1978年の日本とオーストラリア

f0155522_10585980.jpg




昨日のチーズケーキの話しを書いていたら、
オーストラリアへ転勤する準備をしていた
あの頃のことが頭に蘇ってきました。


誰かのお誕生日やお祝いの日でなければ
ケーキをホールで買うことなんてなかったのに
母が思い切って買ったそのチーズケーキは
結構なお値段だったようです。

でももうすぐ日本を離れるというので
エイヤッと買ってみたのでしょうね。


私の家族がオーストラリアに来たのは1978年のことです。


まだ生まれてもいなかったなんていう
読者さんもいらっしゃることでしょうね。


f0155522_110383.jpg


一足先に赴任した父は、羽田空港から、
私達は開いたばかりの成田空港からの出発となりました。


萩本欽一さんやベストテンなどのテレビ番組
沢田研二さんや山口百恵さんなどが大人気の頃です。

円高やバブル時代の直前で、
一ドル(豪ドル)270円くらいだったと記憶してます。


日本からオーストラリア行きの飛行機は、
週に二回しか飛んでなくて、
しかも左右に三つ座席で真ん中に通路がある中型でした。


それでもガラガラに空いていて、
三人姉妹がそれぞれ横になることができたんですよ。


もちろんワーキングホリデーなんてなかったし、
観光でオーストラリアに行くなんて人もいなかった頃です。



f0155522_1114063.jpg




暑い暑い東京を出発して、
ひんやりとした冬のシドニー空港に着陸しました。




今では海苔巻きが売られてないショッピングセンターなんて
見つけるのが大変なほどジャパニーズフードが
大衆に受け入れられるようになったオーストラリアですが、

1978年のシドニーにあるジャパニーズレストランは、
二軒しかなかったと思います。



今ではブルーマウンテンのスーパーでさえ
色んな日本食が買えるようになったのですから、
時代が変わったのですね。


当時は、かろうじてキッコーマンのお醤油が
レトロな醤油さしのガラスボトルで売られてただけです。


食材のことだけでも延々と書けそうですが、
長くなるので今日はこれまで。




蒼い山の浦島に
応援クリックよろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

ありがとう 056.gif


愛してます
ついている
うれしい
楽しい
感謝します
しあわせ
ありがとう
ゆるします
美味しい〜(by JJ)


Be safe and have a good day!
[PR]
by starofay | 2012-10-18 13:45 | その他 | Comments(16)
Commented by John.John at 2012-10-18 14:06 x
そんな時代にかおりちゃん家族はオーストラリアに行ったのね
当時のTVの記憶がしっかりあるのは
そこから日本の番組の記憶がなくなるからかな
そんな時代だったのね・・・
続きが早く聞きたいわ
Commented by hiro at 2012-10-18 14:07 x
開港間無しの成田から飛んで行かれたのですね。
私はその翌年に結婚して・・その翌年に成田に来て今まで・・・苦笑。
新婚旅行に行きたいという人が、伊丹からオーストラリアには、便がなくて、成田まで来てから行ったと聞いたことがありました。KIXなんてもっと後ですものね。
この花は?カイドウに似ていますけど、桜?ダークチェリー?
海外の方はダークチェリーがお好きですね、ザルツブルクで、通りすがりの店でチョコを買って口に入れたとたん・・う・・ドクターペッパーが・・
どうも薄甘いサクランボを口にすることが多いので、一歩引いてしまうのでした・・。トホホ
Commented by sakanatowani at 2012-10-18 15:37 x
私は中学生だったなあ、その年。
小6の時のクラスメートのひとりが、家屋でブラジルに移住するのを見送って、日本の外には他の国があるんだなあと実感したその数年後。
山に囲まれた中学校で、思いっきり暴れて(笑)いましたね。私のいちばん思い出深い学生時代です。
あの頃のオーストラリア、そして海外に生活しにいくって、どんな気持ちだったんだろう。
でもその当時のオーストラリアの日本食事情。今のここと同じです。ここは今も70年代のようですよ。
Commented by coo at 2012-10-18 15:45 x
1978年?まだ生まれてない。。。きゃーぶたないで~~!(笑)
↓むっちゃ美味しそう!その執念すばらしい!
Commented at 2012-10-18 16:17 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by えみりお at 2012-10-18 16:55 x
いろんな国がだいぶ近くなったねー。
当時は異国で子育て、ご両親もご苦労がいろいろあったでしょうね。
続き楽しみ!
Commented by わか at 2012-10-18 17:54 x
成田空港が開港した頃にオーストラリアに渡ったのね。その頃、私は、薬害エイズで大問題になった張本人の大学病院に入院手術をしてた頃だな~。随分前のことのようにも思うし昨日のことのようにも思えるよ。あの頃ホールケーキは、そうそう買わなかった。それこそ結婚記念日とか誕生日とかの記念日に買うくらいだった。今は、食べたいと思ったらいつでも買えるんだもんね。コンビニのスイーツなら24時間買える!便利といえば便利だけどね~。
Commented by きな子 at 2012-10-18 18:13 x
怒られそうだけど(?)、リアルにその年は影も形もない私・・・(^_^;)
(ちなみに翌年産声上がってます・笑)
そんな時期に海外なんて、宇宙に行く位すごかったんじゃ?(大げさ)私の外国に対する認知度も、結構大きくなるまでアメリカかハワイ?くらいだったし・・・。
思い出話、興味深いです。
Commented by tantan_quelle at 2012-10-18 19:55
飛行機のチケットがエコノミーでも数十万円して、旅行で海外に行くなんてなかなか・・・という時代だったのでしょうね。
ベルリンにもベルリン在住暦30-40年という方達が結構いらっしゃいます。
そんな時代に自費でベルリンに来られた方達なので、気楽に来てしまった私とは背負っておられる物や考え方が違う部分も多々あります。
かおりさんはお父様の赴任の任期が終わってもオーストラリアに残る道を選ばれたのですね?
かおりさんにとってもご家族にとっても大きな決断だったと思います。
その辺のお話しも是非是非聞かせて欲しいです!
Commented by ママン at 2012-10-18 22:56 x
その頃オーストラリアに行くなんてドキドキだったでしょう?羽田からだったんですね。また最近羽田発の国際便が飛んでいるの。
私が小学生のころは学校から羽田空港に見学に行ったんですよ~
Commented by fran at 2012-10-18 23:09 x
ああ~出来たばかりに成田から行かれたのね。

