大人になってからの友達のつくりかた

f0155522_18215223.jpg



私の母は、高校や大学時代にできた友達が一生の友達と言っている。
妹もそうだし、私も大学時代の友達が今でも大事な仲間だ。

青春時代を一緒に過ごしたという事実は結構大切なことみたいだ。


これは、要するに二十歳前後ということで
多分大学は関係ないね。

大学を卒業してからできた友達ももちろんいるけれど、
実際に本当に大切な友達ができるのは、
多くて年に1人とか、普通なら5年に1人とかじゃないのかな。

友人のNさんは、40〜50代になってから出来た友達が今でも一番会う友達だと言っている。

でも彼の場合は、何回も住んでいる国を移動しているからちょっと異例かもね。



青い山の主婦よ、何が言いたいのか?


つまり、大人になると親しい友達を作るのはだんだんと難しくなる。

f0155522_18211991.jpg




ただ、日本はどうかわからないけれど
オセアニアに住んでいる子持ちの女性にとって
親しい友達が大勢できるチャンスがあるのは
子供が小さい頃だと思う。

これはね、この間ハングリーモンスターズのKayちゃんとも話し合っていたの。

プリスクールとかキンダーガーデンで送り迎えの時に知り合って
頻繁に少しずつ会話をしているうちに親しくなり、
子供達を遊ばせるためにホリデー中に会ったり、
用事がある時に子供達を預かりあったりしているうちに
お互いの共通点を見つけたり、
肉体的にも精神的にも大変なことがありがちな
子育ての悩み以外のことなんかも話しはじめたりする。


要するに同じコミュニティーで子育てをする同僚のようなものだ。


顔見知りになってから少しずつ、だけども頻繁に会話をするというのが
友達関係になる重要点なのではないかと思う。


そしてそれはお互いのブログにコメントを残しているうちに
親しくなる人間関係にも似ていると思わない?

f0155522_1821388.jpg



最近は、ブログやツイッター等を通して多くの人と
思いがけなく深く繋がる場合もでてきているね。


今日せーちゃんを連れて行ったお友達の家でつくづく思った。
子供を一緒に遊ばせる目的がなければ、
お互いの家に何時間もいておしゃべりをする機会なんて滅多にあるものではない。


そして何時間も一緒にいなければ出てこない話題もあるし、
相手の家の本棚に目を通して共通の趣向を見つける機会もない。


年代も違う、バックグランドも違う、
ただ子供達が同じキンディーに通っているかもしれないママ友の
十代の頃の愛読書が、赤毛のアンシリーズや、
大きな草原の小さな家シリーズで、
ケーキを焼いたりジャムを作り、
庭で野菜を育てるのに四苦八苦しているなど
相手の生活に踏み込んでみなければ見えないものだから。


だから私はせーちゃんに感謝している。

せーちゃんのおかげで青い山でのソーシャルネットワークが広がって行く。

子供がいなければ、山奥に住んで、家で仕事をする既婚者に
友達を作ることは簡単ではなかったと思う。


お嬢、ありがとうよ。056.gif



気軽にコメントをしていって下さいね。
現在ブログをお持ちの方へのコメレスは、そちらで、
ブログをお持ちでない方へは、こちらでさせていただいてます。


お帰りの前にクリックお願いします。

人気ブログランキングへ

ありがとう 056.gif


愛してます
ついている
うれしい
楽しい
感謝します
しあわせ
ありがとう
ゆるします
美味しい〜(by JJ)


Be safe and have a good day!
[PR]
by starofay | 2011-10-04 18:32 | その他 | Comments(10)
Commented by Josh&Kai’sMum at 2011-10-04 22:35 x
日本とは、ちょっと違うのかもねぇ
日本じゃ、たぶん子供を遊ばせるために、誰かの家に集まるって、そんなにないんじゃないかな
いや、ずっと働いてるから、そーゆーことをしたことがないだけかもしれないけど
思うに、友達って、自分がその時に必要とする人が、波のように寄せては引き、現れては消える
子育て中は、子育て仲間、趣味では趣味の仲間、また興味が変わればそんな友達が
古い友達とも、会わなくなったかと思えば、また頻繁に会ったり
これもまた、一期一会なのかな
Commented at 2011-10-05 03:23 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ボクのママ at 2011-10-05 08:49 x
子供がいないので、子供を通してのお友達の輪、というものが全く理解ができない私です。一番の友達は、やはり中学、高校時代の友達かな?中高は、カトリックの私立だったのです。お御堂があり、シスターたちの宿舎も併設されていました。多感な年頃を6年間一緒に過ごした友達は、大学の友達より、今でも存在感は大きいです。昔は、子供なりに遠慮とか、恥ずかしさとかあって、いまいち踏み込んだ付き合いが出来なかった人とも、この年になれば、隠し事もなく、平気でおしゃべりできるのは不思議です。
Commented by ママン at 2011-10-05 10:53 x
ママ友って子供を通して環境が一緒だからおつきあいが始まるのだけど、まったく違う人生を歩んできた人たちだから、子供が大きくなってからもつきあえる友達でいられるというのは幸せだと思う。だから私は幸せね。ブログ友達は内面だけで仲良くなるからほんとに深いと思うわ。
Commented by わか at 2011-10-05 12:40 x
私も子供がいないからママ友っていないけれどまわりのママ達は子供が大きくなってもずっと長い友でいられるみたい。私は高校時代と40代になってからの趣味と友人がずっと続いてるかな。↓のパン昨夜作ったよ~!ところが・・無い食材が多くて止めようかと一瞬思った。でも中身を少し変えて(じゃがいもとベーコンにジェノバペースト絡めて普通のプロセスチーズゴロゴロ)形は同じホースシューにしたよ(写真撮っちゃった)。朝ご飯に食べました。美味しったよ~!次回きちんと材料揃えて作るね。濃いピンクのお花アネモネ?白い花が沢山咲いてる木は何かな?きれい。
Commented by tantan_quelle at 2011-10-05 14:36
私は子供がいませんが、ベルリンにもママ友グループがあるようです。
週1~2回通う日本語補修校が幼稚園からあり、日本人同士の場合はそこで知り合うようです。
子供が一人目の場合は子育てについての不安や悩みもあるだろうし、同じ悩みやテーマを共有できるママ友の存在が大きいのはなんとなく分かります。
ベルリンでも幼稚園の帰り等に誰かのおうちに集まって子供達を遊ばせながらお茶会をしたりしているそうです。
私は高校や大学の友達にも今も大好きで連絡を取り合っている子も居ますが、物理的になかなか会えず、連絡も小まめに取っている訳ではなく、会えば以前と同じようにおしゃべりできるのですが、胸を張って「親友」と呼んでよいかどうか分かりません。
近くに居て、よく会って、会うから近況や現在の問題についてもいろいろ話せる友達が一番仲が良い、ということになるのだとしたら、Nさんがおっしゃる事も納得です。
Commented by starofay at 2011-10-05 17:09
鍵コメエメンタールチーズさん、
お友達は日本人が多いの?
こちらこそよろしくね。

わかさん、
写真を公開できるブログ始めないと!
ピンクの花は、ラナンキュラスで、白いのはハナミズキに似ている木なのですが、名前は知らないんです。ごめんなさいね。
Commented at 2011-10-07 12:52 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by starofay at 2011-10-07 13:47
鍵コメさん、
メールアドレスを教えて下さい♩
Commented at 2011-10-09 13:30 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 部活のおさらい ローズマリー、ポテトとチーズの... >>