名前の可憐さからは想像つかないような
ごつい皮の、ってか皮しかないよーな果物?やんね?
それから、こんな美味しそうなものがぁ
何かを作れるなんてことも思いつかないよ。サスガ!!
Commented by chocolata* at 2017-04-17 20:53 x
かおりちゃん
メンブリージョ(=クインスペースト)は、スペンインの北でも南でも、東西のどの町でもを見かけま〜す。よくある食べ方は「チーズのお供」です。ヨウカンより柔らかくて少しつぶつぶ感のあるメンブリージョのしっとり感と甘味が、ちょっとクセのあるチーズによくあいます。スペインのバルでもよく出てくるマンチェゴ・チーズ(羊乳のハードチーズ)は、それだけをワインと一緒にいただいてもおいしいですが、ちょっとドライ目に仕上げてあるマンチェゴだと、メンブリージョをのせたほうが食べやすいし、シャープなチーズの味とよくあう気がします。

ポルトガル人の友だちによると、メンブリージョは彼女の国でもよく売ってるそうです。ネットで調べたところ、メンブリージョのもともとの意味は「マルメロ」(西洋カリン=クインス)で、マルメロの原産地は中央アジアと書いてあるから、東西の人と物の流通の中でマルメロの木がスペインにもやってきたのかな?

そのままじゃ、酸味が強くて食べられないマルメロ(=クインス)の実に火を通して、甘いペーストにする工夫はどの国で始まったんだろうね??

そんなことを考えてたら、昔々、スコットランドの商人がスペインであやまって船一杯にビター・オレンジを買ってしまって、それを嘆いた時に甘く煮て売り出すことを思いついたって話を思い出しちゃいました。そして、スペインじゃ見向きもされなかった苦いオレンジがブリテンにどんどん輸入されて、オレンジ・マーマレード文化を築きあげているのを見ると、果物の産地とその最大の消費地は必ずしも一致しないんだな〜って。

かおりちゃんのコメントのおかげで、今日はこうして調べてみるきっかけをもらいました。ありがとう!
Commented at 2017-04-17 22:10
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mimi at 2017-04-18 12:13 x
花梨の実にこんな食べ方があるなんて、全く知りませんでした。
チーズに合うのですね〜、食べてみたいです。
今年の秋、花梨を手に入れて、作ってみたいです。
秋に忘れてしまわないように、何処かにメモしておこうと思います。
Commented by きな子 at 2017-04-19 13:40 x
これはお菓子?チーズと食べるからおつまみ?初めて見ました。
花梨ってお酒につけるくらいしか消費できないと思ってました。
何でも無駄なものはないんですね〜。
食べてみたい!
Commented by Emmentalcheese at 2017-04-19 23:34 x
花梨は、ジャムやシロップにするのは知ってたけど、こうしてペーストにもできるんだね。
知らなかった!

チョコラータさんのコメも読みました。 勉強になりましたぁ。

今年のイースターはクリスマス休暇厨二ずっと試験勉強だった娘っちを労って、ベルリンへ行ってきたよ。
あいにく・・・雨+雪まで降ってきて、1日中観光するのには寒過ぎた・・・。
おまけに悲しい過去が感じられる場所は、この天候がさらに追い討ちを打ったようだった。。。

こんな悲しい運命を背負ったベルリンの新しい建物は近代的で、壊れかけた歴史的建物と比較してものすごくそれも力強く感じたヨォ。

山国ねーー!
イースター金曜日は肉は食べないよぉ。
サーモンや他の魚を食べる日。
でも、日曜日や月曜日のブランチなどは、羊の足のグリルがとっても有名!

かおりさんちは? 何食べたノォ?
最近、焼かなくても、ホットクロスバンズが売り出されてるよぉ。 ちょっと時間がないときは嬉しいーー!
Commented by starofay at 2017-04-27 09:17
マムちゃん、
煮てみると皮は実はそんなに厚くなかったよ。
ただ、生の状態で切るのが結構大変。固いの!

チョコラータさん、
マルメロってクインスのことだったんだ!
昔の人は食べられそうなものは決して無駄にしなかったってことね。ああ、またスペインに行きたいな。

鍵クマさん、
娘ちゃんのお名前、可愛いですね。

ミミさん、
二つの実で、結構沢山できましたよ。
せっせと人にあげないと、食べきれません。笑

きな子さん、
そうそう、チーズとクラッカーにのせて食べるおつまみですよ。

エメンタールチーズさん、
ドイツは数回行ったことがあるけれど、ベルリンはまだなの。いつか行ってみたいな。
イースター、うちはフライデーにサーモンを食べて、日曜にラムのローストを食べたよ。
<< Barossa 晴れた秋の日曜日 >>