インヴィジブル


先週、あれだけ暑かったのに、
昨日から気温がガクンと下がって、
もうすっかり秋みたいな青い山の朝です。




最近読んだ本:

Invisible

Paul Auster / Henry Holt



今、一番のお気に入りのポール オースターの小説。
文才、富、そしてルックスにも恵まれていた青年の人生が、あるサイコパスと関わり合ってしまったため狂ってしまう話。そしてそのサイコパスの人格が、場所と相手によって変わっていくおが面白かった。


Solar

Ian McEwan / Jonathan Cape Ltd



イアン マキュアンは、ブッカー賞を2回勝っているし、
イギリスで最も尊敬されている作家の一人だから、
彼の本は数冊読んだことがある。
確かに優れたライターだとは思う。

だけど、私は彼の本を読んで良かったと思ったことが一度もない。
どうしても好きになれない登場人物に、
読み終わった後の何とも言えない、苦い後味。
何故、彼の本はあれほど書評家達に好評なんだろう?


私がポール オースターが好きなのは、彼の人間に対するスタンスが
暖かく、肯定的であるからだと思う。

イアン マキュアンは、人の欠点に焦点を当てることを最も得意とし、
救いのない話を書く傾向があると思う。



どうせ読むんだったら、元気をもらえる本の方がいいと思うんだけどな。




気軽にコメントをしていって下さいね。
現在ブログをお持ちの方へのコメレスは、そちらで、
ブログをお持ちでない方へは、こちらでさせていただいてます。


お帰りの前にクリックをしていただけるとうれしいです。

人気ブログランキングへ

ありがとうございます。

Have a good day!
[PR]
by starofay | 2011-02-08 08:16 | 読書 | Comments(1)
Commented by John.John at 2011-02-08 09:43 x
「インヴィジブル」の同じタイトルで、昔映画があったの
気になってこの本をググッたら
全然関係の無い新刊なのね
この本について書いてる人の言葉に
「不在」の残響音ってあったの
タイトルからして気になるし・・・
かおりちゃんが好きな作家を読んでみたいし
翻訳出ないかな
<< ロールパン 本日の偶然 >>