私小説

私小説―from left to right (ちくま文庫)

水村 美苗 / 筑摩書房




水村美苗さんの私小説を読み終えました。


彼女はまだ60年代にお父様の仕事の転勤に付いて12歳で渡米されました。


この私小説は、アメリカで思春期から二十年過ごした
彼女の経験を小説化したものです。

どこまでが本当で、何がフィクションなのかは定かではありませんが、
同じく思春期からずっと海外に住んでいる私自身の経験と
怖い程似ているところがあります。

これは、ある意味私の物語でもあるのです。

日本が世界の舞台でまだまだマイナーな存在だった頃、
海外に出ている日本人が少なかった頃、
言葉が通じない国に住み、
ハイスクールに通うことがどんなものだったか。

帰国せずに大学に進んで、
そのまま帰国しなかった子女の物語です。


(ただし作者は、最後に帰国の決心をします)


多分私程共感して読んだ読者は、それほど数多くないのではないかしら。





気軽にコメントをしていって下さいね。
現在ブログをお持ちの方へのコメレスは、そちらで、
ブログをお持ちでない方へは、こちらでさせていただいてます。


お帰りの前にクリックお願いします。

人気ブログランキングへ

ありがとう 056.gif


愛してます
ついている
うれしい
楽しい
感謝します
しあわせ
ありがとう
ゆるします
美味しい〜(by JJ)


Be safe and have a good day!
[PR]
by starofay | 2011-08-30 20:31 | 読書 | Comments(7)
Commented by Josh&Kai’sMum at 2011-08-30 22:35 x
そうやんねぇ
ン十年前やもんねぇ
あ!いえいえ、つい十年ほど前の話しだよね(ニヤリ)
読んでみよっかなぁ

かおりさんの料理食べに、ワタクシも行きたいわぁ(^^)v
Commented by panipopo at 2011-08-31 00:36 x
60年代にアメリカで思春期を過ごして大人になってから帰国!
今とは考えられない頃の出来事だったんだね。。。きっと。
私と同じく帰国したのかぁ~ 読んでみたい!
今は、Two Marriagesという本を読んでいて(朝の車の中で)、このほかに今、アマゾンUSから本を取り寄せ中だからそれが終わったら、読んでみたい!
Commented by coo at 2011-08-31 08:35 x
ちょっと読んでみたい気がする。
私は今、「竜馬が行く」を読んでる。8巻中6巻目。^^
Commented by わか at 2011-08-31 15:50 x
興味深い本・・読んでみようかな。ことばが通じない・わからない孤独って想像を絶するから・・。それに負けず前を向いて進めるってすごいこと。(そうするしか道がないときに出るパワーって人知を超えてるから)
Commented by starofay at 2011-08-31 18:02
わかさん、
この本は、多分元気をもらえる本じゃないです。
結構あきれるほどネクラかも。笑
Commented by シナモン at 2011-09-06 16:57 x
初めまして
早速近所の書店で買ってきて、今読んでいます。
幼い姪と甥にこの夏の帰国の際に会いましたら、
親とは日本語で、しかし姉弟は英語で話していました。
海外に渡って4年です。
今は5才と8才、今後日本に帰るのか、また違う国に行くのか?
日本しか知らない私にははかりしれません。

Commented by starofay at 2011-09-07 15:19
シナモンさん、
はじめまして。
シナモンさんの姪っ子と甥っ子さんは、
少なくとも英語ができなくて苦労することはなさそうですね。
この本、ちょっと暗いでしょう。笑
今の世の中、海外でこんな風に暮らして考えている日本人はもういないと思うので安心してくださいね。
<< ダンナに買い物をまかせると サワードウ >>