デミアン

f0155522_7134141.jpg




今日は、ちょっと昔話から。


中学2年生の1学期が終わり、皆が夏休みを楽しんでいる頃、
オーストラリアへ父の転勤に付いて家族で引っ越してきた。
もちろん喋れる英語は、学校で習ったばかりの

This pencil is longer than that pen. 程度のもの。

なんとなく外国に住むなんてカッコいいような気がしていたけれど、
本当に来てみると、そりゃあもう大変。




そのまま現地のハイスクールに入った私。
授業はチンプンカンプン、友達をつくっておしゃべりするのも
そう簡単にできるわけがない。


英語が喋れるようになった自分の姿は想像できた。

ただ、英語力がほぼゼロの状態からそこにたどり着くまでに
山あり谷ありの長い道のりと苦悩があることに愕然と気がついたのは
学校が始まってから。008.gif


思い描いていた華やかなハイスクールライフとはかけ離れた
過酷な世界がそこにはあった。

大学に入ってからも、働きはじめてからも
しばらく苦労した。

英語が喋れて羨ましいと言われることがある。
だけど、決して楽に自動的に身に付いたものではなかったんだよ。


今のオーストラリアにはアジア人が大勢いるし、どこに行っても日本人がいるよね。

私達が来豪した頃は、まだまだ少なくて田舎の町に行けば
犬にさえも珍しそうにじろじろと見られるご時世だった。005.gif


なにしろ、日本とオーストラリアをつなぐ飛行機の便が、
左右3列で真ん中に通路があるサイズのもので、しかも
週に2回しか飛んでない時代だったからね。


今だと信じられないでしょう?


そんな中、14歳は、とりあえず本の世界に逃避。

日本から送ってもらう大量の本を片っ端から読むことで
私はティーンエイジを過ごした。


私が今でも日本語の読み書きに苦労しないのは、
十代の頃に読んだ山のような本のおかげだと思う。


色んなジャンルの本を読んだけれど、
その時の私に衝撃をもたらし、
そして救ってくれた本がある。

(すみません、前置きが非常に長くなりました。)


それが、ヘルマン ヘッセの デミアン (右のライフログをご覧下さい)。


ヘルマン ヘッセの本を数冊読んだことがある人でも、デミアンを読んだという人は少ない。
今まで多くの人にデミアンを薦めてきた。

もちろん面白かった、読んで良かったという感想を期待してのこと。

それなのに、あまりぱっとした反応をもらったことが一度もないの。007.gif

読んだけれど、意味がよくわからなかったと言われたこともあるな。


なんでかな〜。

面白いと思うんだけど。



明日に続く。


気軽にコメントをしていって下さいね。
現在ブログをお持ちの方へのコメレスは、そちらで、
ブログをお持ちでない方へは、こちらでさせていただいてます。


お帰りの前にクリックをしていただけるとうれしいです。

人気ブログランキングへ

ありがとうございます。

Have a good day!
[PR]
by starofay | 2011-01-27 07:13 | 読書 | Comments(17)
Commented by にたまごん at 2011-01-27 08:34 x
ヘルマンヘッセっていうと、車輪の下しか読んだことないかも(爆)
最近、古本を処分して本棚に余裕が出来たので新しいジャンルを開拓中だから、本屋さんでチェックしてみよう〜♪
英語だけに限らず、何事もそうだよね。
何かを成し遂げる人って、見えない努力を積み重ねてる!
あぁ、英語、しゃべれるようになりたいっ(爆)
Commented at 2011-01-27 10:45 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2011-01-27 10:48 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ママン at 2011-01-27 11:03 x
かおちゃんのしっかりした日本語は本を読むからだと思っていましたよ。ティーンエイジャーの時に突然現地の学校に入る苦労は想像できないわ。語学を身につけるには辛い経験もありますよね。
Commented by John,John at 2011-01-27 11:12 x
かおりちゃんがそこまで言うなら
読みたくなるじゃない「デミアン」
実は、タイトルだけ見た時「ダミアン」かと思った
666~オーメン!
Commented by フローレンス at 2011-01-27 11:19 x
残念ながら、私読んだことがないんですが、機会があれば読んでみたいです。
それにしても、語学を習得するのは大変なのですねえ。

