人生を変えた料理の本

f0155522_8153861.jpg


これが、シドニーの都心から近いフラットからブルーマウンテンに越すきっかけとなった本。

この料理の本と出合ってなければ、今はまだシドニーに住んでいるはず。

そもそも私の人生を揺るがしたものが食べ物に関するというところが私らしい。笑


この本は3年前に、クリスマスのプレゼントに間にあうように出版された。

オーストラリアでは、毎年クリスマスの2ヶ月前くらいに有名なレストランのシェフが料理の本が数冊出版される。だからこの本が出たことをテレビ、新聞、料理雑誌などで見た時も、また新しい本が出たのかとしか思わなかった。

ショーンズ・パノラマというレストランがボンダイにあることは知っていたけど、行ったことはなかったし、あまり興味も持っていなかった。

f0155522_9225368.jpg


この国では本が高い。この手の料理の本は安くて45ドル、高くて100ドル以上するのが普通だ。だからよっぽど気に入った本でなければ買わない。

ある日、ブッククラブ(メールオーダーのビジネス)のチラシを見ていると欲しい料理の本がものすごく安くなっていた。他にも沢山安くなっている本が載っていた。

入会オファーで4冊まで注文できるようになっていて、入会した後はそんな破格では買えないようだったので4冊買うことにした。そして4冊目に選んだのがこの本だった。

宣伝効果のためか、この本がだんだんと気になり始めていたのだ。

(ちなみに、このブッククラブに入ったことを後でものすぐく後悔した。オーストラリアに住んでいる人は気をつけてね。欲しくない本を高価格で無理やり買わされるよ。)

シェフで作者のショーン・モランは、パートナーと週の半分ボンダイでレストランを経営し、後の半分をブルーマウンテンの自宅で過ごしている。

彼のレシピもなかなか良いのだが、彼がブルーマウンテンの自宅で料理をしながら、裏庭に走り出てレモン、月桂樹の葉や野菜を採って台所に戻って鍋にいれる流れを書いた文章に惹かれた。彼は野菜だけではなく、数十本の果実の木、鶏、そしてなんと蜂まで飼っているのだ。なんて理想的なライフスタイルだろうと思った。

つづきはまた明日。
[PR]
by starofay | 2009-02-05 09:31 | 読書 | Comments(9)
Commented by kay at 2009-02-05 09:40 x
本で人生が大きく変わったのね
旦那さんの仕事は大丈夫だったの?っていうか
シドニーと青山の位置関係がわかってないんだけどね
通える距離だったの?
今日も応援
Commented at 2009-02-05 09:41 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by モニ at 2009-02-05 12:08 x
ちっ。連載か!!
ずっとかおちゃんがシドニーから青山移転に
至った理由を知りたかったから、楽しみ。
絶対明日更新してよっ。約束だよっ
Commented by fedi吉 at 2009-02-05 12:21 x
すごいすごい。移住を決意させた本なんて・・・。
続きが楽しみです。
入会オファーの本屋さんも気になりましたけど・・・怖い。

Kayさんと一緒で旦那さんは仕事大丈夫だったんでしょうか?
Commented by 明日香 at 2009-02-05 13:03 x
わわわ!!!続きが楽しみ楽しみ!!!人生を変えるくらい 影響力を与えてくれる本・・・貴重な存在ですよね。そもそも 本ってちょっと安すぎると思うような知恵が詰まってるときがあるもんね!
私も人生を変えた本 いっぱいあります。
続きが楽しみー!
Commented by ほ助 at 2009-02-05 17:23 x
へぇ~~~~~~~
すごいな
皆さんと同じく
(;゚д゚)連載なのね
続きが早く読みたいよぉー
その本もちらりと見てみたい
Commented by 江戸の俊 at 2009-02-05 22:05 x
「週末だけでも森の中で過ごしたい」という都会人が結構いる。シドニーから車で1時間、自然と共生する羨ましい青山の暮らし、Starofay一家の夢がかなったのだね。

Commented by panipopo at 2009-02-05 22:29 x
その本、私も欲しいぐらい!
ブルーマウンテンで、蜂を飼ったり、月桂樹やレモンの木が育っていたり、野菜が採れるなんてすばらしい生活だね☆
私もそんな生活に憧れるな。でも乾燥しているところはダメだけれど。。。
続きを楽しみにしているね☆
Commented by chocolata* at 2009-02-06 02:21 x
あれからフラメンコのクラスを探してみたけど、通える地域内にはなさそう。バレエとベリーダンスだったら沢山教室があるんだ
人生の転機になるきっかけって、ほんとに思いもしないところにあったりするんですよね。そして、よっしゃと心に決めるまでのの間のsimmering の時間もまたいいものですよね。続きが読みたい、読みたい!

なーさんの写真、ほんときれだったでしょ!こんな粋な申し出をしてくださる方に出会えて、うれしいかぎりです^^

フラメンコの教室が見つからなくてホントに残念。ふと何かの巡り合わせで、フラメンコをやってる人がかおりさんの近くに引っ越してきますよう、こっちから念力を送っておきます^^
ベリーダンス、素敵だけど、あれは踊り手(のお腹)を選ぶから 、私には不向き(^^;)。かおりさんは2キロも泳いじゃうし、お腹のあたりもきっとベリーダンス向きなんだろうなぁ^^
<< ブルーマウンテンに住めるかな? 中華風茹鶏 >>