Lincoln's Rockの夕陽

f0155522_9414257.jpg


甥っ子は、スクールホリデーの度に
ここで夕陽を見るのを楽しみにしています。


夕べの夕陽は、ちょっと雲に隠れていたけれど、
それでもここで日が沈むのを待つのは、
荘厳な気持ちがします。

f0155522_9423788.jpg


ただね、そういう所に座られると
おばちゃんが怖いから
はやくこっちにおいでよ。

f0155522_9463817.jpg


この後フィッシュ&チップスを買う予定だったのに、
お店がお休みでがっくり。

仕方がないのでスーパーに
夕飯の材料を調達するためにお買い物に行きました。

f0155522_9415469.jpg


今日から金曜までシドニーに行きます。

でもね、八重桜と藤が咲き始めているのに、
留守にするのがちょっともったいない気分です。



ランキン急上昇中。応援クリックありがとう。

               人気ブログランキングへ

Thank you. Love xx 056.gif


愛してます
ついている
うれしい
楽しい
感謝します
しあわせ
ありがとう
ゆるします

ごめんなさい
許して下さい

美味しい〜(by JJ)


Be safe and have a good day!
[PR]
by starofay | 2014-10-01 09:48 | ブルーマウンテンの景色 | Comments(10)
Commented by harumski at 2014-10-01 10:09
甥っ子くんもせーちゃんもなんだかずいぶん背が伸びましたね!
春だからかな??2枚目からの写真の岩が雪がかぶったようにみえるのはこれから冬に向かっていく北半球に住んでいる人間が見るからでしょうか。。。
↓経済的に大変なのに踏ん張って明るく楽しく生活できるようにするって本当に大変なこと。。。そういうときに回りに感謝したり自分が置かれてる立場に感謝したり、明るく生きる、ってほんと難しいのに、かおりさん、偉い!私も見習って頑張る!
Commented by ママン at 2014-10-01 10:41 x
写真見ているだけでもはらはら~!本人は怖くないの?
シドニー楽しんできてね。
Commented by John.John at 2014-10-01 11:41 x
何年も写真を見てると子供たちが成長してるのに驚くね
シルエットが大人っぽくなってきてる

八重桜の時期に留守にするのは本当に惜しいかも
でもシドニーは楽しそう
Commented by Mumちゃん at 2014-10-01 14:45 x
足の指先がゾクゾクするね
でも、実はそれが嫌いじゃないのよん

桜&藤、まっててくれるといいね!!
Commented by tantan_quelle at 2014-10-01 17:24
休暇の楽しみがここから眺める夕陽だなんて子どもでも自然に魅せられるのですね。甥っ子くん、いいなぁ!
ちょっとふざけたら大変なことになりますよね。
写真で見るだけでヒヤリとしてしまいます。
Commented by sakanatowani at 2014-10-01 20:09 x
さ、最後の写真・・・ひゃ〜!!!(←高所恐怖症)
ふふふ、桜をおいて行くのが惜しいって、わかる〜。
今こちらは金木犀の季節。
毎朝、自室のドアを開けると、階段側の窓からふわ〜っと香ってきて、1日中ほのかな香りが家中に。
この時期は、近所を歩くにも、金木犀があるところ、あるところって歩いちゃう。香りを残さず全部吸い込みたい!(笑)
今頃シドニーで楽しんでるんだね。
Commented by ぺるしゃん at 2014-10-01 21:59 x
こんばんはぁ。

青みがかった色がきれいですね〜。
なんだか神秘的です。

甥っ子さん、ほんと大きくなりましたね〜。
成長期でしょうか?

シドニー、楽しんでくださいね〜。
Commented by janto at 2014-10-01 23:06
きれい・・・言葉にならないくらいです。
でも、私も怖くて鳥肌が立ちそうだから、そんなところに座らないで・・・って言います!(笑)
八重桜と藤・・・・春なんですね~^^
Commented by わか at 2014-10-02 12:15 x
心が洗われるようなお写真に感動と感謝。
落ち込みがちになりそうな気持ちをグッと持ち上げてくれます。↓の花梨や杏子のおはなもきれい・・お花の香りまで届きそうだよ。
ありがとう~!!
Commented by starofay at 2014-10-03 08:27
わかさん、
落ち込みがちに、、、、
こちらの春のエネルギーがそちらに届きますように。
<< Bastard of Ista... 100km チャレンジ >>