赤毛のアンの続き

f0155522_8555077.jpg


カナダの小説だけど、日本の女の子だったら誰でも知っている赤毛のアン。
この本、オーストラリアではあまり知られていない。
なぜか日本の乙女の心に響くなにかがある本なんですよね。

あまり知られてないかもしれないけど、赤毛のアンの作者、
ルーシー・オルコット間違えました。モンゴメリは、アンが主人公の本を10冊書いている。
私は全部持っていて、10代の頃は何回も読み返していた。

この間から、私の人生の選択に影響を与えている本を紹介してきたけど、
アンの大学時代の本もその一つ。

女友達と一緒に住んで大学に通うアンの青春にとても憧れていた。
だから私も大学時代は、寮に住むよりも数人の友達と家を借りて
住むことを選んだ。

それから私が新築の家よりも、古い家に魅力を感じるのも
アンの本や、18-19世紀のイギリスの小説を大量に
読んだせいかもしれない。

もう長いこと手にしたことがなかったけれど、先日せーちゃんが
本棚から一冊引っ張り出してきたのでめくってみると、面白くて
結局最初から最後まで読んでしまった。

これはアンが教師を勤めた3年間の話だったけど、
子供の頃に読んだのとはまた違った面白みがあった。

皆がよく知っている赤毛のアンは、気が強くて、夢見がちで、
愛に飢えている子供だったはず。
だけど、アンは大きくなり、大人になってどんどん素敵な女性
になっていく。

10代の頃の私が理想とした女性は、今読んでもやっぱり
魅力的な人だった。


気軽にコメントを残していって下さいね。
はじめての方でも大歓迎です。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

お返事

鍵コメ・モちゃん
私はある面すごく古い日本が残っていて、別な面では外人そのものだから
いつか会えたら覚悟しておいてね。

あゆみちゃん、
あゆみちゃんは、片付け魔だから絶対に新聞の上にボンとは置けないでしょう。
うちのテーブルには大体いつも本とか新聞がのっているよ。
夫婦そろって活字中毒なの。

ほ助ちゃん、
スパニッシュ風のオムレツはやっぱりジャガイモが決め手だよ。
もっとも、本場では分厚くて冷たいオムレツを食べているけどね。

ポポちゃん、
これ、かなり手抜き料理だけど、とにかくせーちゃんが食べてくれるのがありがたいの。

明日香ちゃん、
家族で遊びに来てくれてありがとう。
うふふ、娘ちゃんせーちゃんとご対面したのね。
遠いから生のご対面は難しくて残念。

昨日ね、教えてもらったオムレツ作ろうと初めてコーンビーフの缶詰を買ってきたの。
made in Australiaだったんだけど、白いチューブみたいなものが
沢山入っていて(血管?)、Ingredients見たらBeefの他に
Beef heartとかpreservativesとかが入っていたから捨てちゃった。
あー怖かった。今度は最初にIngredientsチェックしてから買うね。

江戸の俊さん、
まあ、お嬢が食べてくれるものの中ではヘルシーな方でしょう。

バブちゃん、
これはチーズとベーコンだけで充分美味しいけど、
お好みでケチャップかけてもいいと思うよ。

天使さん、
こちらも日本人の人口が大分増えているようです。
中には英語が苦手な人達も大勢いると思いますよ。
top.25today.com
ご興味があれば、このサイトが役に立つかも。

なーちゃん、
忙しいのに訪問ありがとうね。
Financial Timesは、今でも高級品の広告が沢山出ているよ。
でもこの不況の時にブランド品にお金使う人いるんでしょうかね。
[PR]
by starofay | 2009-03-22 09:21 | 読書 | Comments(6)
Commented by 明日香 at 2009-03-22 11:17 x
かおりさん・・・・私 赤毛のアンしらないやー!!!!!(涙)

すごくいい話なんだってきくよね、本当に しょっちゅう。。。
実はポリアンナも読んだことなし(笑)>自分がポリアンナのくせにね。。。
Commented by ママン at 2009-03-22 12:55 x
赤毛のアンは何冊か読みました。アンが大人になってからの話も読んだと思うのですが、途中で挫折。今はあまり読書しなくなってしまいました。
↓のスパニッシュオムレツ、色がとってもきれいでおいしそう。アイオリソースを添えて夕飯時にワインにもぴったりですね。
Commented by ほ助 at 2009-03-22 16:52 x
大好きで何十回も読んでるよ
少女の頃を思い出しちゃった
大人になったアンの小説もいくつか読んでる
読むと 彼女になりきっちゃうんだよね
スイッチ入っちゃう
懐かしいなー また読んでみよう
Commented by panipopo at 2009-03-22 21:36 x
私も大好きなシリーズでたぶん全部読んだよ!
とっても好きだった☆
ちょっと自分に似たところがあるって、きっとみんなそう思うアンなんだよね、きっと。
私もそう思ってた!そちらは紅葉が始まってるのね。
8月は夏服と冬服を持って行った方がいいのかな???
Commented by 江戸の俊 at 2009-03-23 09:33 x
カナダで「赤毛のアン」が出版されてから100年、年代をこえていまだに世界中で読まれている。「曲がり角を曲がった先に何があるのかはわからないの。でも、きっと一番良いものに違いないと思う・・・」など作品に込められた作者のメッセージに勇気づけられた。
Commented by あゆみ at 2009-03-23 12:48 x
赤毛のアン、やっぱり、みんな読んでるねぇ~。
私も大好きだったわ♪
英語も上達していないくせに、日本語をどんどん忘れていくから、
こう言う本を読み返してみようかな!
<< 手打ちパスタいろいろ 週末のブランチ・スパニッシュオムレツ >>