All Over Creation by Ruth Ozeki

All Over Creation

Ruth Ozeki / Penguin Books



先月、ラジオを聴いていると
一時間のインタビュー番組が始まりました。

インタビューされていたのは、
アメリカ人のルース オゼキという人でした。

お母さんは日本人、
お父さんがアメリカ人、
オゼキさんは、アメリカ育ちのハーフです。

彼女は、作家であるだけではなく
Zen Buddhist Priest 禅仏教の指導者(?)でもあります。

話しを聞いていると頭が良くてユーモアがあって
とても素敵な人だったので
本を読んでみたいと思っていると、
数日後に立ち寄った古本屋で彼女の本を見つけ
即買い。

さっそく読んでみました。


もう、これが面白いんです。

テーマは、アメリカの農業、
遺伝子組み換えの作物とか
家族の問題とか結構重いのですが、
笑ったり、怒ったり、泣いたり、
また笑ったりして大変読み応えがありました。


この本は和訳されてないようですが、
イヤー オブ ミートと
短編集に彼女の作品も出ているようです。

いずれ彼女の他の本も全部読んでみたいと思いました。



ブログをお持ちでない方、質問がある方にはこちらで、
ブログをお持ちの方へのコメレスは、そちらでさせて下さいね。

応援クリックよろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

ありがとう 056.gif


愛してます
ついている
うれしい
楽しい
感謝します
しあわせ
ありがとう
ゆるします

ごめんなさい
許して下さい

美味しい〜(by JJ)


Be safe and have a good day!
[PR]
by starofay | 2013-10-01 07:29 | 読書 | Comments(2)
Commented by mimi at 2013-10-01 08:40 x
面白そうな本ですね!
以前、かおりさんが紹介していたドラゴンタトゥーの女、映画をみました。原作も読みたいです。
かおりさん、凄いよね、毎日工夫したお料理を作って。せーちゃんが、なんでも食べられるようになると 良いですね!
綺麗な公園、おんぶしていた子が元気に走っているとうれしいですよね!
Commented by yukaffe at 2013-10-01 10:05 x
久しぶりに立ち寄ってみたら、Ruth Ozeki さんの記事!
1時間のインタビュー番組があったんですね。
私も聴いてみたかったな♪
今年発売の A Tale for the Time Being という彼女の本は、
ブッカー賞の候補リストにあがっているそうです。
良かったら読んでみてください!
<< セミ異常発生 晴れた日のシドニーハーバー >>