とうとうミシンの持ち主になった主婦

私は裁縫が苦手。


ボタンを縫い付けたり、裾を直したり、
直線縫いしか必要のないものならなんとかなる。


だけど、立体用(例えば身体、笑)の物は難しい。


「きちんときれいに丁寧に」が出来ない性分だから
裁縫には縁がないものと思い込んで来た。


それでも普通に生きていると、どうしてもミシンが必要な時があって、

そういう時は、妹のミシンを借りたりしていた。



その私が、とうとうミシンの持ち主になってしまった。



理由は、アレを作ってとかコレを直してというリクエストが
お嬢の口から頻繁に発せられるようになったから。



でも実は自分で買ったわけじゃない。



前回義母が来ていた時に、

「そのうち安いミシンを買おうかなぁ。」と

私が言ったらしい。



そして義母がバロッサで通うあるお店で、
知り合いのおばあちゃんとおしゃべりをしていたら、
この70年代のミシンを売りに出す用意をしている所だった。


売り主は、これを40年近く愛用してきたけれど
最近は裁縫ができなくなってきたらしい。


100ドルで売るつもりだったけれど、
義母が買ってくれるなら50ドルで売ると言ってくれたそう。


義母はいったんに帰って、私にメールで「欲しい?」


イエス、プリーズ! 049.gif



そこでまた店まで出かけて50ドルを支払ってから
店にミシンを置いたままちょっと買い物をして後で戻ると、
彼女が買い物をしている間に、買いに来た女性ががっかりしていたそう。

そして、もし義母の気がわってミシンを返却してきたら買いたいと
名前と電話番号をお店に残して行ったバロッサの主婦、約5名。



そんなわけで、はるかバロッサからクリスマスのプレゼントとして
我家にやってきた。

f0155522_115868.jpg


今まで大切に使われて来たこのミシンは、
ボディーがメタルで出来ていて、とても重い。

さっそくせーちゃんの布袋を作ったり、
パウチを直したり活躍を始めている。

バーゲンハンターの義母に感謝。

そして、ミシンさま、なんとか仲良くやっていきましょう。


f0155522_11581246.jpg


茶色のビニールのケースがこのミシンが生まれた時代を物語っているわ。




気軽にコメントをしていって下さいね。



応援クリックよろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

ありがとう 056.gif


愛してます
ついている
うれしい
楽しい
感謝します
しあわせ
ありがとう
ゆるします
美味しい〜(by JJ)


Be safe and have a good day!
[PR]
by starofay | 2012-01-13 12:02 | その他 | Comments(11)
Commented by わか at 2012-01-13 15:03 x
ややっ、JANOMEのミシン?お義母様すごい腕利きのバーゲンハンターだね・・すごいなぁ~弟子募集してる?。女の子がいるお家は遅かれ早かれ必需品のミシン。あれやこれや直したり作ったりしてるうちに洋服も作っちゃいそうな予感。前の持ち主の方とても大切に使ってたね。茶のカバーがきれいだもの。
Commented by Josh&Kai'sMum at 2012-01-13 16:43 x
かわいいミシンやねぇ
きっと日本じゃ、まだまだ使えても捨てられちゃうんだろうなぁ・・・・・・
これから大活躍させてねん
ちなみにワタクシはミシンの糸の通し方もわからん(--;
Commented by starofay at 2012-01-13 17:54
わかさん、
彼女には、あまりやる気のない弟子(嫁)がいるのですが、
今回は本当に感心しました。笑
Commented by samandra at 2012-01-13 19:14 x
かおりさんもう充分スーパー主婦なんだからお裁縫までできるように
なってどうするのー! ←自分がお裁縫できないからって。。。
人気なミシン、ラッキーでしたね。
レトロでカッコイイ。
ジャノメって 日本の蛇の目ですよね?
Commented by うー。 at 2012-01-13 19:58 x
私もミシン探し始めようかと思っています。
娘の為に、で、もちろんジャノメ。
運命のミシンと出会ったのですね、羨ましいわ。
もう少ししたら、端をかがれる奴が欲しくなりますよ(笑)
すみません、名前忘れてしまいました。
Commented by tantan_quelle at 2012-01-13 20:45
私も裁縫は大の苦手です。
というか、不器用なので図工を含め手先を使う作業は何でも苦手なので、陶芸を始めたのはかなり無謀な挑戦です。
お料理でもお菓子作りでも陶芸でも裁縫でも、手作りに強い憧れがあり、できる人を尊敬します。
お友達が古いミシン(やはり皮のバッグに入っていてとても重いです)を蚤の市で買ったけれど使わないので譲ってくれると言っています。
欲しいのですが、かなり場所を取るし、使うかどうか分からないし・・・と悩んでいます。
やっぱり譲ってもらうべきでしょうかね?!
なんとうちの近所に裁縫教室まであるし、始めるしかない?!

かおりさんの作品のアップ、楽しみにしています♪
Commented by ぺるしゃん at 2012-01-13 22:36 x
こんばんはぁ~。
すごく大切に使われていたミシンなんですね~。
私のミシンも重たいですっ。
ぶーちゃんが幼稚園の頃は大活躍しましたっ。

かおりさんのことなのであっというまにせーちゃんのワンピースとか縫っちゃいっそうですね~。
Commented by crystal_sky3 at 2012-01-14 00:06
ほぉ~!!ジャノメですね!じぇの~む?!なんてすっとこどっこいな私は一瞬フランス製?なんて勘違いしちゃいました!^^;
大切に使われてきたこのミシン、今までどれだけたくさんのものがこのミシンから生まれてきたんでしょうね♪
今度はかおりさんがバトンタッチで歴史を作る番ですね^^
そしていつかはせーちゃんが使うんだろうな~♪
手作りってやりはじめると楽しいもんです。^^
たくさん作って見せてくださいね♪
それにしても、自分で言ったことさえも覚えてないのに^^、ちゃんとキャッチしていたお義母様もおやさしい方ですね~♪
Commented by morinokochaorin at 2012-01-14 00:34
ジャノメのミシンじゃない。日本製だよねえ・・・・・なつかし。とうとうかおりちゃんもミシンの仲間入りだね~~。たのしいよ~~。ミシンクラブ作ったらもっと楽しいよ~~
Commented by ぱにぽぽ at 2012-01-14 07:16 x
このミシン、頑丈で立派だったよね。
ケースが年代物って感じで、ステキだった!というか、ミシンの立派さにビックリしたもの。あれはず~っと使って行けそうだなって思わせる存在感があるよね。

お義母さん、いいところあるね。これは掘り出し物☆
Commented by John.John at 2012-01-14 11:59 x
40年近く使われたミシンなの?
それもジャノメ!
すごく大切に使われてたの解る
これが手に入ったって事は、これから裁縫の記事も増えるって事ね
<< 鴨は、片足でネンネする ぱにぽぽ・ヴァンとシドニー24時間 >>