幽霊のはなし

f0155522_9291144.jpg


藤紫さんのココロの森は、
本好きの私のためにmilismilisちゃんが、紹介してくれたの。

海外に住みながら日本で出版されている本の情報が得られる貴重なブログ。



先月父が来た時に日本から藤紫さんお奨めの本を数冊買ってきてもらった。

そのうちの一つが三浦清宏さんの「幽霊にさわられて」。

彼は、長男の出家で芥川賞を受賞した純文学の作家であるだけではなく、
明治大学の教授もされていたし、日本心霊科学教会の理事もされていたという
大変興味深い人物。

「幽霊にさわられて」の目次をちょっとめくって見ると、

1.悟りと超能力
2.瞑想法・西と東
3.幽霊にさわられて
4.海女の魔除け
5.想念の花

こういう事に興味のある人にはたまらないリストでしょう。
じっくりと読んだ。

ひとつひとつのことは、別の本で読んだことがあるけれど、
こうやって合わせてみると、確かな読み応えがあるもの。

三浦さんは実際にイギリスの降霊会で幽霊に触られたそう。

余談だけど、私はイギリスに住んでいたことがある。
その時親しくなったビルというおじいさんがいて、
彼は多分イギリスのスピリチュアリスト会のメンバーだったはず。

ビルがこういう事に興味のある私のためにカセットテープを数本くれた。

ミディアムを通してスピリットが話をしているもの。
中でもオスカー・ワイルドの話は面白くて何回も聞いたもの。
その後オスカー・ワイルドが出版したもの全てを読んで
出てきて話をしていたのは間違いなく彼だと確信したよ。



この本を読んで、人間の想念の世界が、物質的現実、文学の世界、
そして霊界とどのように関わりあっているのかを新たに考えさせられた。

最近流行りの啓示本などのおかげで、考えていることが現実になるという観念は
誰でも聞き知るようになってきたと思う。

私達がいつも考えていることや、強く思うことは確かなエネルギーを持つもの。

などなど、話し出したらきりがないね。


でもね、私にとってブログの世界は今まで想念の世界に近いものだったのよ。
それが最近どんどんブログと現実の世界が接近したり交わったりするようになってきた。
なんだか面白いね。


f0155522_101340.jpg



藤紫さんは、本を読むために生まれてきたような女性で、
読むジャンルも幅広く、好きなタイプの本が似ているので、
本当にありがたい存在。

そして彼女はちょっとした魔術も教えてくれるから行ってみて!
一緒にフリフリしましょうね。笑


気軽にコメントを残していって下さいね。
はじめての方でも大歓迎です。
応援ポチ↓、よろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村
[PR]
by starofay | 2009-08-04 10:01 | 読書 | Comments(18)
Commented by 藤紫 at 2009-08-04 11:30 x
ご紹介頂きましてありがとうございます<(_ _)>
魔術・・・フリフリは魔術なのかしら?(笑)
ちなみに次の満月は日本時間6日9:55です。

この本は、内容からしてドン引きされるかもと危惧したのですが、
楽しんで読んで頂けたようでよかったです^^
ビル氏のようなお知り合いがいらっしゃるのなら、馴染みやすい本でしたね。

ブログと現実のリンクは私も何度も体験しました。
ありえないシンクロニティに震撼したことも。
不思議です。
Commented by marimari at 2009-08-04 11:34 x
わぉ~~~~夏に相応しい話題ですね(笑)
実際に幽霊はみたことないけれど、
不思議な体験などは あるから
興味あるなぁ
考えている事が 実際に叶うは確かにありすぎます
努力もしないといけないけど
強く願う気持ちも 今後を左右するって思ってます

今から外出なので
またゆっくり お邪魔させてくださ~~い
お花も 素敵~~
Commented by ほ助 at 2009-08-04 16:58 x
読み応えありそうだねー
ほ助 その手はあまり得意じゃないんだけど
聞くと読みたくなってくる

若いころに真っ暗な独り暮らしの部屋で女性の声を聞いた事があるの
それから不思議な病気をいくつかした
あれは絶対何かあるといまだに思っているんだ
心霊の世界怖いけどあると思うわ
Commented by starofay at 2009-08-04 17:03
藤紫さん
私はこういうの大好きですよ。
そのありえないシンクロニシティの話も
いつか聞いてみたいです。

marimariさん
不思議な経験の話、興味があります。
今度教えてくださいね。

ほ助ちゃん、
その話は超怖いよ。ぞくり。
お払いしてもらった?
Commented by あゆみ at 2009-08-04 17:10 x
昔は、怖い話が大好きで、本やテレビを要チェックしていたけど、歳をとるにつれて恐怖感が高まってしまったような気がする。それは霊の存在を信じているからだと思うけど。

そして、強く思うことで現実に導くエネルギーは大切だよね。時には気持ちが盛り下がって、そのエネルギーを見失ってしまうけど・・・。今日からまたポジティブになって頑張ろう!