あの頃は成田空港に迎えに行くにも、身分証明書と帰ってくる人からの
帰国に関することが書かれた手紙なども必要だったね。

私が初めてヨーロッパに行った頃は直通便がなくて
アンカレッジでトランジットがあったし、クルーの半分はそこで交代していたっけ・・・・。 懐かしく思い出していましたよ!

↓同じように池袋のデパートは西武かな?三越かなと思って読んでいました。
東武はあったけれど、そのころの東武はデパートのようではなかった!
チーズケーキはたしか、比較的新しいケーキだったような・・・・
赤坂のしろたえが好きだったけど・・・・

しばしその頃に思いを巡らせてしまいました。
ありがとう!!
Commented by ぺるしゃん at 2012-10-18 23:15 x
こんばんはぁ~。

成田が出来て海外に行く人増えましたよね~。
多感な時期に海外で暮らすことになったかおりさんご姉妹。
いろいろな思いや経験があったんでしょうね~。

また書いてくださいね。
楽しみにしています~。
Commented by crystal_sky3 at 2012-10-19 08:00
こんにちは♪
思い出のチーズケーキのお話、なんだか色んな想いが感じられてきます。
日本を去ること、そして未知への不安やドキドキ。色んな想いが詰まったケーキはきっとこれからもずっと懐かしい思い出となって、せーちゃんにも伝えられていくんだろうな~^^
ぜひ私も焼いてみようと思います^^

実はレトロなガラスの醤油つぎ、今も使ってますよん^^
Commented by Josh&Kai’sMum at 2012-10-19 12:44 x
ハァ~~~イ 生まれて・・・・・・た、かもね(イヒヒ)

でも、オーストラリアって国も言葉も知らなかったよ、きっと
外国に行ったことあるヒトすら、身近にいない時代に
今、宇宙旅行に行くより、もっともっと緊張しただろうねぇ
Commented by starofay at 2012-10-19 14:31
hiroさん、
この花、葉っぱの形が林檎と同じで、
花も林檎に似ているのですが、
実は生らないんですよ。

エメンタールチーズさん、
水は張らないでそのまま焼いたよ。
でも張ったらもっと良いかも!
Commented by starofay at 2012-10-19 14:36
わかさん、
多分あの頃チーズケーキはわりと新しいタイプのお菓子だったのではないかと思います。
わかさんは手術をなさった頃なんですね。
お互いに思い出深い時となりましたね。

きな子さん、
大丈夫ですよ〜、怒りませんってば。少ししか。笑

<< やっと抜けたお嬢の歯:第一本目 思い出のチーズケーキ >>