本格小説

本格小説〈上〉 (新潮文庫)

水村 美苗 / 新潮社


本格小説〈下〉 (新潮文庫)

水村 美苗 / 新潮社




数ヶ月前に、コメントを残して下さった方に薦められて
実家に頼んで送ってもらった本です。


作者の水村美苗さんは、子供の頃にお父様がアメリカに転勤になり
アメリカのハイスクールを卒業した後、そのままあちらの大学で
博士課程までとられた方。


本格小説は、日本版嵐が丘のような大ロマンです。


大変な苦労をして育った日本人青年の東太郎が
渡米し、やがて大金持ちになり、
日本で子供の頃から愛していたよう子の前に現れる。

作者の水村さんがアメリカでその東太郎を知っていたという設定で、
話しは、作者自身の人生と平行して語られます。


アメリカとオーストラリアの違いがあり、
水村さんは、私など足元にもおよばないほど優秀な方ですが、
一昔前の海外での日本人ソサエティーの様子や、
思春期の子が日本の小説に逃避する心理が
人ごととは思えないほど鮮明に描かれているのです。


私にとってとてもリアルな世界と、
軽井沢に洋館の別荘を持つ人々の
未知の世界が混ざり合った不思議なお話で、
上下を合わせると、1144ページの長い小説を一気に読みました。

とても面白かったです。


大変申し訳ないのですが、薦めて下さった方の
お名前を忘れてしまいました。

感謝してます、ありがとうございました。




気軽にコメントをしていって下さいね。
現在ブログをお持ちの方へのコメレスは、そちらで、
ブログをお持ちでない方へは、こちらでさせていただいてます。


お帰りの前にクリックお願いします。

人気ブログランキングへ

ありがとう072.gif


愛してます
ついている
うれしい
楽しい
感謝します
しあわせ
ありがとう
ゆるします
美味しい〜(by JJ)


Be safe and have a good day!
[PR]
by starofay | 2011-07-09 08:01 | 読書 | Comments(9)
Commented by エミ at 2011-07-09 09:06 x
こんにちは。
前回かおりさんの文章は水村美苗さんを彷彿とさせる!とお伝えした者です~。
つい我慢できずにコメントしちゃいました…。
純粋に良いものを共有できましたことを嬉しく思います。
最近私はカズオ・イシグロにはまっています。
かおりさんの本紹介も毎回楽しみにさせていただいています
読書は一生の楽しみにしたいものですね。
ではでは。
Commented at 2011-07-09 09:28 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by うー。 at 2011-07-09 10:11 x
あっ、これ面白そう。
早速本屋さん、行ってこようかしら!
Commented by starofay at 2011-07-09 10:31
エミさん、
こんにちわ。本当にありがとうございました!
実は、もう一冊送ってもらったので、
それを読むのも楽しみなんですが、
少しの間大切に楽しみをとっておこうと思ってます。
私もカズオ イシグロの本は全部読んでいますよ(多分)。
今でも一番好きなのは、最初に読んだ Remains of the dayです。もう20年も前のことだと気がついて愕然としております。笑
良かったら、いつか他にお好きな作者なども教えて下さいね。

鍵コメちゃん、
さんきゅー

うーさん、
かなり満足できる本でしたよ。
こちらでも手に入ると良いですね。
Commented by わか at 2011-07-09 13:53 x
ちょっと興味を引く内容の大作ですね~。読んでみようかな。いろんな本紹介してくれてとっても楽しみなの。読み上げるまで時間かかっちゃうけど・・。↓の秘密の打ち明け話。出来ることならあんまり聞きたくないかも。秘密ねって言われたら絶対他言しないけど・・喉の奥に魚の骨が刺さってる様な煩わしさに気が滅入る。最近はそんな話聞いたらとっとと忘れることにしてる。
Commented by ぺるしゃん at 2011-07-09 19:42 x
こんばんはぁ~。

かおりさんが面白いとおっしゃると、読んでみたくなっちゃうんですけど…。
どうしよう~。買ったまま読まずにいる本が積み重なっています。
でも、本はいつ読んでもいいから、気になったときに買うことにしてるんです。
これも、今度ちょっとぱらぱらしてみます!
Commented by John.John at 2011-07-09 21:25 x
不思議なタイトルですね
一気に読んで面白かったと言うかおりちゃんの言葉に
読みたくなっちゃった
Commented by Josh&Kai’sMum at 2011-07-09 22:37 x
まだ海外旅行でさえ、珍しかった時代
今のように、英語に接する機会も皆無に近かった頃
海外転勤の苦労は、考えられないものだったでしょうねぇ
ワタクシにとっては未来の話として(比ぶるべくもないけれど)読んでみようかしらん
とは言え、1144ページかぁ(何ヶ月かかるかしらん)^^;
Commented by starofay at 2011-07-10 07:29
わかさん、
この本読むのに私は四日間くらいかかったかな?
読み応えありましたよ。

現在進行型の大問題な秘密なので気が気じゃないです。
<< 鴨のロースト 王様の耳 >>