かおりちゃんちのお花はいつも美しいねぇ~。あ、チラッとだけお名前呼びました。
Commented by モニ at 2009-08-04 17:25 x
ブログの世界は今まで想念の世界に近いものだったか。。
確かにねー。でも変わってきたのは私も同じだ(笑)

オスカー・ワイルド!!好きだったなー
なんか急に思い出した
Commented by ママン at 2009-08-04 18:03 x
最近本読んでない、という話を友達としたばかり。幽霊は怖い~!
Commented by starofay at 2009-08-04 18:13
あゆみちゃん、
今頃熱々かしら?笑
私は霊の話は好きだけどホラー物はすごい苦手なの。
まじ、怖くて。

モニちゃん、
オスカー・ワイルドが好きだったなんて、嬉しいな。
一時彼の書いた本だけじゃなくて、伝記も片っ端から読んだし、劇も全部見に行ったよ。
ブログでコメントをくれる人達が大方外国だからなおさら現実味がなかったのかもしれない。でも皆さん実際に存在されているようで、、、。笑
Commented by starofay at 2009-08-04 18:15
ママンさん、
私も幽霊は怖いんです、でも霊の存在は怖くない。矛盾してますかね?笑
うらんで化けて出てくるようなのは駄目です。
ホラー関係は絶対に見れません。
Commented at 2009-08-04 19:30 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by panipopo at 2009-08-04 21:10 x
面白そうな本だね!
私もこの手の本は好きだよ。
でもあんまり読まないことにしているの。
30歳ぐらいまでは霊感の強い人間だったから、周りの人を怖がらせたことがたくさんあるから。
で、それを過ぎたら決心したよ。鈍感になるって。
だから、これ系の本は読まない。だって、またあの世界には戻りたくないから。
楽しい霊にも遭遇したことがあって、面白経験もあるけれど。

でも白魔術は好き☆ 藤森さんのところに遊びに行ってみよ~!
Commented by marimari at 2009-08-04 21:54 x
今、藤森さんのブログにお邪魔させていただきました。

私は 幽霊は見たことないけれど
他のものはあるの(笑)
他にも不思議な体験あるけれど
母や主人に言っても 夢だと言いきって
笑われちゃうだけ(笑)
私も霊感は ない気がするんだぁ

なんだか不思議と怖くなく
助けてもらってるような気がするの
幽霊なんかは
見たり聞えたりはしないからよかった
怖がりだし
不思議なことって あるよね
Commented by emiriocafe at 2009-08-04 22:12
夫の母はお寺の娘で若い頃はお客様(つまり亡くなった人ね)が来れば
すぐに分ったって言ってたよ。
でも 結婚してから見えなくなっちゃった、って言ってた・・・。
身近な人の幽霊になら会いたいけど 誰も出てこないわ。
Commented by fran at 2009-08-04 23:17 x
おお~~今日は夏らしく怖いお話なのね~

でも、そっちはちがうよね?(笑)
Commented by starofay at 2009-08-05 13:25
鍵コメまちまちちゃん、
その本は読んだことないけど、シルバーバーチについてあるサイトで面白いことを先週読んだばかり。
メールするね。

ポポちゃん、
そうか、その方が良いのかもしれないね。
鈍感になると決めたらなれるものなの?
Commented by starofay at 2009-08-05 13:29
marimariさん、
私は夢だと言わないから教えて欲しいな。

エミちゃん、
お義母さんは霊感が強い人だったんだ。
お寺はやっぱり出そうだね。

franさん、
こっちは怪談なんてしなくても充分寒いです。
それに霊の話は好きだけど、もともと怪談は苦手なんです。
Commented by 天使 at 2009-08-05 19:50 x
今日はア・ツ・カ・ツ・タです(><)
幽霊の話で寒くなく熱くなるのはワタシくらいかな(^^;
Commented by starofay at 2009-08-06 06:58
天使さん、
それは暑い時にますます熱くなってしまいましたね。
天使さんは、この手の本に興味があると思ってました。
<< アーモンドスライス もくれんの白い花 >>