性格の悪い音楽家達

f0155522_515033.jpg



寒くなって来ました。

マーリンは、常に家の中で最も暖かい場所を求めています。


あまり居心地が良さそうには見えないけれど、
それでもせーちゃんの腿の上の方が
少しは暖かいのでしょうね。

f0155522_5392914.jpg





私が今まで弾いてきたピアノの音楽は、
バッハ、モーツァルト、ベートーベン、ショパンなど
定番のものが多かったのですが、
最近ドビッシューの魅力にはまっています。

注:実はほぼ独学なので、全然上手ではありません。


ドビッシューの音符の並べ方は、
それまでの古典派やロマン派とは
作曲に対する根本的な何かが確実に違うように思います。

そこまで独自の新しい音楽の世界を造り上げることができた
ドビッシューは、間違いなく天才だったのでしょう。

でも、彼の人生についてちょっと読んでみると、
かなり難しい性格だったようですね。

バッハ以外の音楽家達は、
皆不健康で、性格にも問題があり、
長生きできなかった人達が
多いように思います。


なのに彼等の残した音楽は、
心を揺さぶるほど美しい。


音楽に全てを捧げたからこそ
身体をこわし、短命で、
人間関係も破壊的なところがあったのでしょうか。




応援クリックよろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

ありがとう 056.gif


愛してます
ついている
うれしい
楽しい
感謝します
しあわせ
ありがとう
ゆるします

ごめんなさい
許して下さい

美味しい〜(by JJ)


Be safe and have a good day!
[PR]
by starofay | 2015-04-25 05:37 | その他 | Comments(6)
Commented by ママン at 2015-04-25 12:00 x
マーリン、膝からはみでてますけど 笑
かおちゃんはピアノも弾けるのね。ほんとに多才
Commented by Mumちゃん at 2015-04-25 13:04 x
ぷぷっ
しかも、きっと足先が冷たいんやろね、
ムリやりコンパクトに足を膝の上に折りこんでる(笑)

音楽家は短命やのに、画家は結構長い生きな人が多い気がするね
恵まれなさ度は同じなのに、なんでやろね?
Commented by coo at 2015-04-25 23:26 x
こうしてみると、マーリン大きいね(^-^)

私もピアノ習ってた20位まで。
けど、もう楽譜も読まれへんわ(笑)
Commented by Amadeus at 2015-04-27 01:38 x
はじめまして (以前 一度コメントさせて頂いた様な気がしますが 改めて)(^^)。
お料理をはじめ 読書レヴューなど、いつもブログを楽しませて頂いています。
ピアノのレッスンを再開された記事もチョッと前に拝見しましたが、現在 Debussyのarabesque no.1 に独学で取り組んでおられるとは、感心しました。Debussyをはじめ、音楽家はほぼ皆自営業ですから、金銭的な問題で世間の荒波に揉まれた終末、幸せとは程遠い境遇の中に終わるのが一般的かと察します。残念ですが、現実は厳しい(泣)。でも、この様な美しい音楽を後世に遺してくれた作曲家たちに感謝しながら ピアノを楽しみましょう。Clair de Lune と並んで、Arabesque 本当に名曲ですね。
Commented by なないろ at 2015-04-27 09:57 x
こんにちは^^
ドビュッシーに関する記事だったので思わず・・・。

わたしもドビュッシーの美しい曲が大好きです♪
子供の頃、「月の光」や「亜麻色の髪の乙女」を聞きながら眠るのが至福の時でした。
子供の頃は、純粋に自分の感性だけで音楽や絵画を楽しんでいましたが、大人になって画家や作曲家の人物背景を知ることができるようになると、たしかに複雑さに驚くことが多々です。。。ね。

「心を揺さぶるほど」って、ほんとにわかりますー^^



Commented by starofay at 2015-04-29 06:00
Amadeusさん、
娘のピアノのレッスンの最後の5分くらいに先生に教えてもらっています。アラベスク、左と右のリズムが違うところが私にはとっても難しいです。
ドビッシューの連弾Petit Suiteを何回も聴いているうちにドビッシューの魅力にはまってしまいました。弾けるのは、最初のen Bateauの片方だけですが。

なないろさん、
そうですね、画家や音楽家を始め芸術家は大変な人生が多かったようですね。深い感受性とも関係あるのでしょうね。
ドビッシューを聴いて、ひさしぶりに心を揺さぶられました。
<< 嵐、のち雹 後ろ姿・美 >>