every day

Every Day

David Levithan / Ember



先日書評をアップしたばかりですが、
昨日読み終わったこの本、
最近読んだ中で一番面白かったのでさっそくお知らせします。


Aは、毎朝違う16歳の人間として目覚める。

ずっと赤ちゃんの頃から毎日毎日違う身体の中で
目覚めてきたのだ。

朝起きる時は、自然に目覚めることもあれば
その日の人物の母親に起こされることもある。

Aは、その日によって男性であったり女性であったりする。

全く知らない人として目覚めても
すぐにその人の記憶にアクセスして
一日その人として生きるために
最低限必要な情報、
例えば名前や家族の境遇、
学校のことや友達のことを知ることができる。

Aは、ずっとできる限りその日の人物の
人生を狂わせたり健康を損なわないようにやってきた。

リアノンと出会うまでは。

ある朝Aは、16歳のジャスティンという
ルックスは良くても性格の悪い男の子として
彼のガールフレンドと学校をさぼって海に行くことになる。

そこでAは、恋に陥ってしまう。

それからの日々は、その日の人物の人生を乗っ取って
リアノンに会いに行くようになるのだった。

とても面白くて、読み終わってからもしばらく
心に残るストーリーでした。

和訳は、まだのようです。

難しい英語ではないので、チャレンジしてみませんか?

個人的採点:4.5★

応援クリックよろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

ありがとう 056.gif


愛してます
ついている
うれしい
楽しい
感謝します
しあわせ
ありがとう
ゆるします

ごめんなさい
許して下さい

美味しい〜(by JJ)


Be safe and have a good day!
[PR]
by starofay | 2015-10-20 09:16 | 読書 | Comments(3)
Commented by Mumちゃん at 2015-10-20 12:13 x
うん、うん、確かに面白そぉ
和訳出るかなぁ
気長に待ちます(笑)
か、かおりさん訳してよ(^^)/
Commented by sakanatowani at 2015-10-21 09:14 x
その子に会ってからも、「彼」は毎日別のひととしてその子に会いに行くわけか〜。その子は毎日新しい知り合いと会うわけね。で、その「彼」の体はあるのかな?それとも「彼」は意識(?)だけの存在?・・・
いろいろ想像すると、頭がごちゃごちゃしてくるけど、気になる〜。どんな物語になってるんだろう〜。
Commented by starofay at 2015-10-21 15:50
マムちゃん、和訳出るような気がする。
だれか雇ってくれるなら喜んで訳するんだけど。

さかなさん、
彼には体がないの!
かわいそうよねぇ。
<< 日本語のあやしい異人さん バルコニー菜園 >>