ポート・スティーブンス:トマリー山

f0155522_1039373.jpg



皆様、右に見えますのがショール湾で、
左に見える手前の砂浜がゼニスビーチでございます。


ショール湾からゼニスビーチに出ようと思って
散歩にでかけたのですが、
ビーチに出ると思った小道が
この⬇の写真の右側に見える山頂に登る道だったという、、、、

f0155522_10402678.jpg


そんなに高い山ではないのです。

でも、ビーチに行くつもりで
ビーサンを履いていたせーちゃんが
まさかの登山をさせられていると気づいた時、

かなり猛烈に怒っていたそうです。

f0155522_1040870.jpg

                  ストライキ中のお嬢

母親は、遅れがちなせーちゃんを
理氏に託してさっさと山頂に登っていたのです。


まさか理氏がせーちゃんを山頂まで登らせることに
成功するとは夢にも思っておらず、
彼等が現れた時は、びっくり!

せーちゃん、すんごい怒ってました。


そりゃあね、ビーサンで登るのは大変だったと思います。

f0155522_12543526.jpg


でもせっかくここまで登って来たのだから
このきれいな景色を楽しまなきゃ損だよー。

f0155522_10394531.jpg

               ショール湾の町並(村並?)


とにかくすごい360℃のパノラミック景色です。

f0155522_10394790.jpg


細い砂浜をたどれば島まで歩けそうですね。

f0155522_10394938.jpg

                   
大きな波が来たら危なさそうですが。

晴れた日ならさぞかしきれいな景色だったと思われます。
f0155522_10394059.jpg


あちらに見える島も(上から2番目の写真の左に見える島)
f0155522_122995.jpg


サンドバー(細い砂浜)でつながってますね。
f0155522_10395855.jpg



いつかまた訪れて晴天の日に
登って写真を撮りたいです。

理氏は、翌朝の日の出を見に
一人で登りに出かけました。


続く
応援クリックよろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

ありがとう 056.gif


愛してます
ついている
うれしい
楽しい
感謝します
しあわせ
ありがとう
ゆるします

ごめんなさい
許して下さい

美味しい〜(by JJ)


Be safe and have a good day!
[PR]
by starofay | 2015-08-18 12:42 | 旅行 | Comments(6)
Commented by Mumちゃん at 2015-08-18 16:32 x
せーちゃんと同じく、途中でストライキおこすね、ワタしゃ(^^;
それよりも、サンドバーを渡ってみるほうを選びたい
縦移動は苦手・・・
でも、見晴は断然、縦移動が勝るよね
Commented by mimi at 2015-08-18 22:31 x
素敵な旦那様、同窓会ではなく家族旅行を計画してくれるなんて。
素敵な所ですね。
高い所があったら登りたくなりますよね^ ^
ビーサンでせーちやんも頑張りましたね。
Commented by janto at 2015-08-18 23:00
こんばんは♪
ため息が出そうな美しい景色ですね。
せーちゃんも、怒っていたこと、忘れたんじゃないですか?^^
私も、何年か前、夫に連れられて、山に登ったことを思い出しました。
途中、あまりの苦しさに怒りながら登ったけれど、頂上の美しさに感動したことを・・・

理氏を褒めてあげてください(笑)
Commented by sakanatowani at 2015-08-19 06:49 x
せーちゃん、ストライキしちゃうんだ。ぷぷぷ。
でも頑張って登ってよかったね〜。だって、こ〜んなに綺麗な景色が見られたんだもの!
そうか、同窓会の代わりに家族旅行だったのね。読み間違えてた。
日常に「楽しい」が入るとすっごくエネルギーがわくけど、それを家族にもって思えるなんて、なんて素敵なことなんだろう。
景色って、しばらくすると忘れてしまうものも多いけど、何十年たってもふっと思い出すものもあるよね。
この景色も、そういう景色になるだろうね。
せーちゃんにはビーサンで山を登ったハードな思い出も一緒にね(笑)
Commented by John.John at 2015-08-19 14:13 x
ビーチに行くつもりがこんな絶景を見られるなんて!!
せーちゃんは可哀想だったけれど
なんてラッキーな♪
Commented by tantan_quelle at 2015-08-21 07:30
素敵な所ですね~!
写真を見る限り登山道はきれいに整備されていますがそれでもビーサンでは登りにくかったのでしょうね。
もし足が痛くなっていたら私も怒ってかなりブーブー言うタイプです。
上まで登ってこの綺麗な景色を眺めたらせーちゃんのご機嫌は治ったでしょうか?
私も登ってみたいし、写真のサンドバーも歩いて渡ってみたいです。

オーストラリアドル:ユーロの換算レートを見ていませんが600ユーロと想定し、夫に理氏のような輝かしい栄光がないと思うので中国留学時代の同窓会か日本留学時代の同窓会がドイツ国内のどこかであると想定し、行くかどうか聞いてみたところ、「国内で600ユーロ?うーん…じゃあ、電車で行く。」と。なるほど…
大きなオーストラリアではそういう選択肢はないですものね。
次の同窓会がいつあるか分からないのに同窓会を諦め家族旅行をプランされた理氏はお優しいですね♡
せーちゃんが怒りつつもビーサンで山を登りきったことを含めみんな良い思い出ですね◎
<< ポート・スティーブンズの朝日 ポート・スティーブンス >>