父さんは山へ薪を拾いに出かける

むかしじゃなくて、いま、
あおいやまにおとうさんとおかあさんが住んでいました。

お父さんは山へ薪を拾いに出かけ、
おかあさんは川で洗濯じゃなくて、
オーブンでケーキをせっせと焼いてましたとさ。

珍しいことに三日連続お客さんが続いたので、
パソコンの前に座る時間がなかなかとれない青い山の主婦は
連日パンやらタルトやらスコーンやらケーキを焼いていたよ。

f0155522_952526.jpg


今日は理氏が近くの森から拾ってくる薪をご披露。

ブルーマウンテンの住宅では、薪ストーブを使う家が
沢山ある。

我家はガスのセントラルヒーティングも付いているけれど、
寒い夜はオープンファイヤープレース(暖炉)で薪を燃やしている。

この薪を毎年3〜4トンくらい買うのだけど、
結構なお値段になるのよ。
ちなみに2トンのお値段は$320くらい。

森林に囲まれて暮らしているのにね。

そして森の中には大量の枝が落ちている。

そこでしばらく自宅で仕事をしていた理氏が
毎日近く森から薪を拾ってきてたの。

おかげで彼の運動にもなったし、
ブッシュファイヤーの時に簡単に燃える燃料を
微量だけど整理したことになるし、
おまけに薪代ももうかった!笑


でも彼は、こうやって積み上げた薪を見るのが快感みたいで、
あまり使いたがらないの。爆

で、これを見て思い出したのが、
オーストリアのチロルあたりの家々の外に
美しく積み上げられた薪。

どの家も本当にびっしりと美しくカットされた
薪が芸術品のように並んでいた。

もしかして薪をきれいに積み上げるのが好きなのは、
ドイツ系のDNAと関係があるのかもしれないね。



f0155522_14551858.jpg


先日アップした黒ビールのチョコレートケーキをちょっとレシピを変えて焼いてみたの。
なかなか上手くいったと思うから明日あたりレシピを載せるね。




f0155522_1458680.jpg


手前のルバーブのケーキはお友達が買ってきてくれたもの。
その後ろにあるのが黒ビールのチョコレートケーキだよ。

気軽にコメントを残していって下さいね。
はじめての方でも大歓迎です。
レシピブログのランキングに参加しています。
応援ポチをしてくれる皆さん、いつもありがとう。

 

[PR]
by starofay | 2010-06-19 14:59 | その他 | Comments(11)
Commented by Kyoko007 at 2010-06-19 15:53 x
お父さんは薪を..

こんなにひとりでいっぱい
とってくるんだね~
すごいっっ、仕事もいっぱいして
休日は薪割をして、でもって
きれいに並べて...

あ~、うちに亭主にもみせてやろう~
芝刈りくらいでひーひーいってんじゃないっっ!
って...笑
Commented by janto at 2010-06-19 16:26
こんなにたくさんの薪!しかもきれに整理されてる!
すごいですね^^
私の知り合いの家にも大きな暖炉があって、やっぱりだんな様が
きれいに薪を積み上げている・・・いったいどこからとればいいんだろう?って思うくらい几帳面に積んであります^^;
暖炉の火ってやわらかい暖かさでいいですよね^^
今は、想像したくないけど・・・(笑)昨日は最高気温30度でした^^;
黒ビールのチョコレートケーキは、きっと大人の味なんだろうな・・・^^
Commented by miumiu at 2010-06-19 20:08 x
ついこの間オーストリアの湖水地方へ行ったら、確かに薪が綺麗に積み上げられていたよ。
うっかり写真は撮っていなかった・・・
暖炉を囲む生活って、なんだかいいなぁ。
火をくべた薪がパチパチって時々音がするの、好きなの。
ケーキのレシピ完成したのね。
かおりちゃんはホント仕事が早いわ@@
楽しみにしてるね^^
Commented by starofay at 2010-06-19 21:06
kyokoちゃん、
うちの亭主は好きなことは必要以上にするけれど、
するべきなのにしないことも沢山ある人なのよ。

jantoさん、
黒ビールのチョコケーキって意外に子供も大好きな味みたいよ。

miumiuちゃん、
そうだった、行ってきたばかりだったね。
旅行の報告が楽しみ!
Commented by fran at 2010-06-19 21:34 x
暖炉のある生活かぁ~いいなぁ~
あの薪が燃えてる炎をただ見てるのが好きなの♪

田舎に行くと、多分暖炉ではなく薪ストーブなんでしょうけど
家の軒先にきっちりと積み上げているのを見かける

あれはあれでとっても美しいよね♪

我が家は遠赤のストーブ一台しかないの
コレを冬の間24時間つけっぱなし。
炎は見えないけど、火災の心配がないだけ安心なんだよね。
日中は猫しかいないから(笑)
Commented by panipopo at 2010-06-19 22:34 x
お~い、ドイツばかりじゃないよ。
薪を整然ときれいに積み上げてストックするのは。
フランスもそう。あれって、すごいなって思う。
だって、大きいのを割っては積み上げて行くんだもの。
パニヴァンとお義父さんがおばあちゃんちと、自分たちのうちのためにやっていたのが面白かったよ。
やはり理氏も、そういう昔からのDNAが連脈と流れている血を受け継いでいるんだね☆
かおりちゃんが、うちの中に運んじゃえばいいんだよ^m^

チョコケーキもルバーブのも美味しそう!
Commented by Josh&Kai'sMum at 2010-06-19 22:56 x
そうだ、そうだ!!
TVなんかでも見かけるよねぇ
スイスの美しく積みあがった薪
やっぱ、アレも使わないのかなぁ(笑)
でも、そーゆーのなんかわかるわぁ
きれいに並べたり、順番に並べたものって、使いたくないもの
ドイツ人もA型が多いのかもぉ(クスリ)
Commented by モニ at 2010-06-20 00:47 x
理氏は几帳面なんだねぇ。
この薪の積み方みて即そう思った!!
そりゃ使いたくないだろうなぁ。こんな風に積んだら。

買ってきたケーキより、かおちゃんの黒ビール
のケーキの方が美味しそうだぞ!!
Commented at 2010-06-20 00:59 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by starofay at 2010-06-20 06:18
franさんはやっぱりアレックスとバロンのためにヒーターをつけっ放しにしてあげているんですね。
日本でも薪はきれいに積み上げているということは、
薪自体に、人間の本能にきれいに積み上げさせたくなる
何かがあるのかも!笑

ぱにぽぽちゃん、
フランスもそうなんだ!
面白いね。
理氏がいない時は私が暖炉の用意をするけれど、
いる時はしてくれるのかなって期待していつまでも待ってるの。笑
Commented by kanakina at 2010-06-20 10:12
薪ってトン単位で買うんですね。薪の小道(みたく見える)が何とも素敵です♡
毎日焼かれたパンやケーキを薪ストーブの前でいただきた~い。
<< レシピ:黒ビールのチョコレートケーキ カリフラワーのスープ >>