Dying to be me

Dying to Be Me: My Journey from Cancer, to Near Death, to True Healing

Anita Moorjani / Hay House



喜びから人生を生きる! ―臨死体験が教えてくれたこと

アニータ・ムアジャーニ / ナチュラルスピリット




アニータは、インド人の両親の元に
シンガポールで生まれ
幼いころから香港で育ち、
大人になって結婚してからも
ずっと香港に住んできた女性です。

両親の宗教は、ヒンドゥーでしたが
キリスト教の学校に通ったこともあります。

そんな彼女は、父親や親友が癌で亡くなったこともあり
癌を大変恐れていました。

そして彼女にもある日癌が宣告されてしまいます。


彼女は西洋医学はもちろんのこと
インドの伝統的なアユールヴェーダ、
ナチュロパシーや漢方にも頼って
何とか癌を克服しようとしましたが、
4年間の闘病生活の後、
とうとう身体が癌に負けてしまい
昏睡状態に陥り、
ドクターからあと数時間の命と言われました。

ずっと長い間、身体の痛みと恐怖に耐えてきたアニータは、
昏睡状態になってから、自分の周りの様子がはっきりと見え、
明瞭な意識があり、
しかも今までの痛みや恐怖から解放されて
とても幸せで楽な気持ちになっていました。

そして確実に死に向かう道のりは、
至福で愛に包まれていたのです。

愛する夫や、母親の悲しみ、
昏睡状態の彼女のそばに立つドクターの言っていること、
彼女が昏睡状態に陥る前に虫の知らせで
すでにインドから飛行機に飛び乗っていた弟の様子、
彼女には世界のどこでも何が起こっているかわかり、
今まで全てのことを理解し、
なぜ彼女が癌にかかったのかもわかり、
何よりも自分が愛に包まれていて
彼女の存在が愛そのものだということを
感じ、悟ることができました。


そして全てを理解できたため
自身の身体に戻れば全快できることもわかりました。


それでもこの次元に戻るより、
そのまま進む方が魅力的にも感じたのです。

結局彼女は戻ることを決心して
帰って来ました。


アニータが亡くなると確信していたドクター達は、
ただ彼女の意識が一時的に戻ったと思ったようですが、
それから彼女はどんどんと回復していき、
ドクター達がどんな検査を重ねても
癌のかけらも見つけることができなかったのです。


アニータが臨死体験で悟ったことは、
私たち全員の存在そのものが愛であること。

神は私たちと別個の存在ではなく、
私たちの中にあるものであること。

私たちが生まれてきた理由は、
一人一人の個性を光らせるためで、
誰かに言われた通りに生きるためではないこと。


彼女が癌にかかった理由は、
彼女の癌に対する恐れや、
複雑な文化の混ざり合いの中で育った混乱、
そしてインド人の女性として強いられてきた
価値観や生き方によるもののようです。

そして彼女が自分を真に愛し、
それまでに歪んだ考え方に気づき、
死を恐れる必要が全くないことを知り、
自分の個性を生かし、
楽しく生きる決心をすることによって
癌が消えていったのです。


アニータは、世の中の色んな健康療法の考え方が
根本的に違い、違うことを教えていることも
臨死体験前の彼女の混乱の原因と考えています。

アユールヴェーダ、ナチュロパシーと漢方が
食べて良いもの悪いものと教えているものが違うのです。


現在の彼女は、好きなものを感謝しながら
楽しく美味しく食べるようにしているそうです。

アニータの経験は、貴重な教えを
今を生きる人たちにもたらしてくれてくれていますが、
だからと言って今癌にかかっている人が全員
簡単に救われるわけではないと思います。

それでも常に何かを恐れながら生きている人、
価値観のギャップの間で混乱している人、
敷かれたレールの上を疑問を持ちながら歩いている人、
自分を愛することができない人、
あるいは自分を愛することは罪だと信じている人、

そんな人々に希望をくれるメッセージなのではないでしょうか。



私は今まで二人の臨死体験者に会ったことがあります。

彼女たちの話を聞いて思ったのは、
二人の体験が良く似ていること。

そしてアニータの経験もその二人の体験に似ています。


一時は、臨死体験に興味を持ち、
色んな本を読んでみました。

こういう話を聞いたり読んでみると
しばらくの間は心の中に灯がついたように感じますが
時間とともにその光はだんだんと暗くなっていくものです。

今回アニータの本を読んで
薄暗くなってきた場所がまた
ぱっと明るくなったような気がしました。



Nさん、読みました!
薦めてくれてありがとうございます。

応援クリックよろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

ありがとう 056.gif


愛してます
ついている
うれしい
楽しい
感謝します
しあわせ
ありがとう
ゆるします

ごめんなさい
許して下さい

美味しい〜(by JJ)


Be safe and have a good day!
[PR]
by starofay | 2014-01-26 17:16 | 読書
<< 秘密のパラダイス・プール ズキー二とツナのスライス >>