読んだ本:食堂かたつむり

f0155522_1742538.jpg


小川糸さんの「食堂かたつむり」を読んだ。

食べること、

料理すること、

食べ物を育てたり、

食べるものがどこから来るのか、


つまり食に関係することにこだわりのある私に、


まっすぐと主人公のりんごちゃんの気持ちが届く、


そして多くのフードブロガーの皆さんにおすすめしたい本だったよ。




気軽にコメントを残していって下さいね。
はじめての方でも大歓迎です。
レシピブログのランキングに参加しています。
応援ポチをしてくれる皆さん、いつもありがとう。

 

[PR]
by starofay | 2010-05-23 17:12 | 読書 | Comments(19)
Commented by m-watabe at 2010-05-23 19:26 x
食堂かたつむり、私も読みました!

お料理が人を元気にしたり、幸せにしたり♪

心暖まるとても素敵な本ですね。
Commented at 2010-05-23 20:15 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by モニ at 2010-05-23 21:44 x
お妾さんのためのサムゲタンスープ!!
これに超惹かれたよ。
つらつらと読んでしまった本だったけれど
不思議とご飯をたべる時に思い出す言葉も多かったな。
Commented by Josh&Kai'sMum at 2010-05-23 22:41 x
本、読まないとね!!
どんどん語彙が少なく、そして思い出せなくなってくワ(^^;
Commented at 2010-05-23 22:58
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by morinokochaorin at 2010-05-23 23:02
この本ね、覚えとく。今度図書館で探してみようかな?
それからね、レモンの塩漬け作ろうと思って塩買いに行ったの。
改めて、日本って塩のバリエーションないなあってね。
岩塩なんかち~~~~っちゃいいれもののしかないしね。砂糖はいろいろあるのにな~~~。
そそそ、この前さくらの塩漬け作ったけど、香りのついた塩をさっさと捨てた大馬鹿ものでした。

あ~~~来年までお預けかっっっっ
Commented by miumiu at 2010-05-24 06:47 x
なんか、聞いたことあるよこの本。
そうか、日本に行った時に、探してみるね。
食って、いい加減にも、丁寧に作っていただくことも同じ行為。
でも、手をかけた分だけ、愛情をかけた分だけ、何か未来が違ってくる気がして、お料理が面倒なときもあるけど、頑張っています。
↓無花果って、そんなに難しい木なのね。
なかなかコメ残せなくてごめんなさい。
今、ちょっと事情があってあまりPCの前に座ることができないの。
Commented by nanako-729 at 2010-05-24 08:51
かおりちゃん、おはよう!
この本まだ読んでない、図書館で予約してみようっと!
映画になってたよね…柴崎コウが主人公で~♪
Commented by keiko at 2010-05-24 10:31 x
この本あたしも興味あるんですよ〜
映画よりは本だろうと思ってたのにまだ読んでません^^;
ちょっと時間できたらさがしてみよ☆
Commented by John.John at 2010-05-24 11:05 x
私も読みました
食べると言うことは、命を貰うことなんだと
改めて実感しました
綺麗に処理された材料を見ると
何かしらの死の上に成立った食事だと言う事を
忘れがちですね
そしてお料理する意味も
毎日お料理を作ってた頃って、大半が義務だったなぁ
今なら、別の気持ちで作れそうだけど・・・

素直に良い本ですよね
Commented by starofay at 2010-05-24 11:28
m-watabeさん、
世界の食べ物の事情が乱れるにつれ
こんな本を多くの人に読んでもらいたいですね。

鍵コメECさん、
そんなに気に入ってもらえてよかった!
こうやって青い山で作っているものが、遠い国で再現されて喜ばれるなんて不思議だね~。
いよいよ大変な一週間がやってきたのね。
体力も必要だろうな。頑張って!

モニちゃん、
私はざくろのカレーの味がどうしても想像できないの!
妾さんのディナーはフルコースですごかったね。

Mumちゃん、
普段あまり本を読まない人でも読みやすい本だったよ。
読んでみ~。
Commented by ひろ at 2010-05-24 11:34 x
まぁ~!!わたしも最近読んだばかりよ…
気が合うのかしら…(笑)
Commented by marimarii at 2010-05-24 14:31 x
かおりさん、こんにちは♪
そんな本があるんですっ
↑ 
食べるものがどこから来るのかということを
そういえば考えたことがなかったですぅ
食べることは 料理は大好きですが^・^
料理が好きといいながらも
梅雨の時期はあまり気分がのらないことが
毎年 おきますぅ。。;
かおりさんも お料理するのに気分がのらない日は
ありますか?
この本を読めば そんな解決策もあったりして♪
Commented by エミリオ at 2010-05-24 16:10 x
面白かったんだね!映画にもなってるもんね。
私もたまには自分で本買うかな。
いつも2階で拾った本ばかり読んでないで。笑
Commented by starofay at 2010-05-24 16:50
森の子ちゃん、
レモンの塩漬けは別に高級な塩じゃなくてもいいよ。
一番安い食塩で大丈夫。
私が桜の葉の塩漬けに使ったのは塩水だったから
そのまま捨てちゃった。笑

miumiuちゃん、
私はどうしてもその気になれない時は思いっきり手を抜くよ。
でもね、普段はちゃんとお料理してるから栄養失調にはならないと思う。笑
ブログをやっているおかげで皆から刺激をもらえるし、
自分でも少しは努力するかなって思うからブログさまさまよ〜。
Commented by starofay at 2010-05-24 16:53
nanakoちゃん、
映画になっているなんて知らなかったよ。
私はただ家族が送ってくれる本をありがたく読むだけなの。
そうか〜映画になってるのか。

Keikoさん、
映画は観てないからなんとも言えないけれど、
映画化される本は観る前に読む方が良いと私も常に思っていますよ。
Commented by starofay at 2010-05-24 16:57
JJさん、
とくにお肉はね〜。
名前を知っていた動物はなかなか食べられないと思う。
でも、人間が家畜を飼い出した頃は、当たり前だったのよね。
そして、エルメスの最後を目をそらさずに見ていた倫子ちゃんの気持ちが良くわかったの。
でもね〜、豚を飼って可愛がって、そして食べるのって難しいと思うな。

ひろちゃん、
あら、ひろちゃんも読んだの?
奇遇/必然?笑


Commented by starofay at 2010-05-24 17:01
marimariちゃん、
お料理する気になれないこと?
それはもう頻繁に!笑
でも私の場合は、やっぱり食べさせる人がいない時、
つまり自分しか食べる人がいない時が一番やる気がなくなる時かな。

エミちゃん、
私も自分で本を選んでいるわけじゃないの。
実家から送ってもらう本をただありがたく読んでいるのよ。
あとこちらで買う本(英語)は大抵古本屋で買う。
なにせこっちの新刊は高いの。普通の本で3千円くらいするもん。これがちょっとした本なら5千円くらいだよ。
Commented at 2010-05-25 00:36 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 秋のケーキ:Autumn Cake 季節外れの果実 >>