My Brilliant Friend

My Brilliant Friend: Neapolitan Novels, Book One

Elena Ferrante / Europa Editions




今世界の文学界で話題になっており、
私の周りで読んだ人全員が絶賛するイタリアの小説。

図書館での順番待ちもすごいことになっており、
とうとう買ってしまいました。

町で一番のお金持ちがようやくテレビを買えるようになった時代の
ナポリの労働階級者が住む一角で、
二人の少女が友達になる。

My Brilliant Friendは、三部作の一作目で、
リラが16歳で町一番の金持ちと結婚するまでの二人の少女期。

ブロンドで可愛いくて学校の成績の良いエレーナと
野性的で攻撃的で、頭がずば抜けて良いリラ。

二人の友情は、深く濃いが、
お互いに嫉妬の対象でもある複雑な関係だ。

この第一作目は、これから一悶着ありそうだという
不吉な予感とともに終わります。

非常に面白くて引き込まれたのですが、
二作目を読むのが怖いです。笑


作家のエレーナ フェランテという名はペンネームで、
作家が誰なのか知っているのは出版社のみ。

英語に訳した翻訳者も作家に会った事もなければ
名前も知らないという謎に包まれた人物であります。

考えてみればイタリア語が原作な小説なんて
あまり読んだ事がありません。

きっと滅多に英訳(和訳)されないだけで、
面白い小説が沢山あるのでしょうね。

これだけ海外で売れているので、
日本語版が出るのも時間の問題だと思いますよ。

愛してます
ついている
うれしい
楽しい
感謝します
しあわせ
ありがとう
ゆるします

ごめんなさい
許して下さい

美味しい〜(by JJ)


Be safe and have a good day!
[PR]
by starofay | 2016-05-13 06:53 | 読書 | Comments(5)
Commented by Mumちゃん at 2016-05-13 10:19 x
作家を謎の人物にする、売り方も上手いね!
でも、本が面白くなければ、外国語に翻訳までされないから
実力もあるんだろうけど。
イタリア語から日本語に小説を面白く翻訳できる人って、どのくらいいるんやろ?
Commented by morinokochaorin at 2016-05-14 22:53
そっか。和訳が出るといいけどな。この前の農場の本読んだよ。好きな本でした。
Commented by sakanatowani at 2016-05-15 09:45 x
ちょっとご無沙汰してました〜。
ゆっくり(でもない?3週間じゃ、もうちょっとって感じだった?)日本に帰って、リフレッシュできたのね:-)
やっぱり「場所を変える」のは、いちばんの気分転換になるよね〜。

ほほ〜、イタリアの小説なんだ。しかも人間模様・・・。10数年の滞在を経てもよくわからないものがあるので興味深くもあり、でもどっぷりと知っている部分もあるので読むのが怖くもあり。ふふふ。
あの(私にとっては日本人とはまた違った)独特の感覚。これはイタリア語で読んでみたいなあ。

世界的に有名で、実はイタリア語が原作っていうのもけっこう読んでいたりしない?
ウンベルト・エーコ Umberto Ecoとかジャンニ・ロダーリ Gianni Rodariとか。ロダーリは子ども向け作品も多くって、楽しいよ〜。イタロ・カルヴィーノ Italo Calvinoもイタリアの国民的作家で翻訳も多いんじゃないかな。
イタリアにいた頃、スザンナ・タマーロ Susanna Tamaroの『心のおもむくままに(英題 Follow your heart)』を勧められて読んで、いろんな意味で心にずしっとくる話だった覚えがあるよ。そのあと図書館で見つけた子ども向けでもある『トビアと天使』(どうやら英訳はないみたい)を読んだよ。彼女はいつも、家族・人間関係がテーマみたい。
機会があったら読んでみてね。
Commented by John.John at 2016-05-15 16:57 x
日本語版が出るのを期待するわ~
Commented by at 2016-10-21 18:16 x
やっと図書館で借りてきました。
いつも何を読もうか迷ったときに参考にさせていただいています。
<< 冬支度 2016紅葉 >>