旅立ちと指先のタコ

旅行記はちょっとお休みして、
今朝は、一分で感動を読んで思い出した思い出の音楽の話しなど。

松山千春さんは、私がまだ北海道にいた頃にデビューした人です。
だけど、彼の音楽を初めて聴いたのは
オーストラリアに来てから数年経った
ハイスクール高学年の頃だと記憶してます。

日本を出る前に買ってもらったギターには、
すごく固いスチールの弦が付いていて、
渾身の力で押さえつけなければ音が出ませんでした。

初歩のギターという本を見ながらの独学ですから
最初はすぐにギブアップしてたのが、
ようやく練習する気になったのは、
「旅立ち」を弾きたかったから。



おかげで私の左手の指先はヒリヒリと痛み、
腫れて皮が剥けたりしても練習するうちにタコができました。


旅立ちは、今でも楽譜を見なくてもコードを覚えているくらいですが、
問題は松山千春さんの声が高過ぎて、
Emで始まると肝心のコーラスのところで声が届かなくなることです。

やわらかいスチールの弦に取り替えることが可能だとか
カポを使うとか、コードを数トーン下げれば良いとかは、
大分後になってわかったことでした。


もう一人北海道出身のミュージシャンで
若い頃の私に大いに影響を与えてくれたのが
中島みゆきさんです。

ギターを弾くきっかけになったのは旅立ちですが、
いつも弾き語りをしていたのは
中島みゆきさんの曲が多く、
今考えてみれば、心の師匠的な存在だったのですね。

松山千春さんと中島みゆきさんの音楽は、
北海道出身でなくても大好きになったと思いますが、
それでも二人と同じ所から来たというのは
ちょっと嬉しい事実かもしれないです。


どんなに海外での生活が長くても
主にクラシックやジャズしか聴かなくなっても

心の奥深くでは、今でもフォーク(当時のニューミュージック)が
流れているらしい蒼い山の主婦に


応援クリックよろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

ありがとう 056.gif

でも、指先のタコはもう消えちゃった。


愛してます
ついている
うれしい
楽しい
感謝します
しあわせ
ありがとう
ゆるします
美味しい〜(by JJ)


Be safe and have a good day!
[PR]
by starofay | 2013-01-11 06:12 | その他 | Comments(12)
Commented by hiro at 2013-01-11 08:20 x
千春は同い年^^;(思いっきりばれますが・・苦笑)
みゆきさんは、ちょっと上。
もちろんギターを抱えた世代!!!指のタコ!わかる~~。
今もそばにギターはありますよ。ぼろぼろになってるけど。それでも時々弦を換えようかって、今はすご~く安価になったマーチンの弦を買いに行くのでした^^
カラオケ行けば、暗いと言われようがなんだろうが、みゆきさんははずせないです。で、この年代の歌を聴いていると不思議と元気が出るのです。どっぷりフォーク世代ですから、マニアックにも六文銭も好きでした。今スチール弦のギターでというと、押尾コータローさんが好きです。とても弾くことはできませんが・・。
Commented by John.John at 2013-01-11 09:36 x
松山千春さん、この頃と今は見た目もすごく変わったのよ
友人のお母さんが、40歳でご主人を亡くして
辛い時聞いてた松山千春さんのラジオに救われたと言ってて
今でも、彼のコンサートに行くけど、チケットがなかなか取れないの
根強い人気よね
Commented by Kay at 2013-01-11 12:55 x
すごく流行ったよね~。中島みゆきは好きじゃなかったなぁ~。ゆーみん派だった。
Commented by Josh&Kai'sMum at 2013-01-11 12:58 x
クラシックじゃなくても、いいものは、いつまでも歌われ奏でられるんだよねぇ
日本語を大切にしてる歌詞なんだろうな
Commented by わか at 2013-01-11 14:55 x
どっぷりフォーク世代です。今聴いても心の奥底を揺さぶる。千春もみゆきも耳にタコができるくらい聴いたっけ。何といっても詞選びが美しい。ギターも弾いてみたかったけどそれが許されない環境で育っちゃったから・・レコードも隠れてコッソリ聴いてた・・悲しい思い出だけどそんな事に負けない反逆精神たっぷりの子でしたよ(笑)。
Commented by sakanatowani at 2013-01-11 16:56 x
松山千春もよく聞いたけど、どっぷりつかったのは中島みゆきでした。
一緒につるんでた男の子グループがバンドをやっていて、スタジオではU2やジャーニーなんかを歌ってたメンバーで、家では私が中島みゆきを熱唱するという(笑)
私は深夜ラジオで松山千春、中島みゆきにはまっていったので、今でも時々思い出しますよ。たしかみゆきさんが30歳になって、千春さんにものすごくからかわれてたこと。30歳なんて、と〜っくのとうに越してしまったけど、そうか〜、あの頃のあの人たちは30歳だったんだ〜って思ってみたり。
どっぷり浸かったことのある曲って、邦楽でも洋曲でも、ものすごく歌詞を聞き込んでたりしますよね。そしてその歌詞が、今の自分の考え方にすごく影響していたりして。
Commented by ライアンママ at 2013-01-11 17:21 x
松山千春は、このジャケットとは似ても似つかぬ風貌になってます。(笑)
ギターは教わろうと思ったけど、すぐに諦めました。そんな才能は全く無いんです。ドラムも1,2回習いました。それで、終わり。っていうか、私、音楽の練習スタジオを持ってたんですよ。主にロックバンドのための貸しスタジオです。
Commented by ぺるしゃん at 2013-01-11 20:24 x
こんばんはぁ。

かおりさんは弾き語りができるんですね!
うちにギターがありますけど、私には大きくて押さえるのが大変なので練習してません(笑)
ウクレレの方が押さえやすくていいんですよね。
Commented by coo at 2013-01-12 01:58 x
松山千春若っ(笑)
毛あるやん!

確かに声高いよね。(^-^)
Commented at 2013-01-12 02:43 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by starofay at 2013-01-12 08:09
わかさん、
それが許されない環境だったなんて!
すごく厳しかったんですね。涙
好きな時に好きなことができることが自由なんですって。

Commented by tantan_quelle at 2013-01-12 23:55
今はインターネットのお陰で海外に居ても割りと簡単に日本のカルチャーに触れる事ができますが、かおりさんは当時どうやって日本の音楽に触れておられたのでしょうか?
たまたま手にされたレコードか何かで独学でギターをマスターしようと思うほど衝撃を受けられただなんてすごいですね。
それほどまでの影響を与えられる曲もすごいですが、かおりさんの情熱も素晴らしい☆
<< 日本のケーキ型 海に行った一族 >>