Lovesong

Lovesong. Alex Miller

Alex Miller / Allen & Unwin Australia



先週読んだ本です。

メルボルンのカールトンに新しく開店した
菓子屋のオーナー夫婦と知り合い、
彼等のことを少しずつ知るようになる作家が
ナレーターとして彼等のストーリーを物語る形式をとった小説です。

チュニジア人が経営するパリの屠殺場近くの小さなレストランの主人が亡くなり、
チュニジアに帰る覚悟をした未亡人の手助けをするため、
彼女の姪サビハがやってくる。

サビハが来てすっかり元気になった未亡人は、
チュニジアに帰るのをやめ、二人でレストランをやっていくことに。

そこへある日、間違った電車に乗り途中下車したオーストラリア人の青年がやってくる。
サビハに一目惚れしたジョンは、オーストラリアの教職に戻るのを一旦伸ばし、
彼女と結婚し、レストランを手伝うようになる。

オーストラリアへ帰りたがる夫にサビハは、
子供が生まれて、チュニジアの父親に子供を見せることができるまで
絶対にオーストラリアには行かないと言う。

しかし、二人には何年経っても子供が授からない。

パリでレストランを手伝うのは不毛な時間であると感じられるのに
サビハのために忍耐強く待つジョン。

チュニジアの父親がガンを宣告され、サビハは焦る。

彼女はどうしても子供を授からなければならない。
そして彼女がとった手段が周りに及ぼす影響。


人生の伴侶と選んだ相手のために
自分が選んだわけではない国で暮らすようになる二人。

子供を授かるまで他のことにストップをかけて待つ時間。

相手が欲しいもののために、
どこまで自分を犠牲にできるか。
どこまで相手を許せるか。


そんなことを考えさせられる小説でした。


気軽にコメントをしていって下さいね。



応援クリックよろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

ありがとう 056.gif


土曜の晩に一緒に出かけた3人組には、
ベリーダンスの他に共通することがいくつかあります。

私達は、大人になってから何かを求めて
単独で海外に移り住んでいるということです。

私の場合は、子供の頃からオーストラリアに住んでいますが、
二十代後半にイギリスに3年半住んでいます。


3人とも異国で生まれた相手と結婚しています。

そして3人とも物を書くのが好きです。


外見も性格も違う違うけれど、
趣向として似ているところがあるんですね。


LIKE ATTRACTS LIKE 類は友を呼ぶ 072.gif



愛してます
ついている
うれしい
楽しい
感謝します
しあわせ
ありがとう
ゆるします
美味しい〜(by JJ)


Be safe and have a good day!





f0155522_1183424.jpg


このブラは、黒いブラにビーズやら色々買って来て私が縫い付けました。
決して裁縫は得意じゃないけれど、
この飾りを毎晩仕事の後に縫い付けるのがとても楽しかったのを覚えています。
[PR]
by starofay | 2012-05-07 11:17 | 読書 | Comments(18)
Commented by uta at 2012-05-07 14:09 x
何かを求めて・・・の何かがいまだに分からなくて~困っております。かおりさんは見つかった?
Commented by わか at 2012-05-07 14:50 x
考えちゃう内容の本だ。相手のためにどれだけ寛容のなれるかってことだもの。しかも二人が求めるものが同じとは限らない場合もあるし・・・う~ん深いなぁ。犠牲=お互いにとって幸福ってことだもんね。
Commented by starofay at 2012-05-07 15:22
わかさん、
↑リクエストにお応えしまして、12年前の写真を載せておきました。クリックしてみてくださいね。
Commented by coo at 2012-05-07 16:28 x
類は友を呼ぶ。あるよね。
そして、本も必要な時に必要な内容のものが来るんよね~。
と、痛感している今日この頃(笑)
↓ベリーの衣装ステキ~~~!
Commented by Josh&Kai’sMum at 2012-05-07 17:10 x
ワァ~~~オ!!

12年前のステキなお姿(^^)v
Commented by Kay at 2012-05-07 17:30 x
5年位前に、ベリーダンスを習いたくって、教室に行ったことがあるよ。
まわりの旦那さんたちにやめとけ!!っって思いっきり止められた思い出がある。笑
↓の記事のことでごめんね。
Commented at 2012-05-07 20:54 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by nanako-729 at 2012-05-07 21:29
かおりちゃん、素敵~♪
ダンスの衣装自分で作ったのね!
思わず、もう一度見にいって来たよ!
Commented by ぺるしゃん at 2012-05-07 21:48 x
こんばんはぁ~。

かおりさん!素敵~♪
それにご自分でビーズとかつけたんですね!
それもすごい!
Commented by Grayman Returns at 2012-05-07 22:24 x
重いテーマですね、身軽にコメントするのは~難しい^_^;

なるほど“LIKE ATTRACTS LIKE”、
受験英語で習った”Birds of a feather flock together.”よりも、
こちらの方がシックリ来ます!(^^)! 
チョッと考えさせられたテーマに…p(^_-)-☆
Commented by fran at 2012-05-07 22:28 x
え・え? この写真はかおりちゃんなの(^_^)v

ひゅ~~カッコいい!!
Commented by samandra at 2012-05-07 22:49 x
選んだ相手のために、自分が選んだわけではない国に暮らす。私のことだわー。面白そう。

ベリーダンスは、まず格好からして素敵ですよね♪妖艶だわ~。
Commented by ママン at 2012-05-07 22:58 x
かおちゃんすてき~!
いろんな人生ありますね~
Commented by morinokochaorin at 2012-05-07 23:09
かっこいい。かおりちゃん。
類は友を呼ぶ・・・か。確かにブログでは、好きな人の所しか言っていないしね。そうかもね。
自分のしたい事って何かしら。最近ちょっとよく考えているよ。
Commented by わか at 2012-05-07 23:36 x
きゃ~!リクエストに答えてくれてありがとう!すっごい素敵。かおりちゃん自らビーズを一つ一つ縫いつけたっていうのも凄い!思いの篭った衣装だから余計素敵に見えちゃう。ああ・・素晴らしいお写真見ちゃって眠れないかもよ~。
Commented at 2012-05-08 06:18 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by John.John at 2012-05-08 09:46 x
何処まで、許せるかについて書こうと思ったけど
12年前のかおりちゃんに悩殺されちゃった!!

本当に類は友を呼ぶわ
私は、胃袋の友
Commented by starofay at 2012-05-08 12:40
utaさん、
そうだね、行く前はもっと決定的なものが見つかるかと思っていたのかもしれないな。昔のことでよく覚えてないけれど。笑
でもオペラにクラシックコンサート、美術館、観劇とかヨーロッパ旅行とかいろいろ楽しんで来たよ。

Kayちゃん、
おっさんたち、そんなの余計なお世話よね。
でも私もまだ二十代の頃に友達が習ってると衣装を見せてくれた時はびびったよ〜。

エメンタールチーズさん、
ずっと前にちょこっとやって、最近またちょこっと始めただけだけど、楽しいよ。

鍵コメAちゃん、
前にフラメンコやってたの覚えてるよ。
シャキーラってかっこいいよね。
You've got to do it. It's great fun!
<< 旬のフルーツゼリー Middle Eastern ... >>