ところで、サッカー、日本とオーストラリアが戦うことになりましたね。

Commented by わか at 2011-01-27 11:50 x
ヘルマン へッセは何冊か読んだことあるけれどダミアンは無いです。是非とも読まなくちゃね。大きな大きな壁にぶち当たって必死にもがく私の光になってくてるかもしれない・・ってそんなに深刻なことじゃないのよ。他人が聞いたらなあ~んだって笑われそうなことだよ、きっと。かおりちゃんがどれほど頑張って英語力をつけたのかその道のりを思うと気が遠くなります。
Commented by Josh&Kai'sMum at 2011-01-27 12:34 x
そうだよねぇ
今の時代ほど、小さい頃から、英語や外国人に親しんでいたわけじゃないし
英語だけじゃなく、生活そのものが全然違ったんだもんねぇ
今のかおりさんの、コツコツした感じ、そうやって養われてきたんですネ!!
Commented by ルナコ at 2011-01-27 13:45 x
私もダミアンだと思った…
えへっ

そっか~かおちゃんも最初はちんぷんかんぷんだったのかぁ
あまりにもわからないと泣きたくなるよね?
よく頑張ったねぇ
私、英語の成績はまぁよかったけど
社会人になって英語を習ってみて
自分にはセンスが全くないことに気が付いてね
少し通ったけど挫折しちゃった…
あのとき辛くても通っておけば世界が変わったかもね
Commented by ほ助 at 2011-01-27 16:59 x
ほ助もヘッセは車輪しか読んだことない
かおりちゃんの感受性を通して読んでミル!アマゾンでさがしてみよ♪
Commented by panipopo at 2011-01-27 17:34 x
ああ、分かる!
私も泣いた、最初は。
意味が分かってもらえずに、アメリカンガールズにバカにされて。
思春期の子供たちってどこの国でも案外と不安定じゃない?
それも、弱者に対しては、残酷になれるしね。

悔しい思いをして私は英語を習ったと思う。
デミアン、読んだことないな、そんなに難解なのね。
この名前の男子に私は、私の話す英語をmimicされて、とっても侮蔑された気持ちになったよ。
いつもオウムみたいに私の話す英語をマネされて。
だから、ドッキリした、この名前に!爆!


Commented at 2011-01-27 17:52 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kanakina at 2011-01-27 21:46
ダミアン持ってますよ。でも内容をあまり覚えてないんですよね。ヘッセの中ではシッダールタを最近読みました。ヨガの影響大ですが、これも考えさせられる良い本だなと思います。
Commented by ぺるしゃん at 2011-01-27 22:04 x
中学2年って一番難しい年頃ですよねぇ~。
のほほ~んと日本にいてもいろんな壁にぶち当たるのに、
かおりさんはたいへんな思いをしたんですね~。

「デミアン」とっても興味をもちました。
私の目下の夢は、お料理はもちろんのこと、毎日パンを焼いたり
お菓子を作ったりする生活。
それと、週に一日でもいいから、必要最低限の家事をしたら
後の時間は読書に当てるという過ごし方なんです。
おいしいコーヒーでも飲みながらね。

不可能ではないと思うので、時間の使い方を整理して
実現したいんですよ。

アジサイ、美しいです~♪
ページが開いた瞬間、目が吸いこまれましたよっ!
ありがとうございます♪
Commented by 森の子 at 2011-01-28 01:15 x
そうだよね。何事もそうなんだと思う。出来て素晴らしいな。いいなって思う人は、必ず陰ですごい努力をしている。福沢諭吉が言っているけれど、賢人と愚人の別は、勉強するかしないかであるってね。昔からその通りだよね。私も○○ができていいですねって言われるけれど、そうなるために時間とお金をかけている。だから出来るんだよね~~。

かおりちゃん、私も子どもの頃は、本の世界の人だったよ。人とつきあうより本が好き。毎日毎日町の図書館と学校の図書館で本を借りて読んでいたよ。世界旅行も出来るしねえ・・・・
この本は知らないな。今度探してみるよ。私好きだったのは、イギリスのスイフト(たしか)これは、おもしろい。
Commented by starofay at 2011-01-28 08:59
鍵コメAちゃん、
大人になってから語学を学ぶのは確かに難しいと思う。
もうこの歳になったら無理だわ。笑
うかいさん、残念だったね。でもほら、他にたっぷり楽しんだじゃない!そっちのほうが羨ましいわ。
次の楽しみもとっておかなきゃね。
Commented by starofay at 2011-01-28 09:03
わかさん、
ふ〜む。大人になってからの人生においての問題だったらシッダールタの方が良いかもしれないです。でもデミアン、機会があったら読んでみてくださいね。

鍵コメエメンタールチーズさん、
ドイツ語読めるんですよね?では、是非ドイツ語で読んで欲しいな。私もいつかドイツ語で読みたいと思ってドイツに行った時に買ってあるの。笑
<< ヘッセとユング だいふく好きに表れる日本人のDNA >>